鞘とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > の意味・解説 

さや【×鞘】

刀剣類の刀身部分納めておく筒。刀室(とうしつ)。

筆や鉛筆などの先端保護するためにかぶせる筒。キャップ

堂・・牢(ろう)などの外囲い。「鞘堂

値段利率の差・開き売り値と買い値との差や、ある銘柄相場間の値段開きなどをいう。「鞘でもうける」「利鞘

鞘の画像
鞘(1)

鞘(さや)

英字spread
相場変動による売り値と買い値の開き、または同一時刻における銘柄間、限月間、あるいは場所間の値段開きをいいます。

鞘(さや)

糸巻太刀拵多く金梨子地とされるが、中には、より装飾性を高めた金沃懸地塗に家紋を盛上蒔絵した例、あるいは金の切金(金熨斗板)で表わした華麗な作があり、この際の家紋金具類と紋所一にするものである桃山時代から江戸初期までの作には、無紋の鞘も多い。

鞘(さや)

刀身雨露や埃から保護する鞘は木地漆塗したものだけでなく、皮製あるいは鞘の上に竹や籐を巻いて堅牢さを高めたものも作られた。一方上級武士の差料としては、室町時代文化影響を受けて朱塗鞘や金梨子地塗鞘あるいは金蛭巻鞘等華やかな地模様の作が好まれ、特に桃山文化影響を受けた派手好みの作はその時代性から桃山拵呼ばれている。江戸期至っては式制に適った大小拵に代表される黒漆塗の鞘の他、石目地塗青貝微塵塗・珊瑚象嵌卵殻散・金唐皮変わり塗等、多様な素材意匠によって鞘の装飾とされた。

読み方:さや

  1. 1 価格又は利率差違。2 定期売買受渡し限月差異より生ず相場差違を称し、通例受渡し期日近きものより遠きものが高きものなる故、これを順鞘又は本鞘といひ、期日の近いもの遠きものより高きことあり是れを逆鞘といふ。3 ちつ(膣)の卑称
  2. ⑴普通には商品価格、又は金利率の差をいう。取引用語としては定期売買に於ける受渡期の相違による相場差額をいう。⑵女の膣のこと、男根納める鞘の意。
  3. ①女の陰部形態連想。〔俗〕 ②手数料。刀の鞘(さや)は刀身より余裕(幅)をもつところから連想。〔俗〕 ③とうもろこし。皮が鞘の連想。〔闇〕 ④さやえんどう省略語。〔業〕

分類 俗/闇/業/商人一般取引所


読み方:さや

  1. 相場値開きのあること。
  2. 相場の値違ひのことをいふ。値鞘の条を見よ。〔相場語〕
  3. サヤ相場値開きを云ふ。
  4. 一口にいへば値開きのことである、当限中限値開きを当中の鞘といひその期間の金利見てなほ当限を買つて中限に売繋ぐといふ風な商内鞘取商内といふ。

分類 相場相場


読み方:さや

  1. 鞘。女陰。特に腟道を意味す。けざや。「古鞘へまたおつぱめる馬鹿亭主」。
  2. 陰膣。

読み方:さや

  1. 家。住居を云ふ。
  2. 家、住居のこと、これを倒語して「やさ」ともいう。

読み方:やさ

  1. 家ノコトヲ云フ。〔第七類 家屋其他建造物之部・東京府
  2. 人ノ住居セル家ヲ云フ。〔第七類 家屋其他建造物之部・茨城県
  3. 普通住家-特ニ犯人潜伏ノ場所ニ限リ用ユル場合アリ。〔第五類 一般建物
  4. 人家住居
  5. 〔不〕人家のこと。住居のことを云ふ。
  6. 家店、人家住居、内店。
  7. 家・世帯。
  8. さや(鞘)の転倒にして住居居宅を云ふ。
  9. 住居の意。
  10. 住家屋内木賃宿。鞘は刀剣納まる巣といふ考へから生じたるもの。「さや」の転読
  11. 家。若桜甲府佐原大口岩出山秩父名古屋小松江差魚津弘前清水 博徒、不良虞犯仲間
  12. 他人の家富山
  13. 住所小笠原 不良青少年仲間
  14. 住所若桜甲府佐原魚津弘前大口岩出山秩父清水名古屋小松江差小笠原 博徒、不良虞犯仲間
  15. 家、住居。〔一般犯罪
  16. 家、住居居宅。さや(鞘)の反転語で、さやに身を納めるところより生じたとの説あり。〔盗〕
  17. 住居

分類 ルンペン大阪、不、不良青少年仲間博徒不良虞犯仲間東京府犯罪犯罪者露天商人、盗/犯罪茨城県露店商香具師

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/02 06:38 UTC 版)

(さや)とは、刃物の身(ブレード)の部分を包む覆いのことをいう。刃先を鋭利に保つために保護するとともに、刃が周りを傷つけないように隔離し、保管や携行中の安全を確保する機能を持つ。材質は、伝統的には、獣の金属などであるが、現代では合成樹脂が使われることもある。これらは単一で用いられるより、組み合わせて用いられることが多い。


  1. ^ 鳥栖市教育委員会 2002, p. 1.
  2. ^ 岩滝町教育委員会 2000.
  3. ^ 豊島 2010.
  4. ^ 「(財)日本美術刀剣保存協会 高崎支部」刀剣の扱いに関するパンフレット、一部参考
  5. ^ 佐々木英 『漆芸の伝統技法』 理工学社 1986年 ISBN 4-8445-8532-0、 「刀の鞘塗り」 6-16より
  6. ^ 同『漆芸の伝統技法』 6-16
  7. ^ 参考・『月刊剣道日本 1980 特集 不動智神妙録』 p.112より。
  8. ^ 補足・矢は矢柄の部位が12束(1m近く)と長い為、宙に下げられた柔軟性のある厚めの羽織でからめ取りやすい。さらに鞘が長いからこそ、当たった矢を緩和して受け流すまでの時間稼ぎとなる(ただし、近世刀は刃渡りが1mにも満たない事から、鞘もギリギリの長さといえる)。従来の手持ち盾は矢が多く刺されば、バランスも崩しかねないが、「鞘と衣を利用した盾」は、取っ手が長くかつ一点の方向に下げられている為、問題なく、大穴が開いても、取り替えが可能であり、合理的である。
  9. ^ 例として、長谷川英信流の「滝落」があり、柳生新陰流においても右手前に置いた鞘を正面から掴まれた際の型(長刀を奪おうとする動作を逆に利用した攻撃)がある。
  10. ^ 『新陰流兵法伝書』において、闇夜における鞘の利用法が説かれている(防具と白杖の両面の意味で鞘を用いている)。
  11. ^ 『雑学 実用知識 特装版』 三省堂企画編修部 編 第6刷1991年(1988年)



出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:10 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



鞘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鞘」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

鞘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鞘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鞘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS