弥生人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 弥生人の意味・解説 

弥生人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 21:01 UTC 版)

弥生人(やよいじん)は弥生時代日本列島に居住した人々。大きく、弥生時代に朝鮮半島とアジア大陸等から日本列島に渡来してきた「大陸系弥生人」、縄文人が直接新文化を受け入れた結果誕生した「縄文系弥生人」、および両者の混血である「混血系弥生人」とに分けられる。


  1. ^ 片山一道 『骨が語る日本人の歴史』1126号、筑摩書房〈ちくま新書〉、2015年。ISBN 9784480068316NCID BB18552154https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026333994-00 
  2. ^ 溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)『日本人の成り立ちについての3つの仮説(P173)』
  3. ^ 春成秀爾(国立歴史民俗博物館研究部教授)は「弥生時代が始まるころの東アジア情勢について、従来は戦国時代のことと想定してきたが、殷(商)の滅亡、西周の成立のころのことであったと、認識を根本的に改めなければならなくなる。弥生前期の始まりも、西周の滅亡、春秋の初めの頃のことになるから、これまた大幅な変更を余儀なくされる。」と述べている(弥生時代の開始年代(2003))。
  4. ^ 中国(長江文明)における稲作は、長江中流域における陸稲が約10000 - 12000年前に遡り、同下流域の水稲(水田)は約6000 - 7000年前に遡ると言われている。
  5. ^ 中村俊夫「14C年代の暦年代較正と海洋リザーバー効果 (第16回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム平成15(2003)年度報告)」『名古屋大学加速器質量分析計業績報告書』第15号、名古屋大学年代測定資料研究センター、2004年3月、 103-112頁、 doi:10.18999/sumrua.15.103NAID 110007150892
  6. ^ a b 崎谷満 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史 : 日本人集団・日本語の成立史』勉誠出版、2009年。ISBN 9784585053941NCID BA90892356 
  7. ^ 福田正宏 (2003年5月17日). “ロシア極東新石器時代研究の新展開”. 2018年6月21日閲覧。
  8. ^ 岡正雄 『異人その他 : 日本民族=文化の源流と日本国家の形成』言叢社、1979年。doi:10.11501/12144924NCID BN00692839全国書誌番号:80042450https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12144924 
  9. ^ 『異人その他 他十二篇 岡正雄論文集』岩波文庫、1994年
  10. ^ 鳥居龍蔵 『鳥居龍藏全集』朝日新聞社、1975年。doi:10.11501/12148654NCID BN01619040全国書誌番号:73017074https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12148654 
  11. ^ Bellwood, Peter (2013). The Global Prehistory of Human Migration. Malden: Blackwell Publishing. ISBN 9781118970591 
  12. ^ Vovin, Alexander (2013). “From Koguryǒ to T’amna: Slowly riding to the South with speakers of Proto-Korean”. Korean Linguistics 15 (2): 222-240. doi:10.1075/kl.15.2.03vov. https://doi.org/10.1075/kl.15.2.03vov. 
  13. ^ Lee, Ki-Moon; Ramsey, S. Robert (2011). A History of the Korean language. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-66189-8 
  14. ^ Whitman, John (2011). “Northeast Asian Linguistic Ecology and the Advent of Rice Agriculture in Korea and Japan”. Rice 4 (3-4): 149–158. doi:10.1007/s12284-011-9080-0. 
  15. ^ Unger, J. Marshall (2009). The role of contact in the origins of the Japanese and Korean languages. Honolulu: University of Hawai?i Press. ISBN 978-0-8248-3279-7 
  16. ^ 岡正雄『異人その他 日本民族=文化の源流と日本国家の形成』 言叢社 1979
  17. ^ 洋泉社、徳永勝士「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」 『日本人のルーツがわかる本』宝島社〈宝島社文庫〉、2008年、264-280頁。ISBN 9784796666862NCID BB03445911https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009605850-00 
  18. ^ 徳永勝士「HLAと人類の移動 (特集 日本列島の人類学的多様性)」『Science of humanity Bensei』第42号、勉誠出版、2003年4月、 4-9頁、 NAID 40005803335
  19. ^ 山口敏, 中橋孝博 『中国江南・江淮の古代人 : 渡来系弥生人の原郷をたずねる』てらぺいあ〈人間科学全書 研究報告シリーズ ; 2〉、2007年。ISBN 9784886991102NCID BA81718074https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008544024-00 
  20. ^ 文化財研究所奈良文化財研究所「なぜ農耕文化は終わったのか」 『日本の考古学 : ドイツ展記念概説』(普及版)学生社、2007年。 NCID BA81888008  上巻 ISBN 431175034X, 下巻 ISBN 9784311750380
  21. ^ 千田稔, 宇野隆夫 『東アジアと『半島空間』 : 山東半島と遼東半島』思文閣出版、2003年。ISBN 4784211179NCID BA60947517https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004046175-00 
  22. ^ 金関の渡来説”. 九州大学総合研究博物館. 2013年4月19日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 今日の渡来説”. 九州大学総合研究博物館. 2013年4月19日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ 佐原真, 金関恕, 春成秀爾, 松木武彦「農業の開始と階級社会の形成」 『戦争の考古学』岩波書店〈佐原真の仕事 / 佐原真著 ; 金関恕春成秀爾編 ; 4〉、2005年。ISBN 4000271148NCID BA70422928https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007635986-00 
  25. ^ 縄文人直系でなかった西北九州弥生人 ゲノム解析で判明 2019年7月23日
  26. ^ 九州地方における弥生人骨の地域的特性に関する人類学的研究
  27. ^ 篠田謙一, 神澤秀明, 角田恒雄, 安達登「西北九州弥生人の遺伝的な特徴:―佐世保市下本山岩陰遺跡出土人骨の核ゲノム解析―」『Anthropological Science (Japanese Series)』第127巻第1号、日本人類学会、2019年、 25-43頁、 doi:10.1537/asj.1904231ISSN 1344-3992NAID 130007668339
  28. ^ 日本人は酒に弱くなるように“進化”…「下戸遺伝子」の研究者が語る“弱い方がいい理由” - FNN.jpプライムオンライン


「弥生人」の続きの解説一覧

「弥生人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弥生人」の関連用語

弥生人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



弥生人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弥生人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS