ドイツ帝国銀行とは?

ドイツ帝国銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/13 00:46 UTC 版)

ドイツ帝国銀行(ドイツていこくぎんこう、: Reichsbank)は、1876年から1948年までベルリンに存在したドイツ中央銀行ライヒスバンクとも呼ばれる。


  1. ^ Leopold Joseph, The Evolution of German Banking, London, Charles & Edwin Layton, 1913, chapter 3.
  2. ^ 領邦鉄道ですら1919年のヴァイマル憲法により統一されていた。
  3. ^ 従来のマルク(金マルク)は発行しなくなった。
  4. ^ 加藤國彦 戦間期ライヒスバンクの金融政策の展開 2006年7月
  5. ^ 河邑厚徳 『エンデの遺言 根源からお金を問うこと』 NHK出版 2007年 140-142頁
  6. ^ 元BIS総裁レオン・フレイザーはロックフェラー家のファースト・ナショナル・バンク・オブ・ニューヨークを出身行としていたが、同行は国際決済銀行の主要株主であり、さらにBISの配当をアメリカで支払う窓口でもあった。
  7. ^ McKittrick Collection, Zusammenstellung über die Verwendung des der BIZ auftrags der Reichsbank von der Schweizerischen Nationalbank übertragenen Goldes von Walter Thiersch vom 33.10.1945.


「ドイツ帝国銀行」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドイツ帝国銀行」の関連用語

ドイツ帝国銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドイツ帝国銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドイツ帝国銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS