道鏡とは?

どうきょう だうきやう 【道鏡】 ○

?~772奈良時代の僧。河内の人。俗姓弓削ゆげ)氏。称徳天皇の寵を受け、太政大臣禅師に、次いで法王位に昇り政界権勢ふるった。のち皇位に就こうとしたが和気清麻呂らの妨害にあい失敗称徳天皇死後失脚し、造下野国薬師寺別当左遷されその地で没した。

どうきょう 【道鏡】

奈良末期法相宗僧。河内の人、弓削氏の出。義淵師事葛城山修行孝謙上皇病気を治して気にいられ、太政大臣禅師から法王となったが、藤原氏反対失脚下野栃木県薬師寺に移され没。(?~七七二)

道鏡

作者坂口安吾

収載図書道鏡・家康
出版社富士見書房
刊行年月1987.9
シリーズ名時代小説文庫

収載図書昭和文学全集 12
出版社小学館
刊行年月1987.10

収載図書坂口安吾全集 4
出版社筑摩書房
刊行年月1990.3
シリーズ名ちくま文庫

収載図書時代小説大全集 3 人物日本史 古代戦国
出版社新潮社
刊行年月1990.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書虹の絵巻古代王朝
出版社講談社
刊行年月1992.2
シリーズ名歴史小説名作

収載図書坂口安吾全集 04
出版社筑摩書房
刊行年月1998.5

収載図書時代小説人物日本の歴史 古代中世
出版社小学館
刊行年月2004.1
シリーズ名小学館文庫


道鏡

作者北川あつ子

収載図書道鏡
出版社沖積舎
刊行年月1987.10


道鏡

読み方:どうきょう

  1. 道鏡。大陰をいふ。弓削道鏡陰茎長大なりしとの史伝出づ。「花の幸」に詳かなり。隠語。「道鏡が母馬の夢見孕み」。「出来合のしゆびん道鏡間に合はず」。「かの道の鏡ともなる天下一」。「あいだには腕人形弓削つかひ」。「道鏡に評議のつかぬ大やしろ」。
  2. 男根大のこと。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

道鏡

読み方:ドウキョウ(doukyou)

初演 享保12.春(京・佐野川万菊座)


道鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/25 17:48 UTC 版)

道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)? - 宝亀3年4月7日772年5月13日))は、奈良時代僧侶。俗姓は弓削氏(弓削連)で、弓削櫛麻呂の子とする系図がある[1]。俗姓から、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とも呼ばれる。




  1. ^ 鈴木真年『諸系譜』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)
  2. ^ 『新撰姓氏録』左京神別で「弓削宿禰。石上同祖」とする。
  3. ^ 横田[1959: 35]
  4. ^ 『僧綱補任』、『本朝皇胤紹運録』など。『公卿補任』でも一説としてあげている。なお、太田亮『姓氏家系大辞典』では、天智天皇皇孫説を誤りと断じている。
  5. ^ 道鏡ゆかり、70m級の七重塔跡…土台と断定読売オンライン(2017年02月09日)2017年02月11日閲覧


「道鏡」の続きの解説一覧



道鏡と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道鏡」の関連用語

道鏡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



道鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS