甲状腺機能低下性ミオパチーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > ミオパチー > 甲状腺機能低下性ミオパチーの意味・解説 

甲状腺機能低下性ミオパチー

学名hypothyroid myopathy

甲状腺機能低下患者に、時に近位優位筋力低下、易疲労をみることがあります。また筋強直筋痛をしばしばともないます。筋の肥大を伴うこともありそれはHoffman症候群とよばれています。腱反射緩徐で、筋をハンマー叩打すると、筋強直性ジストロフィー時のような筋の局所的な膨隆をみ、これはmounding
現象といわれています。
先天性クレチン病)及び小児期から甲状腺機能低下があって、四肢筋の肥大をみるものはKocher-Debre-Semelaigne症候群呼ばれています。
血清クレアチンキナーゼCK)値は上昇します。筋生検では特記すべき異常はなく、診断所見欠けます。



甲状腺機能低下性ミオパチーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「甲状腺機能低下性ミオパチー」の関連用語

甲状腺機能低下性ミオパチーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



甲状腺機能低下性ミオパチーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本筋ジストロフィー協会日本筋ジストロフィー協会
Copyright (C) Japan Muscular Dystrophy Association,Corp. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS