悪性貧血とは?

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)

胃の疾患や、旺盛な発育妊娠炎症などによる、ビタミンB12葉酸の不足から、正常な赤血球形成されない病気
通常は、骨髄の中で「赤芽球せきがきゅう赤血球母細胞)」が細胞分裂繰り返し成熟し、赤血球になります。この過程で、ビタミンB12葉酸が不足すると、赤血球なれない巨大赤芽球がふえるために貧血となります。
昔は原因がわからず、経過悪性死亡する人も多かったので「悪性貧血」とよばれていましたが、現在ではこの病名は使われません。


悪性貧血

【仮名】あくせいひんけつ
原文pernicious anemia

貧血赤血球の数が減少した状態)の一種で、体がビタミンb12吸収できないことが原因で起こるもの。

悪性貧血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/25 06:35 UTC 版)

悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による内因子の低下によりビタミンB12が欠乏することで生じる貧血巨赤芽球性貧血の一種。




「悪性貧血」の続きの解説一覧



悪性貧血と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪性貧血」の関連用語

悪性貧血のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



悪性貧血のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪性貧血 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS