ルイスの転換点とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ルイスの転換点の意味・解説 

ルイスの転換点

読み方:ルイスのてんかんてん
英語:Lewisian Turning Point

開発経済学上の概念で、農業から工業への労働力移行進み農業余剰労働力がなくなった段階のこと。
1979年ノーベル経済学賞受賞者である経済学者アーサー・ルイスにより提唱された。「二重経済モデル」の中の主要概念となっている。

ルイスによると、工業化が進むと、工業部門における労働力不足が発生し、賃金が高くなっていく。それによって、農業余剰労働者は、高い賃金求めて工業へ移っていく。ある地点まで行くと農業部門労働者余剰がなくなる。この地点がルイスの転換点と呼ばれている。

ルイスの転換点を超えると、工業部門では、農業余剰労働者が底をついているため農業部門労働力を減らす形で労働力確保するしかなく、さらに賃金水準上げる必要が生じる。

ルイスの転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/14 07:41 UTC 版)

ルイスの転換点: Lewisian Turning Point)とは、工業化の過程で農業部門の余剰労働力が底をつくこと。




「ルイスの転換点」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルイスの転換点」の関連用語

ルイスの転換点のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルイスの転換点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイスの転換点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS