PKとは? わかりやすく解説

ピー‐ケー【PK】

読み方:ぴーけー

penalty kick》サッカー・ラグビーで、ペナルティーキック


ピー‐ケー【PK】

読み方:ぴーけー

psychokinesis》⇒サイコキネシス


プレイヤーキラー

【英】Player Killer, PK

プレイヤーキラーとは、MMORPGに代表される大人数参加してプレイするゲームにおいて、一方的に他のプレイヤーキャラクター攻撃するプレイヤーのことである。

プレイヤーキラーの攻撃行為指して「プレイヤーキリング」と呼ぶこともある。なお、もともとプレイヤー同士攻撃し合う趣旨のゲームでは、プレイヤーキラーという概念はない。

プレイヤーキラーは愉快犯や、他のプレイヤー所持アイテム所持金を奪うなどの目的で他のプレイヤー攻撃することが多い。ゲームをよりリアルでスリリングにする要素であると言えるが、攻撃される側は好むと好まざるとに関わらずプレイ阻害されるため迷惑行為とも映りユーザーによって捉え方異なる。

ゲームの運営者によっては、プレイヤーキラー行為行ったプレイヤーにはペナルティ課したり、あるいはプレイヤーキラー行為可能な所を制限するなどして、同行為が無秩序に行われないよう対策している場合もある。


ピルビン酸キナーゼ


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/21 10:26 UTC 版)

PK

pk



.pk

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 03:52 UTC 版)

.pk国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、パキスタンに割り当てられている。PKNICが運営を行う。






「.pk」の続きの解説一覧

PK(Player Killer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 12:57 UTC 版)

ウルティマオンライン」の記事における「PK(Player Killer)」の解説

最もポピュラーと言えるPvP一つフェルッカなど他者へのネガティブな干渉許されているエリアで、他のプレイヤーダメージ与えて殺害すると「殺人カウント」が累積カウントが5になると殺人者として認定される殺人者は名前の表示初期設定では赤くなるため、俗に「赤ネーム」とも呼ばれる殺人カウントは1ポイントにつき40時間ゲーム内消化しない消えない殺人者はどこに居て誰か攻撃される可能性があり、たとえ殺害されても殺害カウント相手入れることは出来ないまた、殺人者に対して回復蘇生などのサポートをすると、サポートしたプレイヤー犯罪者灰色ネーム=クリミナル)となる。 以前では殺人者犯罪者街中侵入するだけで警備員呼ばれ即死する仕様であったが、現在では殺人者であっても街中新たに罪を犯さなければ警備員殺されることはなくなっている。ただし、銀行商店などNPCの店では取引拒否されてしまう(例外として無法者街であるバッカニアーズ・デン施設利用可能)ため利用できないまた、過去も現在も殺人者犯罪者一般的な蘇生施設利用できず、一部限られた状況下でのみ蘇生が可能となっている。

※この「PK(Player Killer)」の解説は、「ウルティマオンライン」の解説の一部です。
「PK(Player Killer)」を含む「ウルティマオンライン」の記事については、「ウルティマオンライン」の概要を参照ください。


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/24 01:08 UTC 版)

エランシア」の記事における「PK」の解説

エランシア当初から町中以外のどこでもPK可能だった後に次元追加その構成変化する事でPK禁止γ次元もできたが、その代わりに攻撃速度遅くなるという点があった。PKに攻撃され死んだ場合初心者上級者隔たりなく遺品として一部所持品と装備品お金落としたモンスター殺された場合同一)。初心者を狙うPKももちろん存在したが、これに対抗するPKKという集団存在したエランシアでは探索・採取や弓での攻撃際に放置プレイにしておくプレイヤー多かったため、PKはこれらも狙っていた。

※この「PK」の解説は、「エランシア」の解説の一部です。
「PK」を含む「エランシア」の記事については、「エランシア」の概要を参照ください。


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 15:47 UTC 版)

フリフオンライン」の記事における「PK」の解説

フリフにはPKシステムがあるが、2009年3月現在PKはセンシリットサーバでのみ有効となっている。 2012年3月サーバー統合により、リシスサーバー・イブリスサーバー共にPKはできない

※この「PK」の解説は、「フリフオンライン」の解説の一部です。
「PK」を含む「フリフオンライン」の記事については、「フリフオンライン」の概要を参照ください。


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 05:24 UTC 版)

.hack//G.U. (ゲーム)」の記事における「PK」の解説

PK(player killer)とは、ゲームに限らず全てのオンラインゲーム適用される用語。プレイヤーキャラクター狩る行為、あるいはそれを行うプレイヤーを指す。 『R:1』では禁止されていたが、『R:2』では解禁されてしまったことでPKが横行するようになってしまった。その手口は様々で初心者サポーター装ってエリア誘い出して(基本的にエリアでしか戦闘が行えない)PKする者、エリアでいきなり襲い掛かる者、単独でPKする者も居れば集団でPKを行ったりPKを「ゲーム」とする者もいる。PKに対して、主にレベルの低い一般プレイヤー純粋にThe World」を楽しみたいプレイヤーなどから抗議の声上がるも、ルール禁止されていないためCC社サポートすることは無い。 ギルドケストレル」に所属する殆どのプレイヤーがPKであり、しかもかなりの実力者揃っているまた、彼らPKをPKするプレイヤーPKK(プレイヤーキラーキル)と呼ばれハセヲは昔「死の恐怖」としてPK達から恐れられていた。 PKの中で鬼のような強さを誇るPK達の中からCC社公募し選ばれたPKを通称カオティックPK呼び賞金掛けられている。全員全員前の前に二つ名付いており、かつてのハセヲも「死の恐怖」や「赤鉄鬼人」と、二つ名呼ばれていたのは、これにちなんでのことらしい。

※この「PK」の解説は、「.hack//G.U. (ゲーム)」の解説の一部です。
「PK」を含む「.hack//G.U. (ゲーム)」の記事については、「.hack//G.U. (ゲーム)」の概要を参照ください。


PK(ペナルティー・キック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 18:00 UTC 版)

柴田勝頼」の記事における「PK(ペナルティー・キック)」の解説

現在の柴田フィニッシャー相手スリーパー・ホールド締め落として尻餅をつかせたあと助走して相手胸板サッカーボールを蹴るかの如くキック叩き込む柴田は「(スリーパー・ホールドからの)一連の流れ総称してPKとなる」と語っている。

※この「PK(ペナルティー・キック)」の解説は、「柴田勝頼」の解説の一部です。
「PK(ペナルティー・キック)」を含む「柴田勝頼」の記事については、「柴田勝頼」の概要を参照ください。


PK(ピー・ケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:19 UTC 版)

後藤洋央紀」の記事における「PK(ピー・ケー)」の解説

元々は元全日本プロレス川田利明必殺技としていた技であり、後藤盟友でもある柴田得意技尻餅をついた相手放つランニング・サッカーボールキック

※この「PK(ピー・ケー)」の解説は、「後藤洋央紀」の解説の一部です。
「PK(ピー・ケー)」を含む「後藤洋央紀」の記事については、「後藤洋央紀」の概要を参照ください。


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 00:24 UTC 版)

CABAL ONLINE」の記事における「PK」の解説

PKモード適用されるチャンネルでは、相手同意なしに攻撃することができる。ただしPvP違い1回以上PKした状態でさらに違うキャラ復活後の同じキャラでも可能)に攻撃すると、名声が減る。 名声減りかたはPKの回数によって異なる。PKの回数によって名前の色も徐々に黒くなっていく。白色同士のPKの場合、最初に攻撃された側の人には、攻撃した人の名前が真っ赤にみえる。 PKを行った場合ショップ倉庫利用等一時的に制限されるが、一定時間経過する事により解除される一定数上連続でPKを行った場合監獄(サイレントラビリンス)へ強制移動され、一定時間マップへの移動制限されるが、一定時間経過するか、監獄内にあるワープゲート進入することで、解除される2008年5月27日をもってPKモード適用チャンネル廃止となったが、国家戦チャンネルでのみ、同国キャラをPKする事は可能。この際、PKを行って名声減ることは無いが、ショップ倉庫利用一時的な制限監獄への強制移動適用される

※この「PK」の解説は、「CABAL ONLINE」の解説の一部です。
「PK」を含む「CABAL ONLINE」の記事については、「CABAL ONLINE」の概要を参照ください。


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 09:57 UTC 版)

悪霊シリーズ」の記事における「PK」の解説

念力のこと。物体動かす力をいう。作中ではPK-ST(静止した物体影響を与える力)、PK-MT(動いている物体影響を与える力)、PK-LT(生物影響を与える力)に細分されている。

※この「PK」の解説は、「悪霊シリーズ」の解説の一部です。
「PK」を含む「悪霊シリーズ」の記事については、「悪霊シリーズ」の概要を参照ください。


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 15:03 UTC 版)

鈴木みのる」の記事における「PK」の解説

尻餅をついた状態の相手の胸や背中蹴り抜くサッカーボールキック

※この「PK」の解説は、「鈴木みのる」の解説の一部です。
「PK」を含む「鈴木みのる」の記事については、「鈴木みのる」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PK」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PK」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



PKと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PK」の関連用語

PKのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PKのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリプレイヤーキラーの記事を利用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPK (改訂履歴)、.pk (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウルティマオンライン (改訂履歴)、エランシア (改訂履歴)、フリフオンライン (改訂履歴)、.hack//G.U. (ゲーム) (改訂履歴)、柴田勝頼 (改訂履歴)、後藤洋央紀 (改訂履歴)、CABAL ONLINE (改訂履歴)、悪霊シリーズ (改訂履歴)、鈴木みのる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS