グルコアミラーゼとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > アミラーゼ > グルコアミラーゼの意味・解説 

グルコアミラーゼ(ぐるこあみらーぜ)


アミラーゼ

(グルコアミラーゼ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 07:11 UTC 版)

アミラーゼは1833年、フランス生化学者アンセルム・ペイアン (Anselme Payen) とジャン・ペルソー (Jean F. Persoz) が大麦の芽から取り出し、「切り離す」を意味するギリシア語“διαστασις” より「ジ(ヂ)アスターゼ」と命名された。これが酵素の初めての単離である。


  1. ^ アメリカでもそのように呼ばれていた。合衆国生まれのロジャー・パルバースは小さい頃にお腹が痛くなると母親から“Take a diastase.”と言われたという。“Taka-Diastase”をそう呼んでいたのだ(『もし、日本という国がなかったら』集英社インターナショナル 2011年p.248)。
  2. ^ 夏目漱石 『吾輩ハ猫デアル』 上巻、大倉書店、1905年。119頁。
  3. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。29頁。φ
  4. ^ EC 3.2.1.1
  5. ^ EC 3.2.1.2
  6. ^ EC 3.2.1.3
  7. ^ EC 3.2.1.68


「アミラーゼ」の続きの解説一覧



グルコアミラーゼと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グルコアミラーゼ」の関連用語

グルコアミラーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グルコアミラーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2019 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアミラーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS