軟マンガン鉱とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 軟マンガン鉱の意味・解説 

なん‐マンガンこう〔‐クワウ〕【軟マンガン鉱】


軟マンガン鉱(Pyrolusite)

軟マンガン鉱 軟マンガン鉱
Alberta Township,Baraga Co.,Michigan,USA
Mn4+O2 画像の幅約1.5cm

金属光沢をした板状結晶放射状集合した標本です。
右側写真風化して薄い赤茶色になった部分で、この産地
特徴的外観示しています。

軟マンガン鉱(Pyrolusite)

軟マンガン鉱
Haiti Mine,Sierra de Cartagena,Murcia,Spain
Mn4+O2 画像の幅約2mm

薄い板状結晶集合体が軟マンガン鉱です。
黒い塊状で産出する事が多い鉱物ですが、この標本キラキラ光る
微細結晶が沢山付ています。
拡大すると写真のような結晶観察できます

軟マンガン鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/18 22:40 UTC 版)

軟マンガン鉱[1](なんまんがんこう、pyrolusite、パイロルース鉱[2])は、二酸化マンガン鉱物のひとつ。正方晶系の結晶であり、組成式はMnO2で表される。同様の化学組成式で表される鉱物にはラムスデル鉱があり、同様の結晶構造で表される鉱物にはルチル(TiO2)、錫石(SnO2)がある。名は古来、ガラスの着色に使用された事より、ギリシャ語を表す「pyr」に由来する。灰色の柔らかい鉱物である。


  1. ^ 文部省学術奨励審議会学術用語分科審議会編 『学術用語集 採鉱ヤ金学編』 日本鉱業会、1954年。(オンライン学術用語集
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2


「軟マンガン鉱」の続きの解説一覧



軟マンガン鉱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軟マンガン鉱」の関連用語

軟マンガン鉱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



軟マンガン鉱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2020 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軟マンガン鉱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS