弱冠とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 礼記 > 弱冠の意味・解説 

じゃっ かん じやくくわん [0] 【弱冠】

〔「礼記曲礼」による。二〇歳を「弱」といって元服して冠をかぶったことから〕 男子二〇歳のこと。
年が若いこと。 「彼は-二五歳にしてすでに高名詩人となっていた」 〔「若冠」と書くのは誤り

弱冠

出典:『Wiktionary』 (2010/09/04 18:10 UTC 版)

名詞

じゃっかん

  1. 二十歳異称はたち
    そもそも義塾生徒その年長ずるというも、二十歳前後にして、二十五歳以上の者は稀なるべし。概してこれを弱冠年齢いわざるをえず。たとい天稟の才あるも、社会人事経験乏しきは、むろんにして、いわば無勘弁少年評する不当に非ざるべし。(福沢諭吉経世の学、また講究すべし』)
  2. (本来的には誤用修飾用いて若くして
    ナポレオンは一七九六年三二日弱冠二十六歳にしてイタリア軍司令官に任ぜられ、同二十六日ニース着任、いよいよ多年考案依る作戦実行することとなった。(w:石原莞爾最終戦争論戦争史大観』)

用法

出典

二十歳を「弱」と称し、冠をかぶる、即ち正装をする年齢となったことから。




弱冠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弱冠」の関連用語

弱冠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弱冠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弱冠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS