必要な条件とは? わかりやすく解説

必要な条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:17 UTC 版)

ジェット燃料」の記事における「必要な条件」の解説

ジェット燃料は以下の条件備えることが求められる発熱量が大きい 単位重量当り発熱量が大きいと、少な離陸重量でも必要な距離の飛行が行なえる。単位体積当り発熱量が大きいと、燃料タンク拡大せずに航続距離伸ばせるジェット燃料発熱量は「真発熱量」 (Net heat of combustion) と呼ばれ18,300 - 18,400 BTU/lb (10,170 - 10,220 kcal/kg) 以上と規定されている。 燃焼性が良い 燃焼性が良いとは、燃焼によって燃料全てガス化することが最良であり、燃焼後に炭素粒子である「すす」の発生量少なということ意味する。すすが燃焼室タービンブレードノズル部分に付堆積する局部的に異常高温態となることがあり、焼損による故障を招くことがある。 すすの元となる芳香族炭化水素含有少ない方が燃焼性が良いため、芳香族炭化水素体積比での含有率20 - 25 %以下に制限されている。間接的に芳香族炭化水素含有割合判定する方法として「煙点」、「輝度数」、「煙輝指数」などがある。 煙点では石油ランプの火からすす煙が出始める最短の立上げ長さ計測し通常19 - 25 mmとされる適度な揮発性がある 揮発性が低過ぎれば寒冷地での始動時や高高度飛行中の再着火時に点火に困るが、揮発性が高過ぎれば低空飛行中に燃料配管内で気化ガスによって燃料供給閉塞するベイパーロック」 (Vapor lock) が起きやすくなる揮発性計測には「リード蒸気圧」 (Reid vapor pressure) が用いられワイドカット系では蒸気圧3.0 psi以下に制限されている。 凍結しにくい 寒冷地での駐機中や高高度飛行中に燃料配管系が冷気曝され場合に、燃料凍結した粘度過剰に高まると燃料フィルター配管系内部で詰まるなど、燃料供給が不安定となる。 凍結しにくさの尺度として「析出点」(Freezing point) が用いられる析出点測定は、燃料を一旦完全に凍結させてから暖めてゆき、炭化水素氷結晶が完全に無くな温度測るジェット燃料析出点は-40から-58 以下である。 ケロシン系はワイドカット系に比べ析出点が高いので問題なりやすい。 腐食性がない 燃料中の水分酸素硫黄化合物燃料供給系やエンジン内部腐蝕磨耗させる原因となる。特に硫黄金属に対して強い腐蝕作用起こすため、全硫黄分重量比で0.3 - 0.4 %以下にチオールは0.001 - 0.003 %以下に制限される引火点と発火点が適度に低い引火点」とは燃料加熱してゆき、その蒸気規定の大きさの火が引火する時の温度である。「発火点」とは自然自己発火点とも呼ばれ、火がない環境燃料加熱してゆき、その蒸気が自ら発火する時の温度である。両者は共に高い方が事故発生時などでは安全性が高いといえるが、過度にすぎればエンジン内部で正常な燃焼支障が出るため、これらは適度に低いことが求められる。 ワイドカット系は引火点が低いが発火点高くケロシン系は引火点が高いが発火点が低い。 電気伝導度が高い 燃料高速で燃料配管系内部を流れ時に配管内壁との摩擦によって静電気生じる。電気伝導度高ければこの蓄積最小で済むが、蓄積大きくなれば静電気放電による火花火災誘発する危険が高まる。 電気伝導度高め静電気防止剤燃料中に添加することがある化学安定性が高い 燃料中にオレフィン炭化水素 (不飽和炭化水素) が多量に含まれると、これらが時間とともに変化してゆきガム状の塊が生じ事がある石油精製過程で既に生じているガムは「実在ガム」、燃料貯蔵中に新たに生じガムは「潜在ガム」と呼ばれ燃料中のオレフィン炭化水素割合体積比で5 %以下に制限されている。 熱安定性が高い 燃料何らかの理由で高温加熱される内部に各種の分解生成物生じる。一般にオレフィン炭化水素が多いほど分解生成物多く生じるため、これらの含有割合制限される理由1つとなっている。

※この「必要な条件」の解説は、「ジェット燃料」の解説の一部です。
「必要な条件」を含む「ジェット燃料」の記事については、「ジェット燃料」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「必要な条件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「必要な条件」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「必要な条件」の関連用語

必要な条件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



必要な条件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェット燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS