完成までとは? わかりやすく解説

完成まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 05:55 UTC 版)

エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」の記事における「完成まで」の解説

エイセ・エイシンガは、1744年にドロンリプ(英語版)の羊毛梳毛業者の家に生まれ1768年結婚して独立し、フラーネカーに移り住ん羊毛梳毛業を営んだ。エイシンガは、公教育初等教育しか受けていなかったが、数学天文学並々ならぬ関心を持っており、少年時代から、週に一度はフラーネカーに通ってユークリッド原論学び数学天文学に関する本の執筆もしていた。また、レーワルデン数学者装置開発者ヴィツェ・フォプス(ドイツ語版)に影響を受け、その金星太陽面通過観測立ち合い装置作成天体観測にも関心深めていった。 1774年惑星会合を経て、エイシンガが作ろう決めた装置は、誰もがみて惑星運動直観的に理解できるように機械で動く太陽系縮尺し模型、即ちプラネタリウムであった現代では、プラネタリウムといえば半球型の天井投影した星空眺める、投影式プラネタリウムのことだが、元々は「惑星」を意味する"planet"と「場所」を意味する"arium"が合体した言葉であって、エイシンガの時代機械式惑星運行儀のことであったその頃プラネタリウムほとんどは卓上型の装置であったが、エイシンガのプラネタリウム自宅居間天井大規模な装置据え付ける独創的なものであった。 エイシンガは、1774年プラネタリウムの製作を開始したが、本業に加えて、市の参事会員仕事もしていたので、その作業全て空き時間に行うこととなり、7年がかりの作業となったプラネタリウムについて予備知識もほとんど持たないところから計算製図を始め一部部品の製作を父親に、時計仕掛け心臓部となる真鍮製のぜんまい時計職人に依頼した他は、全ての車輪歯車1万本に及ぶ歯車用の釘などをエイシンガ自身の手で作成した。エイシンガは、居間天井下にもう一つ天井設け、その見せかけの天井プラネタリウム作り両者間にある天井裏」にプラネタリウム作動させる時計仕掛け組み込んだ当初エイシンガは、最適な長さ振り子動かすため、居間隣接する作り付け寝台の上に穴を開けて、そこを振り子振れるように設計していたが、これは妻の猛反対にあい、振り子短くして歯車なども設計し直す、といったこともあった。それでも、1778年には機械部分作動させられるところまでこぎ着け1780年2月には塗装など外観に関する部分以外が仕上がり1781年5月全ての作業終えプラネタリウム完成したプラネタリウム機械部分完成した直後、フラーネカーにあった大学哲学教授をしていた数学者ヤン・ヘンドリク・ファン・スウィンデン(英語版)が、エイシンガが作っている装置の噂を聞きつけ見学訪れたプラネタリウム詳しく調べたファン・スウィンデンは、1ヶ月後にも再び訪れ、エイシンガのプラネタリウム如何に優れたものかを理解すると、このプラネタリウム説明知人達に書き送り、更に解説書まで書き上げてその年の内、エイシンガがプラネタリウム塗装終え前に発表した。ファン・スウィンデンの本が世に出ると、エイシンガの家には来訪者が引きも切らなくなり作業邪魔されないためにエイシンガは、一部友人学者除き来客締め出さざるを得なくなった。しかし、プラネタリウム完成する一転、エイシンガはあらゆる人に門戸開き近隣の人々だけでなく、国中から旅をしてまで訪れ人々現れた。 エイシンガは、プラネタリウム完成しても、自身の計画完結したとは考えておらず、その後も細かい改良加えていった。また、1784年には自身の手による豊富な図解付き説明書執筆し二人の息子遺している。

※この「完成まで」の解説は、「エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」の解説の一部です。
「完成まで」を含む「エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」の記事については、「エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」の概要を参照ください。


完成まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 06:26 UTC 版)

地獄の黙示録」の記事における「完成まで」の解説

制作発表時ベトナム戦争アメリカ及びアメリカ軍批判的に扱った最初の映画として物議を醸したが、スケジュール遅延キャスティング面でトラブルコッポラ完璧主義によって、撮影編集異常に長引いてしまった。撮影17週間予定61週間1976年3月から1977年5月)にも延び編集にも2年余り時間掛けられた。同様にベトナム戦争題材にし、この映画後から制作始まったディア・ハンターの方先に公開されたほどである。 撮影終了後1978年1月制作会社ゾエトロープ社は作家マイケル・ハー電話しハーの『ディスパッチズ』(1977年)に基づいたナレーション書いてもらうよう依頼したハーは、自著書かれ言葉など「まったく使い物にならない」と答え、それからコッポラと共に1年かけて最終稿完成させた。 映画完成が遅れるに伴って映画制作費当初の予定大幅に上回る結果となった最初の予算1200ドル当時の日本円で約35億円)だったが、実際に掛かったのは3100ドル(約90億円)だった。そのうち1600ドル(約46億円)は、ユナイテッド・アーティスツ社が全米配給引きかえ出資したが、残りはこの映画自分の思いのままに作りたかったコッポラ自分で出した資金一部は、日本の配給元でもある日本ヘラルドから支援されたともいわれるコッポラの妻エレノア・コッポラは、後に撮影手記ノーツ - コッポラ黙示録』を出版したまた、彼女が撮影舞台裏撮影したビデオや録音テープスタッフキャストへのインタビュー加えたドキュメンタリー映画ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録』(原題Hearts of Darkness: A Filmmaker's Apocalypse )が1991年11月公開された当時制作現場が、いかに「戦場」のようであったかが窺える記録映画となっている。

※この「完成まで」の解説は、「地獄の黙示録」の解説の一部です。
「完成まで」を含む「地獄の黙示録」の記事については、「地獄の黙示録」の概要を参照ください。


完成まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:01 UTC 版)

ダビデ像 (ミケランジェロ)」の記事における「完成まで」の解説

ミケランジェロダビデ像歴史は、制作期間1501年から1504年)をはるかにさかのぼり、その始まり1464年まで辿ることができる。当時サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会運営権を担う大聖堂造営局は、実質的にフィレンツェ羊毛組合英語版)が握っていた。大聖堂ドゥオーモ)の建築には140年以上を要したため司教途中で費用支払えなくなり、この組合代わりにそれを請け負っためであるフィレンツェ羊毛組合は、かねてよりこの大聖堂バットレス控え壁)に旧約聖書題材とした12からなる巨大な彫像連作を飾るという計画立てており、すでに何人か彫刻家発注もしていた。この計画の背景には、15世紀初頭からミラノ公国をはじめとする外部脅威迫っていたため、聖書中聖人伝説中の英雄の像を大聖堂飾りフィレンツェ興国気運高めようの配慮があった。しかし、1463年時点で完成していたのはドナテッロによる「預言者」像とその弟子アゴスティーノ・ディ・ドゥッチオ(英語版)による「ヘラクレス」像の2作だけであった(この2作は、いずれものちに壊されていて現存しない)。この計画何としても進めるため、大聖堂造営局は同1463年アゴスティーノと再契約しダビデ像制作するという言質取りつけた。しかしアゴスティーノは、像の脚部と胸部や衣服概観大まかに作り、脚と脚のあいだに隙間空けるところまで制作進行させたが、師ドナテッロ死去した1466年理由不明ながらも制作中断し契約破棄してしまった。大聖堂造営局は、アゴスティーノ未完成品を仕上げるようアントニオ・ロッセリーノ(英語版)に依頼したロッセリーノ契約もやがて破棄されイタリア北部都市カッラーラ採石場から運ばれ大理石の塊は大聖堂事業監督所に25年ものあい吹きさらしのまま放置されることとなった。たとえ素材のままではあれ、値段もさることながらフィレンツェまで運ぶのに莫大な人件費輸送費がかかる巨大な大理石飾っておくことは、大聖堂造営局の威信高め効果あったからである。1500年作成され大聖堂事業監督所の在庫目録には「荒く輪郭描かれたまま仰向けの状態で放置されたダビデ』と呼ばれる大理石像」と表現されている。翌年書かれ文書では、造営局がこの巨大な大理石の塊を作品として完成させることのできる芸術家探す決意したことが示されている。造営局は、招いた芸術家に『巨人像』(完成後『ダビデ』の名が定着するまではたんにこうも呼ばれていた)を調べて意見述べてもらうためにこれを立たせるよう指示を出したレオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ何人か芸術家打診されたが、造営局は26歳若きミケランジェロ委託することを決定した1501年8月16日ミケランジェロはこの困難な仕事引き受け契約正式に交わし、翌9月9日から約3年にわたる制作第一歩踏み出したミケランジェロ好奇視線さらされながら作業することを嫌い、土台大理石周り仕切り囲って極秘裏に作業続けたフィレンツェ市長視察来たときには中に入れざるをえなかったが、このときミケランジェロ作業台一番上登り大理石打ち付けずの背だけを叩いて音を出し手の中握った大理石粉末市長鼻先散らすことで作業をしている振りをしてごまかした市長が「いま自分はこの像に命が吹き込まれる瞬間目の当たりにしたのだな」と感動しながら帰って行くのを見てほくそえんでいたというエピソードジョルジョ・ヴァザーリ書き残している。この作品のために描かれ素描スケッチもほとんどがミケランジェロ自身の手によって焼却処分に付された。 1503年から翌年にかけては他の仕事の依頼入ったために作業がやや停滞している。上記のような秘密裏作業ピエタ制作にあたり大理石採掘に自ら立ち会ったという逸話からも見て取れる通りミケランジェロ作品制作する過程のすべてに直接関与し己れの全精力を傾けることによって己れの全個性作品のうちに刻み込むという芸術家としてポリシーをもっていたため、複数の作品同時進行制作しなかった。そのため、断りきれない他の仕事が入るとそれまで仕事中断せざるをえなかったのである。こうした別件委嘱のうちの一つに、フィレンツェ当局のために制作したもう一つダビデ像がある。正式な契約相手はピエール・ド・ロアン元帥で、この人物がフィレンツェ市庁舎ドナテッロの『ダビデ像』を模したブロンズダビデ像寄贈するため1502年8月ミケランジェロ依頼したのである。しかし、1504年ロアン元帥失脚したためこの契約破棄されミケランジェロ鋳造まで終えていながら仕上げ放棄してしまった。1508年にこのブロンズ像はベネット・ダ・ロヴェツァーノが完成させてフランスのフロリモン・ロベルトの手渡ったが、17世紀以降行方不明となっている。 彫刻完成近づいた1504年1月25日フィレンツェ市当局レオナルド・ダ・ヴィンチボッティチェリを含むフィレンツェ芸術家たちによる協議会設け、この像を設置するのに最もふさわしい場所決めための会合を開いた市民士気を高めるという意義背負ったこの像を最も適切な所に置くことはもはや市当局政策の一環であり、ミケランジェロ個人の手離れた問題となっていたためであるしたがっ当初の計画通りに大聖堂もしくはその近くに置くべきと主張したボッティチェリらはむしろ少数派であったジュリアーノ・ダ・サンガッロ屋外に置くと大理石損傷するおそれがあるためシニョリーア広場にあるランツィの回廊ロッジア・ディ・ランツィ)を提案したダ・ヴィンチピエロ・ディ・コジモらの賛同得たこの意見多数占めたが、市政長官同じくシニョリーア広場面した市庁舎ヴェッキオ宮殿)の正面入口脇に置くという裁定下した

※この「完成まで」の解説は、「ダビデ像 (ミケランジェロ)」の解説の一部です。
「完成まで」を含む「ダビデ像 (ミケランジェロ)」の記事については、「ダビデ像 (ミケランジェロ)」の概要を参照ください。


完成まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 02:54 UTC 版)

ピエタ (ミケランジェロ)」の記事における「完成まで」の解説

ミケランジェロ故郷フィレンツェ政情不安芸術中心地ローマへ関心からフィレンツェ離れて1496年以来ローマ滞在しこの地でリアリオ枢機卿のために『バッカス』の彫像などを制作していた。ある時ミケランジェロのもとへ、同地大使として派遣されていた元サン・ドニ修道院長フランス人枢機卿ジャン・ド・ビレール・ド・ラグロラからピエタ制作依頼入った枢機卿自分の葬儀記念のためのピエタ像を求めていたのである1498年8月27日枢機卿ミケランジェロ金貨450ドゥカーティ報酬契約交わした同年12月ミケランジェロはみずから石切り場出向いて大理石手に入れ制作開始した枢機卿定めた制作期限1499年8月であったこの月6日枢機卿死去した)が、ミケランジェロがこれに間に合わせることができたのかどうか定かではないミケランジェロその後1501年5月フィレンツェへ戻るが、その間作られた作品わずかに未完成の絵画一点のみであることから、少なくとも1500年までは大作ピエタのために忙殺されていたのだろうという推測一般的である。 イエス・キリスト亡骸抱き悲嘆に暮れる聖母マリアという題材は、フィレンツェ画家たちには先例があったが、彫刻取り上げられるのはきわめて斬新なことであった。しかし北方とりわけ枢機卿故郷フランスドイツでは伝統的にピエタ木像作られ聖金曜日典礼などで用いられていた。またボローニャサン・ドメニコ教会にはドイツ人の手になるピエタ像があることから、制作に際してミケランジェロこれらの作品念頭に置いていたかもしれないことは充分に推測可能であるこれらの先例独特の手法消化吸収しながらミケランジェロ彫鏤重ねた

※この「完成まで」の解説は、「ピエタ (ミケランジェロ)」の解説の一部です。
「完成まで」を含む「ピエタ (ミケランジェロ)」の記事については、「ピエタ (ミケランジェロ)」の概要を参照ください。


完成まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 17:21 UTC 版)

能代 (軽巡洋艦)」の記事における「完成まで」の解説

阿賀野型軽巡洋艦4隻のうち3隻(阿賀野矢矧酒匂)は佐世保海軍工廠建造され能代のみ横須賀海軍工廠での建造である。仮称133号艦(能代)は、1941年昭和16年9月4日横須賀海軍工廠起工1942年昭和17年5月15日能代命名同日附で島風型駆逐艦島風秋月型駆逐艦5番新月命名された。7月19日昭和天皇名代として伏見宮博恭王臨席のもと、第133号艦は進水同日附で呉鎮守府籍。8月20日阿賀野型2隻(能代矢矧)は二等巡洋艦阿賀野型として類別される1943年昭和18年5月1日日本海軍初春型駆逐艦1番初春初代艦長巡洋艦那珂長良青葉艦長大淀艤装員長等を歴任した田原嘉興大佐能代艤装員長任命する5月20日田原大佐(能代艤装員長)は制式能代艦長初代)となる。主な初代幹部は、副長青砥二中佐、航海長山内正中佐引続き戦艦山城航海長兼務)、機関長岡村徳太郎中佐運用阿部了夫大尉6月5日山内正中佐山城航海長能代航海長)は能代航海長免じられ、石飛少佐臨時名取航海長)が能代航海長補職。また空母龍鳳砲術長小屋増男少佐能代砲術長任命される6月14日能代艤装事務所撤去6月30日竣工同日第一艦隊附属となる。

※この「完成まで」の解説は、「能代 (軽巡洋艦)」の解説の一部です。
「完成まで」を含む「能代 (軽巡洋艦)」の記事については、「能代 (軽巡洋艦)」の概要を参照ください。


完成まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 17:07 UTC 版)

沖波 (駆逐艦)」の記事における「完成まで」の解説

夕雲型駆逐艦沖波おきなみ)は1942年度(マル急計画仮称342号艦として舞鶴海軍工廠建造されることになり、1942年昭和17年8月5日起工した1943年昭和18年5月25日沖波姉妹艦(岸波、朝霜)や海防艦2隻(御蔵平戸)、標的艦波勝と共に命名された。3隻(沖波、岸波、朝霜)は同日附で一等駆逐艦夕雲型に登録。7月18日沖波進水した11月6日日本海軍鴻型水雷艇水雷艇長、初春型駆逐艦初春艦長 等を歴任した牧野中佐海兵51期) を、沖波艤装員長任命した11月10日舞鶴海軍工廠艤装事務所設置する沖波12月10日竣工沖波艤装事務所撤去された。牧野艤装員長も、正式に沖波駆逐艦長初代)となった舞鶴鎮守府籍となる。

※この「完成まで」の解説は、「沖波 (駆逐艦)」の解説の一部です。
「完成まで」を含む「沖波 (駆逐艦)」の記事については、「沖波 (駆逐艦)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「完成まで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「完成まで」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

完成までのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



完成までのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエイセ・エイシンガ・プラネタリウム (改訂履歴)、地獄の黙示録 (改訂履歴)、ダビデ像 (ミケランジェロ) (改訂履歴)、ピエタ (ミケランジェロ) (改訂履歴)、能代 (軽巡洋艦) (改訂履歴)、沖波 (駆逐艦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS