遮へいとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力用語 > 遮へいの意味・解説 

遮へい

読み方しゃへい
英語表記shield

放射線からの外部被ばく防止するために、放射性物質または放射線発生する機器レントゲン機器など)と人体との間に物体コンクリート、鉛等)を設けること。この物体を遮へい物または遮へい材と言う
遮へい物は、放射線種類によってその透過力(通り抜ける力)が異なるので使用される材質が違う。
アルファ線紙、ビニール
ベータ線β線):アルミニウムなど薄い金属、または厚めプラスチック
ガンマ線γ線):、鉛、コンクリート放射線エネルギーによって厚さ異なる)
中性子水やパラフィン(ろう)など水素酸素などの元素多く含むもの

放射線透過
遮へい

遮へい

放射線さえぎり放射線の量を少なくすることを遮へいという。 遮へい材としては、ガンマ線に対してや鉛が、中性子線に対してパラフィンコンクリートが遮へいに有効である。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遮へい」の関連用語

遮へいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



遮へいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2020 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2020 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2020 Weblio RSS