弓削道鏡とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 弓削道鏡の意味・解説 

ゆげ の どうきょう -だうきやう 【弓削道鏡】 ○

道鏡どうきよう

弓削道鏡

作者海音寺潮五郎

収載図書ちくま日本文学全集 048 海音寺潮五郎
出版社筑摩書房
刊行年月1993.1

収載図書悪人列伝 古代新装
出版社文藝春秋
刊行年月2006.11
シリーズ名文春文庫


弓削道鏡

読み方:ユゲノドウキョウ(yugenodoukyou)

初演 享保16.秋(京・嵐座)


道鏡

(弓削道鏡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/14 08:15 UTC 版)

道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)? - 宝亀3年4月7日772年5月13日))は、奈良時代僧侶。俗姓は弓削氏(弓削連)で、弓削櫛麻呂の子とする系図がある[1]。俗姓から、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とも呼ばれる。




  1. ^ 鈴木真年『諸系譜』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)
  2. ^ 『新撰姓氏録』左京神別で「弓削宿禰。石上同祖」とする。
  3. ^ 横田[1959: 35]
  4. ^ 『僧綱補任』、『本朝皇胤紹運録』など。『公卿補任』でも一説としてあげている。なお、太田亮『姓氏家系大辞典』では、天智天皇皇孫説を誤りと断じている。
  5. ^ 道鏡ゆかり、70m級の七重塔跡…土台と断定読売オンライン(2017年02月09日)2017年02月11日閲覧


「道鏡」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弓削道鏡」の関連用語

弓削道鏡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弓削道鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS