shieldとは? わかりやすく解説

shield

別表記:シールド

「shield」の意味

「shield」は、主に二つの意味を持つ単語である。一つ目は、物理的な防御具や装置を指す。例えば、戦士が使う盾や、電磁波遮断するシールドなどがこれに該当する二つ目は、比喩的な意味での保護防御を指す。この場合、人や物事を守るために立ちはだかる役割を果たすものを指す。

「shield」の発音・読み方

「shield」の発音は、IPA表記では /ʃiːld/ であり、カタカナ表記では「シールド」となる。日本人発音する際のカタカナ英語では「シールド」と読む。発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特別な注意必要ない。

「shield」の定義を英語で解説

A shield is a protective device or barrier, designed to protect a person, object, or area from harm or damage. It can be a physical object, such as a warrior's shield, or a metaphorical concept, such as a legal shield that protects someone from liability.

「shield」の類語

「shield」の類語としては、以下のような単語挙げられるprotect, guard, safeguard, defend, screen などである。これらの単語は、いずれも何らかの形で保護防御意味する

「shield」に関連する用語・表現

「shield」に関連する用語表現としては、以下のようなものがある。shielded cableシールドケーブル)、radiation shield(放射線シールド)、legal shield(法的保護)、shield law(盾法)、human shield人間の盾)などである。

「shield」の例文

1. The warrior raised his shield to block the enemy's attack.(戦士敵の攻撃を防ぐために盾を上げた。) 2. The company used a legal shield to avoid liability.(会社法的保護利用して責任回避した。) 3. The shielded cable prevents interference from other electronic devices.(シールドケーブルは他の電子機器からの干渉を防ぐ。) 4. The radiation shield protects the workers from harmful exposure.(放射線シールド労働者有害な被曝から守る。) 5. The shield law protects journalists from revealing their sources.(盾法はジャーナリスト情報源明かさなくても良いように保護する。) 6. The government acted as a shield for the vulnerable population.(政府は弱い立場人々を守る盾として機能した。) 7. The firewall acts as a shield against cyber attacks.(ファイアウォールサイバー攻撃対する盾として機能する。) 8. The trees served as a shield against the strong wind.(木々強風からの盾として役立った。) 9. The goalkeeper shielded the goal from the opposing team's shots.(ゴールキーパー相手チームシュートからゴール守った。) 10. The organization provided a financial shield for struggling families.(その組織困窮した家族経済的な保護提供した。)

シールド【shield】

読み方:しーるど

盾(たて)。盾のように防ぎ守るもの。

電磁場放射線の影響遮断する覆い防御壁原子炉周りコンクリート構造物など。遮蔽(しゃへい)。

トンネル掘削に使う、刃口のついた鋼製円筒または掘進機。シールドマシン


遮へい

読み方しゃへい
英語表記:shield

放射線からの外部被ばく防止するために、放射性物質または放射線発生する機器レントゲン機器など)と人体との間に物体コンクリート、鉛等)を設けること。この物体遮へい物または遮へい材と言う
遮へい物は、放射線の種類によってその透過力(通り抜ける力)が異なるので使用される材質が違う。
アルファ線紙、ビニール
ベータ線β線):アルミニウムなど薄い金属、または厚めプラスチック
ガンマ線γ線):、鉛、コンクリート放射線エネルギーによって厚さ異なる)
中性子パラフィン(ろう)など水素酸素などの元素多く含むもの

放射線透過
遮へい

Shield

名前 シールド

S.H.I.E.L.D.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/04 01:00 UTC 版)

S.H.I.E.L.D.とは、マーベル・コミックに登場する架空の組織[1]。時代や登場作品によって差異はあるが、スーパーヒーローを管理する国家組織として描かれている。『ストレンジ・テイルズ』第135号(1965年8月)でスタン・リージャック・カービーにより創造された。


注釈

  1. ^ エージェント・オブ・シールド』シーズン1の第1話において、「“S.H.I.E.L.D.”は何の略なのですか」と尋ねられたグラント・ウォードがこの略称を返答するが、さらにその意味を尋ねられると「それは誰かがどうしてもイニシャルが“shield”という綴りになるようにしたかったということです」と答えている[25]
  2. ^ 1つ目は、胴部にカイトシールドを当てがった猛禽類のシルエットが両翼を広げたもので、S.H.I.E.L.D.の創設期から現代まで使用されている。2つ目は、猛禽類のシルエットが両翼を下ろしたようなイメージのもので、2012年以降からS.H.I.E.L.D.のメインロゴとして登場する。
  3. ^ 『エージェント・オブ・シールド』シーズン2に登場するロバート・ゴンザレス率いる通称“もう一つのS.H.I.E.L.D.”は、これらとは異なるロゴを使用しており、そのデザインはカイトシールド型の縁の内側に両翼を下ろし、胴部に3つの星を当てがった猛禽類が施されたものだった。
  4. ^ 座標は、緯度:38N 53' 33.78°、経度:77S 3′ 38.91"、であり、付近にウォーターゲートビルらしき建造物が確認できる。
  5. ^ 1989年時にはまだ建設途中だった。
  6. ^ フューリーがスティーブをここへ案内した際には、エレベーターAIがスティーブを格納庫に入れない対象外人物として扱ったが、フューリーの「長官権限で許可する」の音声入力で許可された。
  7. ^ ブラック・ウィドウ』のオープニング・クレジットのワンカットに本施設の火災映像が映っている。
  8. ^ 『キャプテン・マーベル』のブルーレイには、未公開シーンであるタロスが本物の彼に擬態した直後と思しき場面が収録されている。
  9. ^ この時警備員たちにトニーの特徴を「マンゴ・ジェリー風の髭面」と伝えた。
  10. ^ メリーナ・ヴォストコフもレッドルーム侵入時に、これを用いてナターシャに変装する。
  11. ^ 入室するには虹彩認証装置に虹彩をスキャンしなければならない。
  12. ^ トニーのスマートフォン操作で起動する“アイアンマン・アーマー”の格納庫も存在する。
  13. ^ この部屋のドアも何らかのセキュリティでロックされていたが、スティーブは腕尽くでドアをこじ開けて侵入し、室内でヒドラの武装を発見する。
  14. ^ 本来はハルクを捕らえておくために造られたものだが、成り行き上でロキを収監した。また、ソーの“ムジョルニア”の打撃でも一発では亀裂すら入らないほどケージの強度は高く、ケージ自体に大きな衝撃を与えると落下装置が自動的に作動する。
  15. ^ フューリーは「タンスから引っ張り出してきた」と冗談を呟いている。
  16. ^ 中には、ハワードのメッセージ映像が録画されたフィルム缶の他、ハワードの写真や、“アーク・リアクター”の設計図、研究ノート、スターク・エキスポの歴代ポスター、アントン・ヴァンコ亡命の記事が記された新聞、キャプテン・アメリカのコミックスなどが入っていた。

出典

  1. ^ Norman, Dalton (2022年7月21日). “10 Best Teams That Captain America Has Joined In Marvel Comics” (英語). ScreenRant. 2023年3月25日閲覧。
  2. ^ Franich, Darren (2013年9月24日). “SHIELD: 10 Important Facts about Marvel's superspy organization”. Entertainment Weekly. http://popwatch.ew.com/2013/09/24/shield-agents-marvel/ 2013年9月25日閲覧。 
  3. ^ Franich, Darren (2013年9月24日). “SHIELD: 10 Important Facts about Marvel's superspy organization”. Entertainment Weekly. http://popwatch.ew.com/2013/09/24/shield-agents-marvel/ 2013年9月25日閲覧。 
  4. ^ Amazing Fantasy (vol. 2) #7 (2005年6月)
  5. ^ Sanderson, Peter (2007). The Marvel Comics Guide to New York City. New York City: Pocket Books. pp. 62–63. ISBN 1-41653-141-6 
  6. ^ Astonishing X-Men (vol. 3) #3 (September 2004)
  7. ^ Secret War #5 (2005年12月)
  8. ^ Civil War #1-7 (July 2006 - Jan. 2007), and related series
  9. ^ Iron Man (vol. 4) #15 (April 2007)
  10. ^ Secret Invasion #1 (June 2008)
  11. ^ Secret Invasion Prologue
  12. ^ a b Secret Warriors #1
  13. ^ Secret Invasion #8 (December 2008)
  14. ^ Dark Avengers #2
  15. ^ Dark Avengers #1
  16. ^ Barry Dutter (w), M.C. Wyman (p), Greg Adams & Chris Ivy (i). "Fury" Fury, no. 1 (1994年5月). Marvel Comics
  17. ^ Sgt. Fury and his Howling Commandos # 1 (July 1963)
  18. ^ Sgt. Fury and his Howling Commandos # 1 (July 1963)
  19. ^ X-Force # 1
  20. ^ Tales of Suspense # 75 (March 1966)
  21. ^ Secret War # 5
  22. ^ Tales of Suspense #39 (March 1963)
  23. ^ Secret Invasion #8 (December 2008)
  24. ^ Siege #4 (May 2010)
  25. ^ Brett Leppard (2013年9月27日). “Spin-offs, Assemble! Five things you can expect to see in Agents of S.H.I.E.L.D.”. GQ.com (UK). 2013年11月27日閲覧。
  26. ^ 超全集 2019, p. 128
  27. ^ a b ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 100
  28. ^ MCU 2019, p. 109
  29. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 102
  30. ^ a b キャラクター事典 2020, p. 76
  31. ^ a b ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 99
  32. ^ a b c ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 101
  33. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 104


「S.H.I.E.L.D.」の続きの解説一覧

(shield から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/23 10:46 UTC 版)

(たて、: shield)は、刃物による斬撃や刺突、鈍器による打撃、および弓矢投石銃器射撃などから身を守るための防具


注釈

  1. ^ 鳥取県文化財保護センターの復元では、長さ約120センチ、モミの木製。
  2. ^ 一例として、奈良県田原本町の保津・宮古遺跡出土の木製楯は3世紀後半のもので、長さ98センチ、幅65センチで、材質はオニグルミ製。直径1ミリ前後の無数の穴があることから糸で通して飾りを施し、置き盾として祭祀に用いられたと考えられている。形状については、湾曲していたものとみられる。ただし、その薄さから革製との指摘もある
  3. ^ 物部氏が奉納した鉄盾が著名(一族の威力を示す儀礼用盾とも)
  4. ^ 岩戸山古墳(6世紀前半)、高さ70センチ、中心には靭のような刻みがある
  5. ^ 古事記』には、崇神天皇記の記述として、赤の盾と矛を宇陀の墨坂神に、黒の盾と矛を大阪の神に祀って疫病の流行を防いだとある。大和国の東西の入口を防御する意味があったと捉えられている。
  6. ^ 熊本県三角町小田良古墳(6世紀後半)
  7. ^ 研究者による呼称は「石見型盾」だが、盾ではないという見解も強まり、現在、「石見型木製品」と呼称される
  8. ^ 盾の鉤形模様は、敵兵の霊を引っ掛ける意味があったとする説(佐野大和説)もある
  9. ^ ただし、投石や弓矢など対飛道具用の危急の際に作る盾として、鞘など棒の先に陣羽織などをぶら下げる「野中の幕」があり(諸流派の巻物に記述がある)、母衣と同様、からめとる原理である。
  10. ^ 太平記』巻二に持(手)盾の記述があり、また『法然上人絵伝』には四角の木盾を持った武者が館に攻め入る姿が見られるなど、使用例はある。17世紀の事例になるが『島原陣図屏風』(斎藤秋圃作、秋月郷土館蔵)には、石垣を登る幕府軍に手盾をもった兵の姿が描かれている。
  11. ^ 例として、パプワニューギニアの部族の盾は防具であると同時に攻撃するための武器でもあった。参考・『埼玉県鶴ヶ島市寄贈 オセアニア民族造形美術品展』 早稲田大学會津八一記念博物館 2011年 p.45.高さは152cmから179cmと大き目である(pp.47 - 48)。

出典

  1. ^ 『漆で描かれた神秘の世界 中国古代漆器展』 東京国立博物館 1998年 p.63
  2. ^ 陳舜臣 『中国の歴史 (二)』 講談社文庫 (11刷)1997年 p.24
  3. ^ 尹錫暁著 兼川晋訳 『伽耶国と倭地 韓半島南部の古代国家と倭地進出』 新泉社 新装版2000年(初版1993年) p.89.
  4. ^ 『田原本町埋蔵文化財調査年報6 1996年度』
  5. ^ 『神社有職故実』86頁 昭和26年7月15日 神社本庁発行。
  6. ^ 歴史発掘⑨ 『埴輪の世紀』 1996年
  7. ^ [pref.kagoshima.jp/ab23/reimeikan/siroyu/documents/6757_20161022153039-1.pdf 隼人の楯に関する基礎的考察 76P]
  8. ^ 日本の古代5 森浩一編 『前方後円墳の世紀』 1986年 中央公論社 p.320
  9. ^ 近藤好和『騎兵と歩兵の中世史』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、25頁
  10. ^ 参考・『歴史人 5 2013』 pp.95 - 97
  11. ^ 『神社有職故実』86頁中昭和26年7月15日神社本庁発行。
  12. ^ ティンベー術琉球古武術保存振興会)
  13. ^ 『石上神宮寶物誌』 p.54。


「盾」の続きの解説一覧

SHIELD(シールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 19:22 UTC 版)

グラディウス リバース」の記事における「SHIELD(シールド)」の解説

自機前方のみ防御可能なシールドユニットを2個設置防御能力通常弾16発分と高い。TYPE-A,C,Dで利用可能

※この「SHIELD(シールド)」の解説は、「グラディウス リバース」の解説の一部です。
「SHIELD(シールド)」を含む「グラディウス リバース」の記事については、「グラディウス リバース」の概要を参照ください。


SHIELD(シールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 20:41 UTC 版)

スーパーファンタジーゾーン」の記事における「SHIELD(シールド)」の解説

前作ファンタジーゾーンII オパオパの涙』から引き続き登場一定量敵の攻撃を耐えられるバリア張られる

※この「SHIELD(シールド)」の解説は、「スーパーファンタジーゾーン」の解説の一部です。
「SHIELD(シールド)」を含む「スーパーファンタジーゾーン」の記事については、「スーパーファンタジーゾーン」の概要を参照ください。


SHIELD(シールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 05:18 UTC 版)

ファンタジーゾーンII オパオパの涙」の記事における「SHIELD(シールド)」の解説

本作新登場一定量敵の攻撃を耐えられるバリア張られる

※この「SHIELD(シールド)」の解説は、「ファンタジーゾーンII オパオパの涙」の解説の一部です。
「SHIELD(シールド)」を含む「ファンタジーゾーンII オパオパの涙」の記事については、「ファンタジーゾーンII オパオパの涙」の概要を参照ください。


SHIELD(シールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 01:36 UTC 版)

グラディウスII -GOFERの野望-」の記事における「SHIELD(シールド)」の解説

前方のみ防御耐久力高く通常弾16発分。

※この「SHIELD(シールド)」の解説は、「グラディウスII -GOFERの野望-」の解説の一部です。
「SHIELD(シールド)」を含む「グラディウスII -GOFERの野望-」の記事については、「グラディウスII -GOFERの野望-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「shield」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「shield」の関連用語

shieldのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



shieldのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2024 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2024 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのS.H.I.E.L.D. (改訂履歴)、盾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグラディウス リバース (改訂履歴)、スーパーファンタジーゾーン (改訂履歴)、ファンタジーゾーンII オパオパの涙 (改訂履歴)、グラディウスII -GOFERの野望- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS