単純接触効果とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 単純接触効果の意味・解説 

たんじゅんせっしょく‐こうか〔‐カウクワ〕【単純接触効果】

ある対象繰り返し接することで、肯定的印象が強まる現象


単純接触効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 03:52 UTC 版)

単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか、: mere exposure effect)は、(閾下であっても)繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文 Zajonc (1968) にまとめ、知られるようになった[1]


  1. ^ 生駒 2005.
  2. ^ 神岡真司『ヤバい心理学』2013年、日本文芸社。92頁


「単純接触効果」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「単純接触効果」の関連用語

単純接触効果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



単純接触効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの単純接触効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS