要介護認定とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 要介護認定 > 要介護認定の意味・解説 

介護認定

読み方:かいごにんてい
別名:要介護認定

介護の必要と、どの程度介護が必要かを判断認定する制度申請を受けて市町村審査認定を行う。

介護認定の制度は、より正確には「要介護認定」と称するべきであるが、報道メディアヘッドラインなどではしばしば「介護認定」と略される。また、要介護認定と並び実施されている「要支援認定制度含めて「介護認定」と総称されていることが多い。

介護認定は介護保険制度一部で、介護認定を受けた者は度合いに応じて介護サービス給付を受けることができる。介護認定には所定の期間があり、引き続き介護サービス支援を受けるには更新手続きを行う必要がある

関連サイト
要介護認定 - 厚生労働省

2014年0106更新

要介護認定(ようかいごにんてい)

保険関わる用語

介護保険被保険者に対し、保険者である市町村が、日常生活上の介護必要性確認するとともにその程度認定すること。利用者心身状況により要介護1〜5の区分がある。要介護認定を受けると、介護保険施設サービスはじめとするさまざまな介護保険サービスを、要介護度に応じ利用できる。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

要介護認定


要介護認定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 09:02 UTC 版)

要介護認定(ようかいごにんてい)とは、日本介護保険制度において、被保険者が介護を要する状態であることを保険者が認定するものである。過程においては日常生活動作の評価がなされる。




  1. ^ 平成23年度 介護保険事業状況報告(年報) (Report). 厚生労働省. (2012). http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/11/index.html. 
  2. ^ 全国介護保険担当課長会議資料(平成11年9月17日開催)
  3. ^ 平成18年3月13日開催全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料
  4. ^ 平成12年11月16日開催全国介護保険担当課長会議資料
  5. ^ 平成18年10月18日開催「第2回地域包括支援センター・介護予防に関する意見交換会」資料
  6. ^ 平成11年9月17日開催「全国介護保険担当課長会議」資料
  7. ^ 平成11年9月17日開催「全国介護保険担当課長会議」資料
  8. ^ 平成19年11月9日開催 厚生労働省「第3回要介護認定調査検討会」 資料1-3:高齢者介護実態調査結果
  9. ^ 厚生労働省老健局長通知(平成21年9月30日老発0930第6号)
  10. ^ 2011年2月11日の朝日新聞朝刊38面
  11. ^ 県相手の介護認定訴訟で控訴断念 田辺市」紀伊民報2012年5月28日







要介護認定と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「要介護認定」の関連用語

要介護認定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大マゼラン星雲

サイレージ

ウイスキー・マック

マーク・アンドリーセン

ケーブルカー

どうとん号

エセオリミキ

ドブロウォルスキー





要介護認定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2018 Houterasu All rights reserved.
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2018 kaigo-service.all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの要介護認定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS