ブレードライガーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ブレードライガーの意味・解説 

ブレードライガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/27 00:18 UTC 版)

ブレードライガー (BLADE LIGER)は、トミー(現タカラトミー)が展開する『ゾイド』シリーズに登場する架空の兵器。本項では強化機のブレードライガーAB及び機体バリエーションやコトブキヤ展開のHMMシリーズについて記載。




注釈

  1. ^ 2007年11月に発売された「HMM ブレードライガー」の組立説明書においてはマルチブレードアンテナが「ドレイド・エアロ・バランサー」へと改変されている
  2. ^ 本機に搭載されたOSはあくまで一部分であったが、それでも高い戦闘力と操縦性の悪化をもたらしている[5]
  3. ^ OS未調整のアーサー・ボーグマン機においては、ゾイドコアを損傷した状態で短時間ながらデススティンガーの荷電粒子砲を防いで見せた[11]
  4. ^ 公式のスペックノートにおけるレーザーブレードは胴体側面の二箇所となるが、本発売前の雑誌においては鬣部や四肢のフィンに至るまでエネルギーブレードであるとしたものも存在した[12]
  5. ^ ミサイル砲とする資料も見られる[13]
  6. ^ a b 当初の玩具商品ではタテガミ部と尾部のパーツを交換する事でこの『バン仕様』と『共和国仕様』の機体を外観的に判別する仕様がなされていたが[21]、バトルストーリーや後続のアニメーションを含め各媒体のブレードライガーでは『共和国仕様』パーツを用いる事はなかったため、外観上の使い分けがなされる事はなかった。
  7. ^ 機体諸元は「HMM-016 RZ-028 ブレードライガーAB バン仕様」より
  8. ^ 2007年11月発売の「HMM RZ-028 ブレードライガー」の解説書では、ジェノザウラーとの戦いで破壊されたバンのシールドライガーを回収した共和国軍が新型ライガー用の試作パーツによる修理と改造を施して生み出した機体とされ、この機体をバンがアーリーモデルとして操縦して活躍した後、それを元に共和国軍が生産した機体がアーサーをはじめとしたエースパイロットに配備されたという同アニメの展開とは異なる説明がなされている。一方で、2009年12月の「HMM-016 RZ-028 ブレードライガーAB バン仕様」の解説においては、同じくジェノザウラーに破壊されたゾイドコアにフィーネとジークが融合し、以前共和国基地で整備された時に取り込んだ設計段階のブレードライガーのデータからその体を再構築して再生を果たしたものとしており、アニメや2007年発売時点のキットと異なる説明がなされている。
  9. ^ スナイパーライフルの使用は第37話のみ
  10. ^ 第60話では、作画ミスにより同装備が一瞬ではあるが装着されている。
  11. ^ 同作に登場するブレードライガーをブレードライガー「シーザー」と記述した資料もみられる[25]
  12. ^ ただし、デススティンガーの超重装甲を突破するには至っていない。
  13. ^ 2008年9月発売『HMM ブレードライガーAB レオン仕様』の解説書においては、アタックブースターのビーム砲を荷電粒子砲としている。
  14. ^ 2010年8月発売「HMM ブレードライガーミラージュ」の解説書においては、装甲素材に後のライガーゼロにも使用される特殊軽量合金「エルワチウム・ゼロ」と「高伝導放熱ペイント」を使用し軽量化・冷却・排熱効率を改良した機体と位置付けられており、こちらの設定ではロールアウト時期が暗黒大陸戦争が勃発したZAC2101年10月へと改変されている。 加えて「ACC(アーマークーリングコントローラー)」も導入した結果、熱残像を発生させる副次的機能を獲得。これをアタックブースターによる高速移動と併せて使用する事で、敵の熱源センサーにはあたかも複数の機体が存在するように見せかけられる事が可能となった。主なバリエーションとしてはABを標準装備した「通常型」の他に、隠密行動のためABを取り外した「タイプL」、砲撃戦用にゴジュラスMk-2のロングレンジキャノンを搭載した「タイプB」が存在。製作された全ての機体が第203高速戦闘部隊「ミラージュ」として編成され、そのパイロットにはバトルストーリーに登場したウィナー・キッドやタクマ・I・サンダースがミラージュ部隊の初期メンバーに名を連ね、さらには(真偽不明、作り話との説もあるとしたうえで)『ゾイドインフィニティ』に登場したカノンがミサイルポッドを装着した「通常型」(ブレードライガーミラージュKS参照)に搭乗して同部隊に参加したと設定されている。一方で、HMMシリーズの設定解説を担当しているヤマザキ軍曹は書籍の記事において、ブレードライガーABを大元にブレードライガーミラージュとブレードライガーミラージュKSが分岐した旨の系譜を説明している[35]
  15. ^ キャンペーン賞品パッケージでの表記はブレードライガーミラージュカノン仕様[37]、キャンペーン告知広告ではブレードライガーミラージュカノンスペシャルとされていた。その後、トレーディングカードアーケードゲームゾイドカードコロシアム』にてブレードライガーミラージュKSの名称が使用された。
  16. ^ 『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』劇中ではブレードライガーと呼称された。その後、『ZOIDS SAGA』シリーズ、『ゾイドタクティクス』、『ゾイドカードコロシアム』といったゲームでブレードライガーLSの名称が使用された。
  17. ^ 機体諸元は「HMM-003 RZ-028 ブレードライガーAB レオン仕様」より
  18. ^ アタックブースターの装備はプラモデルキット「ハイエンドマスターモデル」のオリジナル仕様であり、「ゾイド新世紀スラッシュゼロ」アニメーション作中には登場しない。
  19. ^ 背部にバスターキャノン、後肢のコンプリッションリフリジェレイターの外側にガンプラのトールギス・スーパーバーニアらしきパーツに重ねる形でCP-01 ビームキャノンセット、頭部側面のEシールドジェネレーター最上段の延長線上にブレードがそれぞれ増設されている。カラーリングはストライククロー付近のアンクルガード以外の装甲で青と白を逆転させたもの
  20. ^ 複座式コックピットだがフィギュアは1体のみ
  21. ^ 「ブレードライガーブラックインパクト」商品パッケージにおいて省略されている「ロケットブースター」をここでは補記している(RZ-028 ブレードライガー参照)ため注意。
  22. ^ 同じスチル写真が『ゾイド改造マニュアル』にも掲載されているが、こちらでは文中でジェノザウラーを撃破している[48]
  23. ^ 学年誌掲載分では勝利の後に未完成であったブースターが故障しているが[56]、「ゾイドバトルワールド」掲載分では省略されている。
  24. ^ 作例ではCP-03 ビームガトリングセットガンダム試作3号機(デンドロビウム)のプラモデルの部品などを流用している。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 公式ファンブック2 2001, p. 62-63.
  2. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 15.
  3. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 78.
  4. ^ 月刊コロコロコミック2000年5月号 2000, p. 40.
  5. ^ a b 『RZ-028 ブレードライガー』トミー、2000年3月、商品パッケージ。
  6. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 64-65.
  7. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 38-39.
  8. ^ a b c d e f g h i ゾイドバトルワールド 2000, p. 6-7.
  9. ^ 公式ファンブック 2000, p. 20-21.
  10. ^ 公式ファンブック4 2004, p. 74-75.
  11. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 56-59.
  12. ^ 月刊コロコロコミック2000年3月号 2000, p. 12.
  13. ^ てれびくん2000年5月号 2000, p. 89-91.
  14. ^ 小学四年生2000年4月号 2000, p. 26-27.
  15. ^ てれびくん2000年6月号 2000, p. 33-35.
  16. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 16-23.
  17. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 28-35.
  18. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 36-39.
  19. ^ a b c d e f g h i j 公式ファンブック2 2001, p. 44-45.
  20. ^ a b 公式ファンブック2 2001, p. 50-60.
  21. ^ 『RZ-028 ブレードライガー』トミー、2000年3月発売、組立説明書。
  22. ^ 「ブレードライガーBS」『ゾイドバトルカードゲーム』トミー、月刊コロコロコミック2000年9月号付録カードの記述。
  23. ^ a b 「ブレードライガー・BaS」『ゾイドバトルカードゲーム エキサイティングブースター』トミー、2001年7月、収録カードの記述。
  24. ^ 月刊コロコロコミック2000年9月号 2000, p. 56.
  25. ^ ゾイドワイルドファンブック1 2019, p. 63.
  26. ^ a b c d 「ブレードライガーAB」『ゾイドバトルカードゲーム ブースターパックVOL.3』トミー、2000年11月、収録カードの記述。
  27. ^ a b c 『ゾイドカスタマイズパーツ CP-12 アタックブースターユニット』トミー、2000年9月28日発売、商品パッケージ。
  28. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 111.
  29. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 50-51.
  30. ^ ゾイドサーガII必勝攻略法 2003, p. 108.
  31. ^ a b c d e f g 月刊コロコロコミック2000年8月号 2000, p. 100-101.
  32. ^ PSソフト『ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国
  33. ^ a b c d e f g h i j k l 『ブレードライガーミラージュ』トミー、2003年3月27日発売、商品パッケージ。
  34. ^ a b c d e f g プロイツェンの反逆 2003, p. 59.
  35. ^ グレートメカニックDX13 2010, p. 88-95.
  36. ^ 公式ファンブック4 2004, p. 24-25.
  37. ^ a b c d e 『リミテッドエディション ブレードライガーミラージュ カノン仕様』トミー、ゾイドインフィニティ全国始動キャンペーン賞品(2004年)、パッケージ。
  38. ^ a b c d ゾイドエンサイクロペディア 2009, p. 68.
  39. ^ 「バスターブレード」『ゾイドバトルカードゲーム ブースターパックVOL.4』トミー、2001年3月、収録カードの記述。
  40. ^ a b c d e プロイツェンの反逆 2003, p. 62.
  41. ^ 公式ファンブック4 2004, p. 26.
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『スペシャルエディション ブレードライガーブラックインパクト』トミー、2004年9月、商品パッケージ。
  43. ^ a b c d e f g h i j k l ゾイド改造マニュアル 2001, p. 48-49.
  44. ^ a b c 「バーニングライガー」『ゾイドバトルカードゲーム』トミー、小学四年生2001年4月号応募者全員サービス、収録カードの記述。
  45. ^ 小学四年生2001年2月号 2001, p. 85-87.
  46. ^ a b c d e ゾイド改造パーフェクトブック 2000, p. 10-11.
  47. ^ a b c 小学三年生2000年6月号 2000, p. 25-27.
  48. ^ a b ゾイド改造マニュアル 2001, p. 55-56.
  49. ^ 小学三年生2000年10月号 2000, p. 13-16.
  50. ^ a b c d e ゾイド改造パーフェクトブック 2000, p. 4-5.
  51. ^ a b 小学六年生2000年7月号 2000, p. 47.
  52. ^ ゾイドバトルワールド 2000, p. 46.
  53. ^ 小学二年生2000年7月号 2000, p. 36.
  54. ^ a b c d ゾイドカスタマイズステッカー 2000, p. 6.
  55. ^ ゾイドバトルワールド 2000, p. 85-95.
  56. ^ a b 小学二年生2000年7月号 2000, p. 58-67.
  57. ^ 小学二年生2000年9月号 2000, p. 90-93.
  58. ^ a b c 小学二年生2000年8月号 2000, p. 52.
  59. ^ a b c d e ゾイドバトルカードハンター第3弾『ZW_3_015N ブレードライガー』(2019年7月、タカラトミーアーツ)
  60. ^ 第3弾ゾイドカード - ゾイドバトルカードハンター公式サイト
  61. ^ 『ゾイドワイルド バトルカードハンター』第3弾稼動開始!最新ゾイド「ビーストライガー」と旧世代ゾイド「ブレードライガー」も登場! - 電撃ホビーウェブ 2019年7月10日
  62. ^ ゾイドバトルカードハンター第3弾『ZW_3_002L ブレードライガーAB』(2019年7月、タカラトミーアーツ)
  63. ^ a b ゾイドバトルカードハンター第3弾『ZW_3_015R ブレードライガー』(2019年7月、タカラトミーアーツ)
  64. ^ ゾイドバトルカードハンター第3弾『ZW_3_015S ブレードライガー』(2019年7月、タカラトミーアーツ)
  65. ^ 月刊コロコロコミック2000年11月号 2000, p. 32-33.
  66. ^ a b c d 「ブレードライガー・KS」『ゾイドバトルカードゲーム ノートマップ』トミー、2000年10月、付属カードの記述。
  67. ^ ゾイドバトルカードゲームより。階級は設定されていなかったのか記載無し。
  68. ^ 公式ファンブック2 2001, p. 76.
  69. ^ 『ゾイドバトルカードゲーム ノートマップVol.1』トミー、2000年10月発売、付属ストーリー。


「ブレードライガー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブレードライガー」の関連用語

ブレードライガーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブレードライガーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブレードライガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS