アプライアンスサーバーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > サーバー > アプライアンスサーバーの意味・解説 

アプライアンス‐サーバー【appliance server】

読み方:あぷらいあんすさーばー

ある特定の用途機能絞り込んだサーバー管理運用容易で低コストという特徴をもつ。ファイルサーバーメールサーバーなどがある。単機能サーバー


アプライアンスサーバー

別名:アプライアンスサーバ
【英】appliance server

アプライアンスサーバーとは、提供する機能をあらかじめ特定用途限定特化したサーバー製品総称である。

アプライアンスサーバーは、多くの場合用途応じた機能があらかじめセットアップされた状態で出荷されるそのため、導入管理比較容易である専用OS搭載されていることも多い。また、目的限られているため、特定のスペックのみ強化させやすいとい利点もある。汎用的サーバー製品に比べ用途限られるが、イニシャルコストは必ずしも汎用製品より低いとは限らない

アプライアンスサーバーとして提供されることがある主な機能としては、Webサーバーキャッシュサーバープロキシサーバーメールサーバーファイヤーウォールウィルスチェックロードバランサなどを挙げることができる。

アプライアンスサーバーの主なブランドとしては、国内メーカーではNEC販売しているExpress5800シリーズの「InterSec」などを挙げることができる。


参照リンク
アプライアンスサーバ(InterSec) - (NEC
高性能コンピュータのほかの用語一覧
サーバー:  アプライアンス  アプリケーションサーバー  アプライアンスサーバー  FTサーバー  HAL  ブレードサーバー  フォールトトレラントサーバー



アプライアンスサーバーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アプライアンスサーバー」の関連用語

アプライアンスサーバーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アプライアンスサーバーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアプライアンスサーバーの記事を利用しております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS