エイジとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > エイジの意味・解説 

エイジ [1] 【age】

エージ

エージ [1] 【age】

多く,他の語の下に付いて「年齢」「時代」などの意を表す。エイジ。 「ティーン--」 「ゴールデン--」

えい じ [0] 【永字】

「永」の字。

えい じ [0] 【英字】

英語を表記するための文字ローマ字
英語。 「 -新聞

えい じ [1] 【嬰児】

生後三年ぐらいまでの子供。

えいじ えいぢ 【永治】

年号1141.7.10~1142.4.28)。保延の後,康治の前。崇徳(すとく)近衛天皇の代。えいち。

永治

読み方:エイジ(eiji

平安時代年号(1141~1142)。


衛茲Wei Zi

エイジ
ヱイジ

(?~190

字は子許。陳留郡襄邑の人。衛臻の父《衛臻伝》。

衛茲は弱冠にして圏文生とともに立派な徳を称えられた。郭泰二人連れて市場に出かけたとき、衛茲は値札通り支払ったが、圏文生は傷物だと怒鳴り、値切ってから買った。郭泰は言った。「子許(衛茲)は寡欲で、文生は貪欲だ。この二人はただの兄弟ではない。まるで父子だ」。のちに圏文生は財貨溺れ人望を失い、衛茲は壮烈な節義によって名を知られたのである衛臻伝》。

衛茲は雄大節義を持っており、偽善奨励するような振る舞いをせず、世俗名声追い求めなかった。思慮明瞭深淵計略広大無限であった。車騎将軍何苗に招かれ、司徒楊彪から二度も旌をもって招聘された(が、応じなかった)《衛臻伝》。のちに陳留太守張邈仕えた《張邈伝》。

曹操京師出奔して陳留逃走したが、衛茲は「天下平定する者はきっとこの人だ」と言い曹操のほうでも彼を立派だと思って、しばしば彼の邸宅訪れ国家一大事について語り合った《衛臻伝》。衛茲は言った。「もう長らく混乱続いており、軍隊なければこれを鎮めることはできませぬ」「挙兵する者が今後始めでしょう」。(群雄のうち)興隆する者、滅亡する者を深く見極め、(曹操立てた)広大謀略筆頭翼賛者となった。彼は軍勢三千人を糾合した《衛臻伝》。

初平元年一九〇)正月関東では董卓討伐するため義兵起こり、その軍勢河内酸棗南陽潁川・鄴に駐屯した。しかし董卓軍が強力であったため、率先して進む者はいなかった。曹操は「いま董卓宮室を焼いて天子連れ去ってしまった。そのため天下震動しており、ただ一度戦い天下平定することができよう」と主張して、西に進軍して成皋を占拠しようとした。衛茲は張邈指示によって曹操軍勢随行した《武帝紀》。

曹操滎陽県の汴到達したが、そこで董卓部将徐栄遭遇して大敗した。曹操乗馬を失ったうえ、敵の追撃も急激であったが、曹洪乗馬差し出したためようやく脱することができた《武帝紀・曹洪伝》。この戦いで衛茲は戦死してしまった。のちに曹操陳留の郡境にさしかかるたび、使者をやって彼を祀ったのであった《衛臻伝》。

参照衛臻 / 何苗 / 郭泰 / 圏文生 / 徐栄 / 曹洪 / 曹操 / 張邈 / 董卓 / 楊彪 / 劉協天子) / 潁川郡 / 河内郡 / 関東 / 鄴県 / 滎陽県 / 酸棗県 / 襄邑県 / 成皋県 / 陳留郡 / 南陽郡 / 汴 / 司徒 / 車騎将軍 / 太守 / 旌


EIJI

以下の映画EIJI関連しています。


永治

読み方:エイジ(eiji

所在 福岡県三池郡高田町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

エイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 21:19 UTC 版)

エイジエージ




「エイジ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エイジ」の関連用語

エイジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エイジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2020 mujin. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS