さんご礁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > さんご礁の意味・解説 

さんご‐しょう〔‐セウ〕【××瑚礁】

読み方:さんごしょう

イシサンゴ類の骨格石灰藻類が集積して形成される礁。熱帯・亜熱帯海域分布形状により裾礁(きょしょう)・堡礁(ほしょう)・環礁などがある。


サンゴ礁

(さんご礁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/05 07:15 UTC 版)

サンゴ礁(サンゴしょう、珊瑚礁さんご礁coral reef)は、造礁サンゴ群落によって作られた地形の一つ。サンゴがその石灰質の骨格を積み重ねて海面近くまで高まりを作る地形のことをいう[1]熱帯の外洋に面した海岸によく発達する。


  1. ^ 日本サンゴ礁学会公式サイト : サンゴ礁Q&A”. www.jcrs.jp. 2023年12月4日閲覧。 “「サンゴ」がその石灰質の骨格を積み重ねて海面近くまで高まりを作る地形を「サンゴ礁」といいます。”
  2. ^ The race to build climate-resilient coral reefs”. www.bbc.com. 2024年2月5日閲覧。
  3. ^ CORAL BLEACHING – A REVIEW OF THE CAUSES AND CONSEQUENCES”. 2009年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ モニタリングサイト1000サンゴ礁調査の平成28年度調査結果(速報)について(環境省)
  5. ^ a b Coral reefs head for 'knock-out punch'(BBC)
  6. ^ Spatial and temporal patterns of mass bleaching of corals in the Anthropocene Hughes, T. P. et al. Science 2018, Vol.359, pp. 80–83.
  7. ^ 日焼け止めでサンゴが白化 伊大学、実験で確認
  8. ^ Microplastics disturb the anthozoan-algae symbiotic relationship Nami Okubo, Shunichi Takahashi, Yoshikatsu Nakano Marine Pollution Bulletin 2018, Vol. 135, pp. 83–89.
  9. ^ a b サンゴ食害生物 著:横地洋之 公開:環境省
  10. ^ S.B. NO. 2571 ハワイ州政府
  11. ^ 米ハワイ州、サンゴに有害な日焼け止め禁止へ BBC 更新日:2018年5月4日
  12. ^ Responsible Tourism Education Act パラオ共和国
  13. ^ Thailand bans coral-damaging sunscreens in marine parks BBC 更新日:2021年8月5日
  14. ^ 地理 統計要覧 2014年版 ISBN 978-4-8176-0382-1 P,146
  15. ^ http://www.jcrs.jp/old/information/ishoku-guideline.pdf
  16. ^ モニタリングサイト1000
  17. ^ 今度の『私の青空』環境貢献活動は サンゴ礁の再生!〜沖縄県・恩納村との官民共同で美ら海を蘇らせます〜
  18. ^ サンゴ礁保全プロジェクト
  19. ^ 社会貢献事業「サンゴ礁保全プロジェクト」について
  20. ^ 雪肌精「SAVE the BLUE」キャンペーン2年目 化粧水・乳液購入でボトルの底面積分、サンゴの森を広げます




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さんご礁」の関連用語

さんご礁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さんご礁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンゴ礁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS