平均赤血球容積とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 血液用語 > 平均赤血球容積の意味・解説 

平均赤血球容積(MCV) ( Mean Corpuscular Hemoglobin )

赤血球含まれるヘモグロビンの値を絶対値平均化した値のこと。貧血有無を知るもっともポピュラーなめやすとなっています。

平均赤血球容積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/22 15:50 UTC 版)

平均赤血球容積へいきんせっけっきゅうようせき: Mean Corpuscular Volume; MCV)は、血液検査の項目のひとつ。赤血球の大きさを表し、単位はfl(フェムトリットル)である。


  1. ^ 森 眞由美、高齢者の貧血をどう診るか、日本老年医学会雑誌 Vol. 45 (2008) No. 6
  2. ^ 松田 晃、2. 巨赤芽球性貧血、日本内科学会雑誌 Vol. 95 (2006) No. 10


「平均赤血球容積」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平均赤血球容積」の関連用語

平均赤血球容積のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平均赤血球容積のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平均赤血球容積 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS