ドライキャスクとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ドライキャスクの意味・解説 

ドライキャスク

別名:乾式キャスク乾式金属キャスク乾式容器使用済燃料乾式貯蔵容器

使用済み核燃料」を中間貯蔵する際に用いられる容器、または、その容器を用いた使用済み核燃料保管方法。「使用済み核燃料プール」(貯蔵プール)による保存代替手法として利用される。

ドライキャスクは、鋼鉄コンクリートなどで作られる。これで使用済み核燃料密閉し、「ドライキャスク保管施設」(ドライキャスクストレージ)内で空冷保管される。使用しないため、扱い比較的容易であるという利点がある。ドライキャスクの手法により、おおよそ100年程度保管が可能といわれている。

ドライキャスクは中間貯蔵の手法であり、一定期間保管された後には、六ヶ所再処理工場などのような再処理工場輸送されるか、またはフィンランドの「オンカロ」のような最終処分施設埋設処理される。ただし、2011年現在、日本にはまだ最終処分を行う施設はない。

東京電力福島第一原子力発電所では、使用済み核燃料プールとドライキャスクの両方式が採用されている。福島第二原子力発電所では使用済み核燃料プールのみとなっている。福島第一原発2011年3月発生した原発事故により、核燃料冷却するため外部からの放水注水余儀なくされ、大量汚染水が生じている事態を受けて、2011年5月1日現在、ドライキャスクの積極採用検討されている。

なお、単に「キャスクと言った場合一般的には、使用済み核燃料輸送する際に用いる容器を指す。

ドライキャスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/24 08:09 UTC 版)


ドライキャスク(dry cask、乾式キャスク乾式容器乾式貯蔵キャスクとも)は使用済み核燃料のような高レベル放射性廃棄物を保管する方法である。最低1年間の使用済み核燃料冷却プールでの冷却で、ドライキャスクに貯蔵できる[1]


  1. ^ Dry Cask Storage”. アメリカ合衆国原子力規制委員会. 2011年3月17日閲覧。 “Dry cask storage allows spent fuel that has already been cooled in the spent fuel pool for at least one year to be surrounded by inert gas inside a container called a cask,”
  2. ^ Dry Storage of Spent Fuel”. NRC; Dry Cask Storage Figure 43. 2011年3月17日閲覧。


「ドライキャスク」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドライキャスク」の関連用語

ドライキャスクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドライキャスクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドライキャスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS