永世中立国とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 永世中立国の意味・解説 

えいせい‐ちゅうりつこく【永世中立国】


永世中立国(えいせいちゅうりつこく)

永久中立立場取り続けることを宣言した国家

国際政治上、国家としての権利義務について、特定のグループに属さないことを信条とすること。現在の永世中立国には、スイスオーストリアという例がある。

中立政策大きなねらいは、永世中立国を宣言することによって、周辺地域紛争巻き込まれないようになることだ。スイスでは、他国からの侵略備え軍隊組織されているが、自らの侵略放棄し、周辺諸国から信頼を得ることによって、過去2世紀の間は戦争当事国にはならなかった。

スイス中立政策歴史古くナポレオン戦争後の1815年ウィーン会議で永世中立国として承認されたことに始まる。その後一時的国際連盟加盟したことはあるものの、国際連合 (UN) や欧州連合 (EU) などの国際機関加盟することなく、国際政治中でも独特の立場を貫いてきた。多く国際機関本部があるのもスイス特徴だ。

また、オーストリア場合は、1955年国家主権回復し、永世中立国になった。

スイス国際連合加盟するとき、加盟申請書には「中立国として加盟する」という内容記載される予定だ。

(2002.03.05更新


永世中立国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 02:51 UTC 版)

永世中立国(えいせいちゅうりつこく、: permanently neutral state/country)とは、将来もし他国間で戦争が起こってもその戦争の圏外に立つことを意味するものであり、自国は中立の立場である事を宣言し、他国がその中立を保障・承認している、永世中立(フランス語: La neutralité permanente)の立場を取る国家[1]。この場合の中立は国際法上の義務である[2]。永世中立の立場を取るのは実効性を持つ政府でも可能であり、厳密には国家に限られない。


  1. ^ a b c d e f g h 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ 1976, pp. 30.
  2. ^ 礒村英司 2013, p. 39.
  3. ^ a b 山尾徳雄 1982, pp. 132.
  4. ^ a b 山尾徳雄 1983, pp. 195.
  5. ^ 山尾徳雄 1983, pp. 193.
  6. ^ a b 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ 1976, pp. 30-31.
  7. ^ 伊津野重満 1993, pp. 28.
  8. ^ a b 山尾徳雄 1983, pp. 194.
  9. ^ a b c 山尾徳雄 1983, pp. 190.
  10. ^ 山尾徳雄 1983, pp. 137.
  11. ^ 山尾徳雄 1985, pp. 150.
  12. ^ 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ 1976, pp. 32.
  13. ^ a b 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ 1976, pp. 34.
  14. ^ 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ 1976, pp. 37.
  15. ^ a b 伊津野重満 1993, pp. 26.
  16. ^ 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ 1976, pp. 47.
  17. ^ a b 礒村英司 2013, p. 42.
  18. ^ a b 礒村英司 2013, p. 41.
  19. ^ 礒村英司 2013, p. 45.
  20. ^ 伊津野重満 1993, pp. 27.
  21. ^ a b 伊津野重満 1993, pp. 23.
  22. ^ a b 山尾徳雄 1982, pp. 138.
  23. ^ 山尾徳雄 1982, pp. 137.
  24. ^ 伊津野重満 1993, pp. 25.
  25. ^ a b 山尾徳雄 1982, pp. 133.
  26. ^ 第1章 カンボジアに関する基礎情報 - 独立行政法人国際協力機構 I-2p
  27. ^ 山岡加奈子「コスタリカ外交 -理念と現実-」2012年3月、日本貿易振興機構アジア経済研究所『コスタリカ総合研究序説』所収
  28. ^ 山尾徳雄 1982, pp. 132-133.
  29. ^ a b c d e f g 倉頭甫明 1971, pp. 228.
  30. ^ 田村幸策 1969, pp. 33-34.
  31. ^ 田村幸策 1969, pp. 36.
  32. ^ a b 世界大百科事典内のLa neutralité permanenteの言及-コトバンク
  33. ^ 倉頭甫明 1971, pp. 233.
  34. ^ 倉頭甫明 1971, pp. 234.
  35. ^ 田村幸策 1969, pp. 48-49.
  36. ^ 田村幸策 1969, pp. 50.


「永世中立国」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永世中立国」の関連用語

永世中立国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



永世中立国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永世中立国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS