宣伝広告とは? わかりやすく解説

広告

(宣伝広告 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/22 01:08 UTC 版)

広告(こうこく、: advertising)は、不特定多数の人々を対象に、商品、サービス、アイデアなどの存在、特徴、有意性を知らせ、対象の行動を変更させることを目的として、広告主が料金を支払って行うコミュニケーションである[2]。広告は広告媒体を通じて行われる。


  1. ^ Hong Liu, Chinese Business: Landscapes and Strategies (2013), p. 15.
  2. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,マーケティング用語集,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,ブランド用語集,世界大百科事典. “広告とは”. コトバンク. 2022年6月3日閲覧。
  3. ^ a b 小林太三郎著「現代広告入門」第2版、ダイヤモンド社、昭和58年、10-12ページ
  4. ^ a b 後藤将之『マス・メディア論』<有斐閣コンパクト> 有斐閣 1999年 ISBN 4641076219 pp.196-199.
  5. ^ 水野, 由多加「[研究ノート 近現代文芸の中の広告(1) : 明治期以降の文学作品中の言説渉猟]」『関西大学社会学部紀要』第46巻第1号、2014年10月31日、27–55頁。 
  6. ^ 水野, 由多加「[研究ノート 近現代文芸の中の広告(2) : 明治期以降の文学作品中の言説渉猟]」『関西大学社会学部紀要』第47巻第1号、2015年10月31日、53–83頁。 
  7. ^ 水野, 由多加「[研究ノート 近現代文芸の中の広告(3) : 明治期以降の文学作品中の言説渉猟]」『関西大学社会学部紀要』第48巻第1号、2016年11月15日、113–138頁。 
  8. ^ 清水公一 (2018). 『広告の理論と戦略』第18版、第2刷. 創成社、39ページ 
  9. ^ Behal, Vikas; Sareen, Sania (2014). "GUERILLA MARKETING: A LOW COST MARKETING STRATEGY". International Journal of Management Research and Business Strategy. 3 – via Google Scholar.
  10. ^ 『インフラ広報の世界 INFRA.PR BRAND BOOK』株式会社Kプロビジョン、2023年04月14日、20頁。
  11. ^ 『大藏省令第149号廣告税法施行規則ニ依リ結社指定』、官報。1942年。
  12. ^ 東洋経済オンライン 広告市場は09年度も大幅減少に! メディアは火だるま(1)
  13. ^ 国際連合. “ディビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者 訪日報告書』(A/HRC/35/22/Add.1)”. 外務省. 2018年7月27日閲覧。 “日本の5大民放組織が,それぞれ主流全国日刊紙と繋がっている。これは,情報市場への参加者数を制限している。”
  14. ^ 清水公一、木村有宏、新川三郎(2014)「屋外広告指標推定システムの構築」『日経広告研究所報』276号、日経広告研究所、38-45ページ。
  15. ^ a b 清水公一(2018)『広告の理論と戦略』第18版、第2刷、創成社、187-190ページ。
  16. ^ a b 電通広告事典プロジェクトチーム「電通広告事典」2008 電通
  17. ^ https://ci.nii.ac.jp/naid/120006368708/ 水野由多加(2017)「ネーミングライツ(命名権)についての断章」『関西大学社会学部紀要』49(1), 205-217. https://ci.nii.ac.jp/naid/120006624697 同(2018)「ネーミングライツ(命名権)についての断章(続)」『関西大学社会学部紀要』50(1), 61-74.
  18. ^ 水野由多加「ネーミングは広告である : ネーミングライツの意義と公共性」『都市問題』第114巻第1号、2023年1月1日、54–63頁、doi:10.32286/00027809 
  19. ^ [1]
  20. ^ 水野由多加「〈論文〉商業現象に見出される「広告とは言及されない広告」―現象理解のタテ糸あるいは補助線としての広告研究―」『商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies』第64巻第2号、2017年12月31日、45–85頁。 
  21. ^ 産経新聞の例産経新聞媒体資料インターネット版より



宣伝広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 00:23 UTC 版)

つや姫」の記事における「宣伝広告」の解説

2009年度から日本プロサッカーリーグJリーグ)に加盟するモンテディオ山形ユニフォームに「つや姫」のロゴ掲出されている。2014年まで胸部2015年から背中部に掲出山形県山形県農業協同組合中央会JAグループ山形)の共同スポンサード

※この「宣伝広告」の解説は、「つや姫」の解説の一部です。
「宣伝広告」を含む「つや姫」の記事については、「つや姫」の概要を参照ください。


宣伝広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 18:48 UTC 版)

日本のバス車両」の記事における「宣伝広告」の解説

バスとして設計され車両に拡声装置宣伝内容外装貼り付けた広告宣伝車としても運行されている。特殊用途自動車では放送宣伝車に分類される広告主依頼によって有料運行されるが、貨物人員輸送していないので、自家用車白ナンバー)で運行でき、一種免許で運転出来る。

※この「宣伝広告」の解説は、「日本のバス車両」の解説の一部です。
「宣伝広告」を含む「日本のバス車両」の記事については、「日本のバス車両」の概要を参照ください。


宣伝広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 21:49 UTC 版)

バロッコ (企業)」の記事における「宣伝広告」の解説

1975年にはテレビ番組 カロッセロ(イタリア語版) でバロッコ初の宣伝を行う。2008年から俳優の コジモ・シニエリ(イタリア語版) を起用したイースタークリスマス向け菓子テレビCMいくつか製作した2010年以降は、メディア露出戦略としてテレビラジオにおける宣伝同じくらいにスポンサーシップによる宣伝効果重視するようになった1988年から1989年にかけてレッジーナ公式スポンサーとなる。これは、サッカーとの関わりを持つようになった始まりである。 それから21年後に、再びサッカー公式スポンサーとして、ユヴェントス2010年から2012年、さらに2013年にもスポンサーシップ契約締結した2013年2014年には自転車競技ジロ・デ・イタリア個人賞であるマリア・ローザスポンサー務めた

※この「宣伝広告」の解説は、「バロッコ (企業)」の解説の一部です。
「宣伝広告」を含む「バロッコ (企業)」の記事については、「バロッコ (企業)」の概要を参照ください。


宣伝・広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 06:06 UTC 版)

ステップ (パソコンショップ)」の記事における「宣伝・広告」の解説

おもに雑誌広告メインだったが、幕張開店前後bayfmラジオコマーシャル放送したことがあり、また、同局井上陽水特別番組冠スポンサー担当したことがあった。

※この「宣伝・広告」の解説は、「ステップ (パソコンショップ)」の解説の一部です。
「宣伝・広告」を含む「ステップ (パソコンショップ)」の記事については、「ステップ (パソコンショップ)」の概要を参照ください。


宣伝・広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 17:42 UTC 版)

協和キリン」の記事における「宣伝・広告」の解説

NNNきょうの出来事 』(1980年代前半)、『NNN JUST NEWS』の末期1983年10月 - )から『NNNニュースプラス1』の途中( - 1995年3月)までと、『THEサンデー』(1995年4月 - 1998年3月)の中期の約15年間に渡り日本テレビ系列ニュース番組や、TBS系列の『JNN報道特集』、フジテレビ系列の『小川宏のTOP情報』、『報道2001』、テレビ朝日系列の『ステーションEYE』、『スーパーJチャンネル』などの提供スポンサー務め、「カラダワンダーランド」・「自然は大きなホスピタル」をテーマにした企業CM流し、「医薬品メーカー協和発酵としての知名度上げてきた。最近では、一社提供番組水百景テレビ東京系列2005年4月 - 2009年12月)や全国ネット番組ウェークアップ!ぷらす読売テレビ制作日本テレビ系列不定期)を提供していた。CMにはみなみらんぼう手塚治虫らが出演していた。 2008年からは、竹内まりやの「人生の扉」をイメージソングとした企業CM放映された(「協和発酵キリン発足まで)。 現在は、『情熱の系譜』(テレビ東京系列)でCM番組垣根越えた新たな形態コンテンツ提供している。(2010年4月5日 - )なお、番組YouTube情熱の系譜チャンネル、および番組連動HP上で番組放送同時に視聴可能である。 なお、かつてアルコール類焼酎SUN」、チューハイSUNSHOWER」、「サントネージュワイン」)を展開していた当時在京及び在阪局限りスポットCM多数出稿(=放送)していたが、焼酎大五郎」については、全国基幹地域中心にスポットCM出稿。それと前後してSUN」「SUNSHOWER」など焼酎関連商品スポットCM北海道宮城静岡など基幹地域一部出稿していた。 「SUN」については、歌手麻倉未稀CMキャラクターとして1980年代末期に宇崎竜童交代するまで比較長きにわたり起用し続けたまた、サントネージュワインには坂本龍一森尾由美大五郎には豊田泰光起用したCM放送されていた。 2001年には新聞広告として、両方鼻の穴ティッシュペーパー詰めた少女登場する花粉症治療啓蒙広告花粉なんか、)を発表した。同広告第69回毎日広告デザイン賞の第3部広告主参加作品の部」の最高賞を受賞した

※この「宣伝・広告」の解説は、「協和キリン」の解説の一部です。
「宣伝・広告」を含む「協和キリン」の記事については、「協和キリン」の概要を参照ください。


宣伝・広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 04:56 UTC 版)

日野自動車」の記事における「宣伝・広告」の解説

1980年代前半の「風のレンジャー」と称されレンジャーCM桂歌丸佳那晃子ジャンボ鶴田の3人を起用した。続く1986年発売レンジャー+5 のCMには「日野つながり日野皓正の曲をBGM使用した1989年のレンジャーフルモデルチェンジの際には、トラックイメージ一新狙いダイアン・レイン起用した。また1990年代前半にはスーパードルフィンCMケニー・Gの曲にイルカCGイラスト流れるもの、1992年モデルチェンジ時には役所広司出演CM流れた1990年代後半デュトロ発売当時ともさかりえCM出演していた。2004年以降ポパイが同CM起用されており、「日野ダイナミックスコープ日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲」の影響があってか文化放送比較多く1日中)流れていた。近年TBSラジオニッポン放送でもCMを流す。かつて放送されていたABCラジオ近鉄バファローズアワーでは試合中継の際にスポンサーとなっていた。これは大阪近鉄バファローズ親会社であった近畿日本鉄道近鉄バス)との関係が深いためである。 2010年代は「トントントントン日野の二トン」という軽快キャッチフレーズ対照的な堤真一リリー・フランキー繰り広げるシュールギャグのCM人気集めている。 トラックだけでなく、バスCMも流す事もあった。モデルチェンジ時に制作されセレガ初代)CMバブル期1990年ということもあり、大々的宣伝活動行っていた。 テレビCMは、フジテレビの「ご存知 女ねずみ小僧」・「新・座頭市」・「大空港」・「裸の街」・「欽ちゃんの9時テレビ」・「江戸の用心棒」・「超潜入!リアルスコープハイパー」・「ボクらの時代」・「おじゃマップ」・「VS嵐」・「フジテレビ水10ドラマ」・「FNSの日」、関西テレビの「にじいろジーン」、TBSの「ドラマチック22」・「ブロードキャスター」・「さんまのSUPERからくりTV」、日本テレビ火曜8時枠時代劇24時間テレビ 「愛は地球を救う」スポンサー務めていたが、「踊る!さんま御殿!!」の番組途中で降板するも、2011年10月テレビ東京系列の「乃木坂って、どこ?」(テレビ愛知制作)、ミニ番組「ひるパパ」で久々にテレビ番組スポンサーになった提供コメントでは「日野・デュトロ」と読み上げている。沖縄での日本テレビ火曜20時枠でのCM沖縄テレビ放送された)。また、2013年4月TBSの「水曜プレミアシネマ」に1992年以来スポンサーとして提供するようになったJFN系列土曜もしくは日曜5:00 - 13:00時報CMにも起用されている。 書籍雑誌ではバスラマ・インターナショナル書籍広告出している。バブル期には漫画ゴラク広告出していた。 1995年1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災発生時は近畿地方のテレビ・ラジオのCM自粛する処理で対応しそれ以外エリアでは通常通りCM流していたが、2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、未曾有の災害東京電力・福島第一原子力発電所での事故など被害受けて3月15日 - 4月21日まで全てのラジオCM自粛した4月22日ラジオCM再開する当面企業CMや緊急災害時トラック転に対す心構え燃料の節約に関するお願いなど「日野自動車が今、何かできること」を宣伝していた。7月1日より主力トラックデュトロの新CM制作放送する同時にイメージタレント佐々木蔵之介柳沢慎吾新山千春起用したテレビCMスポットラジオCM流している。この3人には実家自営業であるという共通点があり、特に佐々木実家佐々木酒造実際にデュトロハイブリッドのユーザーでもある。また、ブランドCMとして、ダカールラリーへの挑戦明日止めないために」を放送している。 2022年4月から4年間、羽村市動物公園羽村工場立地する東京都羽村市所有)のネーミングライツ取得し、『ヒノトントンZOO』の名称で営業する

※この「宣伝・広告」の解説は、「日野自動車」の解説の一部です。
「宣伝・広告」を含む「日野自動車」の記事については、「日野自動車」の概要を参照ください。


宣伝・広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 06:35 UTC 版)

いすゞ自動車」の記事における「宣伝・広告」の解説

1960年代社章そのままデザインネオン広告屋外広告として全国展開していた。 書籍雑誌はかつて週刊漫画TIMESなどの漫画雑誌広告掲載していた。現在はバスラマ・インターナショナルなどの交通系書籍広告掲載することがある特筆すべき項目として、1980年代後半製作され2代目ジェミニCM挙げられる合成CG一切なしのスタント走行パリ街角駆け抜けるシーン傑作CMとして現在も人気が高い。 CMキャラクターとしては、3代目エルフCM渥美清出演したほか、ニューパワー後期型CM毒蝮三太夫2代目フォワード後期型CM古舘伊知郎起用した乗用車については、初代アスカCM千昌夫夫婦起用したCMへのタレント起用1980年代前半最後に行っていなかったが、2016年平成28年)より小日向文世起用したCM放送開始した2004年平成16年)から、主力商品エルフメインに、いすゞ全体CM曲として「いすゞのトラック」というオリジナルソング採用したCM展開している。詳しくは「いすゞのトラック」を参照

※この「宣伝・広告」の解説は、「いすゞ自動車」の解説の一部です。
「宣伝・広告」を含む「いすゞ自動車」の記事については、「いすゞ自動車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宣伝広告」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「宣伝広告」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宣伝広告」の関連用語

宣伝広告のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宣伝広告のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのつや姫 (改訂履歴)、日本のバス車両 (改訂履歴)、バロッコ (企業) (改訂履歴)、ステップ (パソコンショップ) (改訂履歴)、協和キリン (改訂履歴)、日野自動車 (改訂履歴)、いすゞ自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS