処方とは? わかりやすく解説

しょ‐ほう〔‐ハウ〕【処方】

読み方:しょほう

[名](スル)

物事処理する方法。処法。てだて。

医師患者病状に応じて薬の調合服用法指示すること。「解熱剤を—する」


処方箋、処方

【仮名】しょほうせん
原文prescription

医薬品その他の処置のために医師が出す指示のこと。

処方

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 2 宇宙のネロ
出版社理論社
刊行年月2001.12


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 23:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「処方」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「処方」を含むページの一覧/「処方」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「処方」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:54 UTC 版)

現像」の記事における「処方」の解説

単体薬品組み合わせて様々な現像液作られている。現像液製造会社及び銘柄により処方が異なり、また乾板フィルム印画紙で処方が各々指定されている物もかつては多かっただけでなく、タンク平皿でも処方が異なっていた。 以下に列挙するものは一部除いて足して1000 ml」で完成する処方の現像液である。なお調合使用する」は、一旦煮沸して溶け込んでいる空気追い出してから自然に冷ましたものを使うと良い調合際には処方に従い、その表記順に薬剤混和していくことを守らなければならない下記の表は処方通りの順に単表記されていないので、その点間違ってはいけない。また一つ薬剤完全に溶解してから次の薬剤投入しなければならず、これを守らない混濁などの故障引き起こし最初から新たに作り直すこととなるので注意が必要である。 以下は現像液処方例で、イーストマン・コダックイルフォード富士フイルムアグファ小西六写真工業オリエンタル写真工業三菱製紙代替現像液ビタミンC現像液コーヒー現像液など)、その他の順に列挙した

※この「処方」の解説は、「現像」の解説の一部です。
「処方」を含む「現像」の記事については、「現像」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 00:17 UTC 版)

アメリカニンジン」の記事における「処方」の解説

発見18世紀初頭遅く生薬として利用され歴史も浅いため、中国古典をもとに発展した日本漢方では、この生薬利用した処方は知られていない

※この「処方」の解説は、「アメリカニンジン」の解説の一部です。
「処方」を含む「アメリカニンジン」の記事については、「アメリカニンジン」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 15:28 UTC 版)

桂枝加苓朮附湯」の記事における「処方」の解説

桂枝湯桂枝芍薬大棗甘草生姜)を基本に蒼朮附子茯苓それぞれ適量加えたもの。

※この「処方」の解説は、「桂枝加苓朮附湯」の解説の一部です。
「処方」を含む「桂枝加苓朮附湯」の記事については、「桂枝加苓朮附湯」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 04:07 UTC 版)

イボガイン」の記事における「処方」の解説

古くイボガの根の皮を噛む方法で、イボガインなどの含有成分摂取していた。販売されている形態としては、イボガイン塩酸塩結晶インドラIndra)という抽出物知られる研究用には、結果ばらつき減らすために、純粋なアルカロイド形である塩酸塩好まれるインドラにはイボガの根が持つ13種のアルカロイド含まれると言われアフリカ民間伝承使われていた天然物に、より近い効果得られる

※この「処方」の解説は、「イボガイン」の解説の一部です。
「処方」を含む「イボガイン」の記事については、「イボガイン」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:51 UTC 版)

フェニレフリン」の記事における「処方」の解説

フェニレフリンアドレナリンα1受容体に対する選択性が高いので、頻脈をほとんど起こすことなく末梢血管抵抗増大させ、心臓に対して後負荷をかけて拡張期血圧収縮期血圧上昇させると同時に血流量を増やす。特に麻酔においては頻脈不整脈起こしやすい人に対して血圧上げるのにフェニレフリン有用であるフェニレフリン点眼薬瞳孔散大筋のα1受容体刺激するため散瞳薬として使用される毛様体筋のβ2受容体には作用せず水晶体径への影響がないため、開放隅角緑内障患者散瞳にも使用できる一方で散瞳結果隅角狭められ眼房水排出抑制されるため、閉塞隅角緑内障患者散瞳には使用できない

※この「処方」の解説は、「フェニレフリン」の解説の一部です。
「処方」を含む「フェニレフリン」の記事については、「フェニレフリン」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 10:02 UTC 版)

ブロンプトン・カクテル」の記事における「処方」の解説

ブロンプトン・カクテル準じたものに塩モルヒネ水溶液がある。モルヒネコカインアルコールシロップおよびクロロフォルム加えるが、コカイン鎮痛効果関係しないこと、アルコール味を嫌がる人もいることからモルヒネ単独水溶液使用されるようになっている処方例1 塩酸モルヒネ 20ミリグラムシロップ またはブドウ酒10ミリリットル 精製水 適量 全量60ミリリットルブドウ酒は、矯味矯臭または防腐目的である。また、シロップ苦み抑えるために配合する処方例2 (福岡大学塩酸モルヒネ 10ミリグラムシロップ 2ミリリットル 赤ワイン 1ミリリットル 以上に水を加えて10ミリリットルとする。これを6時間ごとに服用。ただし、この処方では1週間ほどたつと細菌により濁りが出るため、98パーセントエタノールを20ミリリットルにつき1.5ミリリットル割合添加する必要があるこうすると3週間変化せずそのままもつ[信頼性検証]。

※この「処方」の解説は、「ブロンプトン・カクテル」の解説の一部です。
「処方」を含む「ブロンプトン・カクテル」の記事については、「ブロンプトン・カクテル」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 04:32 UTC 版)

血の道症」の記事における「処方」の解説

日本において「血の道症」の効能効果有する医療用医薬品および一般用漢方処方は以下のとおり2008年10月現在)。 温清飲、黄連解毒湯加味逍遙散加味逍遙散川芎地黄加味逍遙散四物湯)、芎帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸桂枝茯苓丸薏苡仁、甲字湯、香蘇散柴胡桂枝乾姜湯、三黄散、三黄瀉心湯四物湯逍遙散(八味逍遙散)川芎調散、女神散、抑肝散抑肝散加陳皮半夏

※この「処方」の解説は、「血の道症」の解説の一部です。
「処方」を含む「血の道症」の記事については、「血の道症」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/28 22:45 UTC 版)

ドロキシドパ」の記事における「処方」の解説

低血圧広く用いられ例え神経性起立性低血圧とりわけパーキンソン病によるすくみ足や立ちくらみ有効であるまた、ダイアライザーによる人工透析により惹起される一過性の低血圧にも用いる。線維筋痛症慢性疲労症候群関連する低血圧にも使用する

※この「処方」の解説は、「ドロキシドパ」の解説の一部です。
「処方」を含む「ドロキシドパ」の記事については、「ドロキシドパ」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 14:10 UTC 版)

定着液 (写真現像)」の記事における「処方」の解説

現像液と同様定着液各社から様々な処方公表されている。また現像液とは異なり個人でも入手しやすい薬品を主に用いるので、調合だけでなくアレンジなどもし易い以下に主な処方を列挙するが、「最後に水を加えて総量1000ml」するのは現像液のそれと変わらない。 名称(50)ハイポ無水亜硫酸ソーダハイポ定着液 750ml 200~250g (30g) 定着作用のみを求め得るのであればハイポ2025%溶液で事は足りるが、一回毎に調合し廃棄しなければならず、不経済である。なので反復使用するであれば無水亜硫酸ソーダを30g加える事。ただしいずれの場合も硬膜化作用に乏しいため、場合によってはフィルム膜に縮れヒビ剥がれ削げなどの故障発生する イーストマン・コダック型番名称(50)ハイポ塩化アンモニウム無水亜硫酸ソーダメタ重亜硫酸カリウム(メタカリ)メタホウ酸ナトリウム氷醋酸酢酸(28%)ホウ酸(結晶)ホウ酸ミョウバンホウ砂F-5 酸性硬膜定着液 600ml 240g 15g 13.3ml 7.5g 15g コダックF-1定着液白濁し易い欠点改善したものである安定性高く夏季28を超えても尚白濁する事は無い。硬膜力も長く持続する印画紙は向かない F-6 無臭酸性硬膜定着液 600ml 240g 15g 15g(原処方ではコダルク15g) 48ml 15g 乾板フィルム及び印画紙定着液だが、コダック指定処方SB-1停止液併用しなければならない酢酸(28%)は氷酢酸3に水8割合混合して作る F-7 迅速定着液 600ml 360g 50g 15g 48ml 7.5g 15g F-5よりはるかに定着作用迅速で定着能力大きい。酢酸(28%)は氷酢酸3に水8割合混合して作る F-10アルカリ性現像液併用(モノクロリバーサル用)定着液 500ml 330g 7.5g 30g(原処方ではコダルク30g) 72ml 22.5g 水温25に保つ事。定着時間1015分だが、15分以上かかるようであれば廃棄しなければならない酢酸(28%)は氷酢酸3に水8割合混合して作る F-24 非硬膜酸性定着液 500ml 240g 15g 25g 特に硬膜化を必要としない場合使用する乾板フィルム印画紙いずれにも使用できる (型番なし) 強硬酸性定着液 700ml 250g 15g 13.3ml 15~30g 12.5g コダックからF-5と共に公表された処方ではある指定になっていないので型番附されていないミョウバン末は夏季は30g冬季は15gで調合する 名称(50)ハイポ塩化アンモニウム無水亜硫酸ソーダ氷醋酸ミョウバンホウ砂超硬酸性定着液 750ml 250g(200g) (50g) 15g 12.5ml 30g 7.5g 強力な硬膜化作用を有し、これで定着施せば爪で引っ掻いても瑕が附く事はまず無い。定着時間15分長い為、迅速求める時はハイポを200gに減らし塩化アンモニウムを50g加える事で迅速化計れる 名称(50)ハイポ無水亜硫酸ソーダ氷醋酸クエン酸酸性硬膜定着液 750ml 250g 30g (14ml) 14g 通常クエン酸調合するが、氷酢酸でも良い

※この「処方」の解説は、「定着液 (写真現像)」の解説の一部です。
「処方」を含む「定着液 (写真現像)」の記事については、「定着液 (写真現像)」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 09:58 UTC 版)

LB培地」の記事における「処方」の解説

LB培地基本処方は次の通りであり、これによりアミノ酸ビタミンミネラル微量元素などに富んだ培地構成されるトリプトン 1% (w/v) 酵母エキス 0.5% (w/v) 塩化ナトリウム 1% (w/v) 塩濃度の違う複数の処方が知られている抗生物質中には塩濃度影響を受けるものがあり、細菌によっては浸透圧の影響を受けるものもあるので、適切な処方を選ぶ必要があることもある。またベルターニによる原処方では0.1% (w/v) のグルコース加えていた。 Miller 1% (w/v) Lennox 0.5% (w/v) Luria 0.05% (w/v) 水酸化ナトリウム用いて pH調整することが多いが、緩衝能期待できないため実際にはあまり意味がない。もし pH維持することが必要ならばトリスなどの緩衝剤加え必要がある。しかし細増殖している条件では緩衝剤入れたところでその効果ほとんどないという意見もある。分子生物学分野使用する場合には pH調整自体不要考えることもできる。 寒天培地として用い際に1.5% (w/v) のアガー加えるのが一般的

※この「処方」の解説は、「LB培地」の解説の一部です。
「処方」を含む「LB培地」の記事については、「LB培地」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 01:15 UTC 版)

性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の記事における「処方」の解説

GnRHゴナドレリン塩酸塩(Factrel)として注射して使われる研究によって、これが注入ポンプシステムを通して視床下部性性腺機能低下症患者排卵誘発させる事が明らかになった。

※この「処方」の解説は、「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の解説の一部です。
「処方」を含む「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の記事については、「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 08:28 UTC 版)

紫雲膏」の記事における「処方」の解説

日本国内製剤として販売されている紫雲膏シコントウキゴマ油豚脂ミツロウ(黄)またはサラシミツロウ(白蝋)を成分とする。一般用医薬品としての一般用漢方製剤承認基準における成分分量以下のとおりである。 シコン100 - 120 トウキ60 - 100 豚脂20 - 30 ミツロウ300 - 400 ゴマ油1000

※この「処方」の解説は、「紫雲膏」の解説の一部です。
「処方」を含む「紫雲膏」の記事については、「紫雲膏」の概要を参照ください。


処方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 07:35 UTC 版)

大柴胡湯」の記事における「処方」の解説

柴胡黄芩芍薬大棗半夏生薑枳實大黄 以上の薬味を、半量になるまで煎じ、かすを濾し後さらに半分になるまで煮詰める柴胡、黄今、芍薬大棗半夏生薑枳実の7味からなるのが『傷寒論』の大柴胡湯。これに大黄加えた8味が『金匱要略』の大柴胡湯。『傷寒論の別伝本である『金匱玉函経』の大柴胡湯も、大黄加わった8味である。便通の状態により、大黄抜いた7味でも応用され、これを大柴胡湯大黄呼んで区別する大黄はその瀉下作用から攻撃的薬物とされ、大黄を含むか否かが、「大柴胡湯」の名にもかかわる大きな違いである。そのため、1065年初めて『傷寒論』を校訂出版した億らは、「もし大黄加わらねば、恐らく大柴胡湯たらず」という注釈を『傷寒論』に記した柴胡 黄芩 芍薬- 鎮痛作用 大棗 半夏 生枳實 大黄

※この「処方」の解説は、「大柴胡湯」の解説の一部です。
「処方」を含む「大柴胡湯」の記事については、「大柴胡湯」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「処方」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

処方

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:03 UTC 版)

名詞

しょほう

  1. 物事処置する方法
  2. 医師患者与える調合服用法を指示すること。

発音(?)

しょ↗ほー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
処方-する

「処方」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

処方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



処方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの処方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの現像 (改訂履歴)、アメリカニンジン (改訂履歴)、桂枝加苓朮附湯 (改訂履歴)、イボガイン (改訂履歴)、フェニレフリン (改訂履歴)、ブロンプトン・カクテル (改訂履歴)、血の道症 (改訂履歴)、ドロキシドパ (改訂履歴)、定着液 (写真現像) (改訂履歴)、LB培地 (改訂履歴)、性腺刺激ホルモン放出ホルモン (改訂履歴)、紫雲膏 (改訂履歴)、大柴胡湯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの処方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS