アプライアンスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > アプライアンスの意味・解説 

アプライアンス

【英】appliance

アプライアンスとは、標準化された特定の機能特化した機器総称である。特にWeb電子メールDNSDHCPなどの機能を持つネットワークサーバーの類を指す。

計算機用のネットワークグローバル標準基づいているため、公開されている標準的仕様のみに基づいて特定の機能特化した機器を自由に開発できる。このようなアプライアンスは、ネットワークの他の機器から見ると、標準準拠した動作をする限りは、どんなものでも全く同じように利用ができる。

特定機能特化したアプライアンスは、汎用的サーバ上に同種の機能実装して運用するよりも、コスト的にはより安く設定等もより簡易にできることが特徴である。

ネットワーク関係では、他にも様々な機能を持つアプライアンスがある。例えWeb用のキャッシュサーバルータファイルサーバ暗号化装置等である。

家庭分野においては、ホームネットワーク機器情報家電などで各種のアプライアンス製品が出ている。なお、特に「ホームアプライアンスと言う場合には、炊飯器冷蔵庫電子レンジなどの白物家電を指す場合もある。


アプライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/11 15:39 UTC 版)

アプライアンス英語: appliance、器具、装置、家電)




「アプライアンス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アプライアンス」の関連用語

アプライアンスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アプライアンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアプライアンスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアプライアンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS