セシル・B・デミルとは?

Cecil B. DeMille

以下の映画Cecil B. DeMille関連しています。
 
 
 
M.G.M 支社
 
 
 
 
 
 


セシル・B・デミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/18 13:59 UTC 版)

セシル・B・デミルCecil Blount DeMille, 1881年8月12日 - 1959年1月21日)は、アメリカ合衆国映画監督20世紀前半の映画創世記に最も成功した映画製作者のひとり。




  1. ^ “映画という存在の可能性を大きく広げた監督、パラマウント社のデミル王国”. Spotlight Japan. (2010年8月25日). オリジナルの2010年8月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100826083819/http://www.spotlight-news.net/news_bCrjgx0liw.html 2013年10月29日閲覧。 
  2. ^ チート 淀川長治総監修世界クラシック名画選集、IVC
  3. ^ Cecil B. DeMille's Hollywood By Robert S. BirchardUniversity Press of Kentucky, Dec 1, 2009
  4. ^ 活動の王國ハリーウツド『あめりか写真紀行』北尾鐐之助 著 (大阪毎日新聞社[ほか], 1926)、p89
  5. ^ 一方でこの年の作品賞レースの行方は『真昼の決闘』(フレッド・ジンネマン監督)と『静かなる男』(ジョン・フォード監督)の一騎討ち、との予想がほとんどで、デミルは既にアービング・G・タルバーグ賞の受賞が決まっており、『地上最大のショウ』はノミネートこそされたものの、受賞はあり得ないと言われていた中、全く予想外な結果だったことに対し、マスコミからは「受賞理由不明の作品賞」と揶揄された。2作品が拮抗し票が割れてしまった事や、テレビが普及し映画離れが深刻化する中、こうしたスペクタクル映画こそが「映画復興の術」と評価された事などが受賞につながったとの見方がなされている。 第25回(1952年)アカデミー賞”. 映画のメモ帳+α (2009年1月18日). 2013年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  6. ^ a b セシル・B・デミル賞とは”. Amazon.co.jp. 2013年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月16日閲覧。
  7. ^ 蓮實重彦 (1993). ハリウッド映画史講義―翳りの歴史のために. 筑摩書房. ISBN 978-4480871763. 


「セシル・B・デミル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セシル・B・デミル」の関連用語

セシル・B・デミルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セシル・B・デミルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセシル・B・デミル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS