EDXとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > EDXの意味・解説 

edX

読み方エデックス
【英】edx.org

edXとは、マサチューセッツ工科大学MIT)とハーバード大学中心として立ち上げられたMOOC大規模公開オンライン講座)のプラットフォームである。

edXの前身2012年3月マサチューセッツ工科大が開始したMOOCプラットフォーム「MITx」である。MITxは非営利団体「xConsortium」が運営するオープンソースプラットフォーム「edX」として、2012年秋学期より非営利プロジェクトとして正式に開始された。

MITハーバード大学の他に、ボストン大学カリフォルニア大学バークレー校北京大学ソウル大学校京都大学などが、edXに参加している。

MOOCプラットフォームとしてはedXの他に「Coursera」などもよく知られている。Courseraスタンフォード大学中心となり立ち上げられたプロジェクトで、東京大学参加表明している。


参照リンク
edX
日本で最初にedXのコンソーシアムに参加しました。 - (京都大学 2013年5月21日
情報と社会のほかの用語一覧
教育:  CoNETS  eラーニング  EDUCAUSE  edX  FUFU  iTunes U  ICT4D

エネルギー分散X線分光法 EDS,EDX: energy dispersive X-ray spectrometry

エネルギー分散形X線分光器を使ったX線分光法分析元素範囲はB〜Uである。全元素範囲同時分析ができる、分析時のプローブ電流小さくて済むなどの特長もあるが、エネルギー分解能検出限界などではWDSの方が有利である。SEMでの元素分析は、ほとんどがこの方法による。

関連する用語

エネルギー分散形X線分光器 EDS,EDX: energy dispersive X-ray spectrometer


EDX

分子式C22H25N7O5
その他の名称:10-エチル-10-デアザアミノプテリン、10-Ethyl-10-deazaaminopterin、N-[4-[1-[(2,4-Diaminopteridin-6-yl)methyl]propyl]benzoyl]-L-glutamic acidエダトレキサートEdatrexate、エダトレキセート、EDX、10-Ethyl-10-deazaaminopterine、(S)-2-[4-[1-[(2,4-Diaminopteridin-6-yl)methyl]propyl]benzoylamino]pentanedioic acid
体系名:N-[4-[1-[(2,4-ジアミノ-6-プテリジニル)メチル]プロピル]ベンゾイル]-L-グルタミン酸、N-[4-[1-エチル-2-(2,4-ジアミノプテリジン-6-イル)エチル]ベンゾイル]-L-グルタミン酸、N-[4-[1-[(2,4-ジアミノプテリジン-6-イル)メチル]プロピル]ベンゾイル]-L-グルタミン酸、(S)-2-[4-[1-[(2,4-ジアミノプテリジン-6-イル)メチル]プロピル]ベンゾイルアミノ]ペンタン二酸


EDX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/22 11:08 UTC 版)

  • エネルギー分散型X線分析(Energy Dispersive X-ray spectrometry)
  • ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学のオンライン教育プラットフォーム(edX)
  • IA-32(マイクロプロセッサのアーキテクチャ)のデータレジスタ

エデックス

(EDX から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/25 03:13 UTC 版)

edX
エデックスのロゴ
URL www.edx.org
使用言語 英語
タイプ オンライン教育
運営者 マサチューセッツ工科大学とハーバード大学
設立者 マサチューセッツ工科大学ハーバード大学
アレクサ
ランキング
増加 9,355 (January 2013)[1]
営利性 非営利
登録 必要
設立日 April 2012
現状 活動中

エデックスedX)とは、マサチューセッツ工科大学ハーバード大学によって創立されたMassive open online courseのプラットフォームであり、世界中の学生に無償で、多岐な分野にわたる大学レベルの授業を無償で提供している。両大学がそれぞれ3千万ドルをこの非営利のプロジェクトに貢献している。2011年12月にマサチューセッツ工科大学によって創立されたより小規模のMITxの発展した形であり、2012年秋に開始した[2]

この学びの場は、オープンソースの形で開発される予定であり、同じような内容を提供したいと考えている高等教育機関にもアクセスをできるようにする。他の大学も、エデックスを通じて授業を公開できるようにする計画もある。狙いは、オンライン学習ソフトをただのビデオ講義を越え、より交流型のものへと進化させることにある[3]。授業の終了には、わずかな料金で手に入る証明書が発行されるが、大学の単位は検討していない。マサチューセッツ工科大学・ハーバード大学のどちらの学生も、これらのオンラインの授業を単位として取ることは許されないが、これらの授業を通じて学びをより豊かなものにできるようにと考えられている[3]。教育を提供することに加え、このプロジェクトは学習遠隔教育の研究にも貢献をする[3][4][5]

マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学・電子工学のAnant Agarwal教授とハーバード大学のAlan M. Garber学長とともにリーダーを務め、コンピュータ科学者で副学長であるマイケル・スミス教授がハーバード大学の貢献を調整する。2012年秋には、7つの授業がまず教えられた[4]。どのように継続可能な形で運営していくか、現在検討中である[5]

2013年5月に京都大学が日本の大学として初めて参加した[6][7]

関連項目

参考

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「EDX」の関連用語

EDXのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デュアルレーザートラッキングテクノロジー

Microsoft Expression Design

地球シミュレータ

iPad mini

ポケモンGO

Logic Pro X

Wi-Fi STATION N-01H

Xperia XZ SO-01J





EDXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリedXの記事を利用しております。
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2017 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのEDX (改訂履歴)、エデックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS