単純接触効果とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 単純接触効果の意味・解説 

単純接触効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 03:52 UTC 版)

単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか、: mere exposure effect)は、(閾下であっても)繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文 Zajonc (1968) にまとめ、知られるようになった[1]


  1. ^ 生駒 2005.
  2. ^ 神岡真司『ヤバい心理学』2013年、日本文芸社。92頁


「単純接触効果」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「単純接触効果」の関連用語

単純接触効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



単純接触効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの単純接触効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS