カモメ 生態

カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 04:40 UTC 版)

生態

沿岸部や河口干潟などに生息する[5][7][8]。同科他種と混群を形成する事もある[7][9]。漢字表記は本種の鳴き声に対する当て字で、アメリカ合衆国における英名mewも鳴き声(英語圏でのネコの鳴き声にあたる)に由来する[4]

食性は雑食で、主に魚類やオキアミ、カニなど、陸地では穀類から果実など[9]

繁殖様式は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する[7]。沿岸部の岩礁や草原などに巣を作り、卵を産む[7]。生後3年で成鳥羽に生え換わる[8]

画像

脚注

[脚注の使い方]

出典

関連項目


  1. ^ a b c d BirdLife Inte. 2019. Larus canus (amended version of 2018 assessment). The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T22694308A155576460. doi:10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22694308A155576460.en, Downloaded on 04 October 2020.
  2. ^ a b Noddies, gulls, terns, auks, Gill, F & D Donsker (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.2). doi:10.14344/IOC.ML.10.2, (Downloaded 04 October 2020)
  3. ^ a b c 日本鳥学会「カモメ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、167-168頁
  4. ^ a b c 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、106頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年、280-281頁。
  6. ^ a b c d e f g h i 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会、2007年、88-89頁。
  7. ^ a b c d e f g 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、79、183頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、304頁。
  9. ^ a b 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館、2002年、64頁。


「カモメ」の続きの解説一覧




カモメと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カモメ」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

カモメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カモメのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカモメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS