ナチス・ドイツの経済とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ナチス・ドイツの経済の意味・解説 

ナチス・ドイツの経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 19:17 UTC 版)

ナチス・ドイツの経済(ナチス・ドイツのけいざい)では、1933年から1945年までのドイツ、いわゆるナチス・ドイツ時代のドイツ経済について記述する。




  1. ^ 村上(2006:87)
  2. ^ 村上(2006:89)
  3. ^ 井代(1973:145-146)
  4. ^ 井代(1972:146)
  5. ^ 三ツ石(2006:50)
  6. ^ 高橋(2010:129)
  7. ^ 後藤(1982:85)
  8. ^ a b 中重(2006:54-55)
  9. ^ a b c 村上(2006:73)
  10. ^ 中重(2006:58)
  11. ^ a b 中重(2006:59)
  12. ^ 井代(1972:143)
  13. ^ 中村(1990:103)
  14. ^ 三ツ石(2009:50)
  15. ^ a b c d 三ツ石(2009:49)
  16. ^ 原(1987-5:27)
  17. ^ 村上(2006:61)
  18. ^ 中村(1990:115)
  19. ^ a b 村上(1993:64)
  20. ^ 柳澤(2010:163)
  21. ^ 柳澤(2010:170)
  22. ^ 柳澤(2007:4-5)
  23. ^ 柳澤(2007:7)
  24. ^ 川瀬(2005:29-30)
  25. ^ 川瀬(2005:28)
  26. ^ 中村(1993:66)
  27. ^ 村上(2006:65)
  28. ^ 川瀬(2005:30)
  29. ^ a b 中村(1993:66-68)
  30. ^ a b c d e 中村(1994:5)
  31. ^ 村上(2006:68)
  32. ^ 川瀬(2005:33)
  33. ^ 川瀬(2005:33-34)
  34. ^ 中村(1993:63)
  35. ^ 川瀬(2005:39)
  36. ^ a b 相沢(1982:540)
  37. ^ 中村(1993:69)
  38. ^ 村上(2006:69)
  39. ^ 村上(2006:72)
  40. ^ 原(1987-5:36-37)
  41. ^ 原(1987-9:118)
  42. ^ 原(1987-5:37-38)
  43. ^ 原(1987-5:38-40)
  44. ^ 村上(2006:76)
  45. ^ 大島通義 1986, pp. 70-71.
  46. ^ 村上(2006:77)
  47. ^ 大島通義 1986, pp. 71.
  48. ^ 三ツ石(2006:2)
  49. ^ a b c 三ツ石(2006:6)
  50. ^ 三ツ石(2006:14)
  51. ^ 堀内(2006:49)
  52. ^ 中村(1994:5-6)
  53. ^ a b 中村(1994:4)
  54. ^ 三ツ石(2009:71)
  55. ^ 村上(2007:73-74)
  56. ^ 村瀬(1975:366)
  57. ^ 工藤(2008:63)
  58. ^ a b c 工藤(2008:64)
  59. ^ 柳澤(2010:4)
  60. ^ 堀内(2006:49)
  61. ^ 堀内(2006:57-58)
  62. ^ 村瀬(1975:365)
  63. ^ 山口(1976:185)
  64. ^ 村瀬(1975:367)
  65. ^ 山口(1976:166)
  66. ^ 山口(1976:167)
  67. ^ 山本(2005:26)
  68. ^ 山本(2002:53)
  69. ^ 山本(2002:60)
  70. ^ 山本(2003:99)
  71. ^ 山本(2003:103-105)
  72. ^ 山本(2003:118)
  73. ^ 山本(2005:24)
  74. ^ 山本(2005:26)
  75. ^ 山本(2003:57)
  76. ^ 村瀬(1975:362)
  77. ^ 村瀬(1975:362-363)
  78. ^ 加藤(2006:91)
  79. ^ 1938年度の軍備費支出は、1937年度の1.58倍、ライヒ政府支出の50%に達していた(大島通義 1986, pp. 87)
  80. ^ 大島通義 1986, pp. 83.
  81. ^ 大島通義 1988, pp. 24-25.
  82. ^ 加藤(2006:90-91)
  83. ^ 大島通義 1988, pp. 26.
  84. ^ 大島通義 1988, pp. 29.
  85. ^ 中村(1994:10-11)
  86. ^ a b 木畑(1983:12)
  87. ^ 原(1987-5:23-24)
  88. ^ 原(1987-5:24)
  89. ^ 後藤(1982:209)
  90. ^ 原(1987-5:41)
  91. ^ 原(1987-5:42)
  92. ^ 原(1987-5:42-43)
  93. ^ 原(1987-5:43)
  94. ^ 村上(2007:83)
  95. ^ a b 原(1987-5:32)
  96. ^ 原(1987-5:30)
  97. ^ 原(1987-5:34)
  98. ^ 原(1987-5:35)
  99. ^ 原(1987-9:109)
  100. ^ 原(1987-9:111)
  101. ^ 中村(1990:117)
  102. ^ 原(1987-9:120)
  103. ^ 川瀬(2005:25)
  104. ^ 中村(1994:2)
  105. ^ 中村(1994:3)
  106. ^ 村上(2007:77)
  107. ^ a b 中村(1994:13)
  108. ^ 三ツ石(2009:51)。German Exchange Control 1931-1939 in ; TheQuarterly of Economics, Vol.54,No.4,Part 2,1940,p.140よりの引用。
  109. ^ a b 三ツ石(2009:51)
  110. ^ a b 三ツ石(2009:69-70)
  111. ^ 三ツ石(2009:70)
  112. ^ 三ツ石(2009:71)
  113. ^ 三ツ石(2009:50-51)
  114. ^ 三ツ石(2009:57)
  115. ^ 村上(2006:83)
  116. ^ 三ツ石(2009:56)
  117. ^ 三ツ石(2009:53-54)
  118. ^ 三ツ石(2009:56-58)
  119. ^ 三ツ石(2009:58)
  120. ^ 三ツ石(2009:69)
  121. ^ 三ツ石(2009:66)
  122. ^ 堀内(2006:48-49)
  123. ^ 三ツ石(2009:71)
  124. ^ 高橋(2007:186)
  125. ^ 高橋(2007:186-187)
  126. ^ 高橋(2007:187)
  127. ^ 高橋(2010:129)
  128. ^ 高橋(2007:188)
  129. ^ 高橋(2010:137)
  130. ^ 加藤(2012:26)
  131. ^ 加藤(2012:28)
  132. ^ 加藤(2012:24)
  133. ^ 川瀬(2005:30)
  134. ^ 原(1987-9:121、126)
  135. ^ 後藤(1982-9:206)
  136. ^ 川瀬(2005:34)
  137. ^ 堀内(2006:52)
  138. ^ 村上(2006:79)
  139. ^ 村上(2006:80)
  140. ^ 大島通義 1986, pp. 61.
  141. ^ 大島通義 1986, pp. 68.
  142. ^ 堀内(2006:52)
  143. ^ a b 大島通義 1988, pp. 12.
  144. ^ 村瀬(1975:368)
  145. ^ 工藤(1980:64)
  146. ^ 工藤(1980:65)
  147. ^ a b 鈴木(1985:163)
  148. ^ a b 工藤(1980:78)
  149. ^ 中村(1997:268)
  150. ^ 中村(1997:271)
  151. ^ 加藤(2006:92)
  152. ^ 加藤(2006:92-93)
  153. ^ 工藤(1980:72)
  154. ^ a b 工藤(1980:73)
  155. ^ a b 工藤(1980:72)
  156. ^ a b 工藤(1980:77)
  157. ^ 川瀬(1999:42)
  158. ^ 川瀬(1999:42-43)
  159. ^ 村瀬(1975:495)
  160. ^ 村瀬(1975:496)
  161. ^ 中村(1995:170)
  162. ^ 中村(1995:175)
  163. ^ a b c 工藤(1980:68)
  164. ^ 中村(1995:181)
  165. ^ 中村(1995:184-185)
  166. ^ a b 中村(1999:163)
  167. ^ 中村(1995:192)
  168. ^ 中村(1997:265-266)
  169. ^ 中村(1997:267-268)
  170. ^ 高橋(2005:28)
  171. ^ 中村(2002:6)
  172. ^ 中村(1999:162)
  173. ^ 中村(2002:1-2)
  174. ^ 工藤(1980:76)
  175. ^ 中村(2002:7)
  176. ^ 中村(2007:91)
  177. ^ 中村(2007:95)
  178. ^ 中村(2007:97)
  1. ^ 創設当時は兵器・弾薬省、1943年以降は軍需・軍事生産省
  2. ^ ただし、この時点においても政財界からの政治献金の圧倒的な量は反ナチ勢力に流れており、この時点でのナチ党財政の大半は党費収入によるものであったとヘンリー・アシュベイ・ターナー(en)は指摘している。ジョン・トーランド著、永井淳訳 『アドルフ・ヒトラー』(集英社文庫)2巻 ISBN 978-4087601817、95p
  3. ^ 1933年から1938年比。ただし、この間有数の石炭産出地ザール地方とオーストリアが領土に加わっている
  4. ^ 当初は「経済のアーリア化」という語が主に使われていたが、1939年3月以降には脱ユダヤ化に統一された。山本(2002:53)
  5. ^ R.J.Overy, War and Economy in the Third Reich(Oxford/New York,1994)のP.39よりの引用。川瀬(2005:26)
  6. ^ Bry,G.,Wages in Germany P239、327、塚本健『ナチス経済』273pよりの引用。村上(2006:69)
  7. ^ ラインハルトは当時の財務省次官フリッツ・ラインハルト(enからとられたものである)。
  8. ^ この結果、ライヒスバンク保持分以外にオーストリアやチェコスロバキアの政府、さらに個人備蓄分を接収したため、1930年代末のドイツ外貨準備は危機的な状況ではなかったとするアルブレヒト・リッチェル(de)やラルフ・バンケン(Ralf Banken)の説もある。三ツ石(2009:49)。
  9. ^ a b V.z.K. 14 Jahrg 1939/40 Heft 1,S.75,S.77 塚本健『ナチス経済』230pよりの引用。村上(2007:92)
  10. ^ 主な論者にゲルハルト・クロル(de)、アブラハム・バルカイ(en)、ミハエル・ウォルフゾーン(en、ユルゲン・シュテルツナー(Jürgen Stelzner)、リチャード・オーバリー(en:Richard Overy)、バートン・クライン(Burton Klein)、後藤俊明、原信芳。またニュルンベルク裁判でシャハトもこの路線の発言をしている。
  11. ^ 主な論者にヴォルフガング・ザウアー(Wolfgang Sauer)、ヴォルフラム・フィッシャー(de)、ロッテ・ツムベ(Lotte Zumpe)、大島通義
  12. ^ Kroll,G.,ibid S 571.(Europa Archiv, 20. 6. 1951, S 4129)塚本健『ナチス経済』250pよりの引用。村上(2007:79)
  13. ^ Schnejerson,A.I., Die Unterordung des bürgerlichen Staates unter die Monopole, S. 50.塚本健『ナチス経済』250pよりの引用。村上(2007:80)
  14. ^ L.o.N Monthly Bulletim Statistics 1938, No12 p.584-588、塚本健『ナチス経済』297pよりの引用。村上(2007:71)
  15. ^ Erbe,a.a.O.,S.34,48,51,54. P239、327、戸原四郎『恐慌論』323pよりの引用。村上(2006:76)。短期債残高には雇用創出債の金額も含む。
  16. ^ Erbe,a.a.O.,S.100,109、戸原四郎『恐慌論』322pよりの引用。村上(2006:79)。政府部門支出は軍事支出、民間設備投資は工業投資も含む
  17. ^ ただし、イタリア休戦後のイタリア人はソ連人とほぼ同じ扱いを受けた
  18. ^ Das Militärgeschchilice Forshungsamt (Hrsg.),Das Deutshe Rich und der Zweite Weltkring, Bd.5, Organisation und Mobilisierung des deutschen Machatbereichs, Erster Halbband Kriegsverwaltung, Wirtschaft und personelle Ressouren 1939-1941 von B.R.Kroener, R.F.Müller, H.Umbreit,Stuttgart 1988, S.523.よりの引用。中村(1995:169)
  19. ^ 毎年ごとにその時点でドイツ領土とされていた地域内で達成されたものを基礎とする。Das Militärgeschchilice Forshungsamt, a.a.O., S.582.よりの引用。中村(1995:170)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナチス・ドイツの経済」の関連用語

ナチス・ドイツの経済のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナチス・ドイツの経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナチス・ドイツの経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS