からすとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > からすの意味・解説 

カラス【Maria Callas】


から・す【×嗄らす】

読み方:からす

[動サ五(四)《「涸らす」と同語源》声をかすれさせる。「声を―・して叫ぶ」


から・す【枯らす】

読み方:からす

[動サ五(四)《「涸らす」と同語源》草木枯れさせる。「丹精した植木を―・す」


から・す【×涸らす】

読み方:からす

[動サ五(四)

水のかれた状態にする。「井戸を―・す」

乾燥させる水分なくする

鰹節でも―・しておくようなことを言って」〈紅葉二人女房

持っている物などを出しつくす。「泣きすぎて涙を―・す」「才能を―・す」


からす【×烏/×鴉】

読み方:からす

スズメ目カラス科カラス属鳥の総称全長3361センチ全体に黒色か、黒に灰色白色部分をもつ。くちばし大きく雑食性南アメリカニュージーランドを除く世界中に40種が分布日本ではハシブトガラスハシボソガラス全国生息する

1が黒いところからくろうと

1性質から》

口うるさい人。

㋑よく物忘れをする人。

意地のきたない人。

その辺りうろつく人。「旅―」

物の名などに付けて、色の黒いことを表す。「―」「―」「―石」


から‐す【皆素】

読み方:からす

花札勝負で、初めに配られた7が、すべて点にならない素札(すふだ)であること。


上らす、借らす

読み方:からす

ラ行四段活用動詞上る」「借る」の未然形である「上ら」「借ら」に、使役助動詞「す」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

からす 【烏・鴉】


からす

作者多岐川恭

収載図書恐怖小説コレクション 2 魅
出版社芸術
刊行年月1989.8

収載図書ミステリー傑作選 特別編 3 真夏の夜の悪夢
出版社講談社
刊行年月1991.7
シリーズ名講談社文庫


からす

作者日影丈吉

収載図書恐怖博物誌
出版社出版芸術社
刊行年月1994.8
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書日影丈吉全集 5
出版社国書刊行会
刊行年月2003.5


からす

作者野上志乃

収載図書昼の月 春のうた
出版社書房
刊行年月2003.6


からす

作者延江ローレン

収載図書7カラーズ
出版社水曜
刊行年月2005.3


からす

収載図書ラング世界童話全集 6 ちゃいろ童話集 改訂版
出版社偕成社
刊行年月2008.12
シリーズ名偕成社文庫


からす

  1. 看守ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・京都府
  2. 看護者ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・大阪府
  3. 押丁ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎部・長崎県〕
  4. 典獄ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・鳥取県
  5. 押丁ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・島根県

分類 京都府大阪府島根県長崎県鳥取県


からす


からす

  1. 同上(※「かはん」参照)-〔京阪地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 贓物牙保犯を云ふ。〔京阪

分類 京阪京阪地方


カラス

読み方:からす

  1. 鉛筆ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府
  2. 筆ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・愛知県

分類 大阪府愛知県


カラス

読み方:からす

  1. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・神奈川県

分類 神奈川県


読み方:からす

  1. 1 口のわろき人、口さがなき人をいふ。声喧しき烏に譬へたるなり。2 又物忘れ早きをいふ。3 黒い色のものをいふ。4 冬服巡査のこと、盗賊用ふ隠語
  2. ①烏は主として暁に鳴く所より払暁意味する。又その羽の色の黒いところよりして闇夜のことをいふ事もある。②〔隠〕黒靴のこと。その形が烏を連想さすところよりいふ。③炭、炭は烏の様に真黒からである
  3. からすは黒きより「黒」を意味する転じて夜明闇夜、墨、炭、黒靴(転じて一般靴の総称)等を云ひ又「墨染の袖云々」より僧侶神官を云ふ。又冬服黒服着用警官を云ふ。
  4. 〔犯〕⑴闇夜のこと。⑵黒靴のこと。⑶炭のこと。
  5. 暗夜冬服巡査、黒靴。〔一般犯罪
  6. 詐欺黒服警官、炭、黒靴。〔香具師不良
  7. ①墨を売る露店商色彩連想。〔香〕 ②木炭色彩連想。〔闇〕 ③詐欺罪鷺を烏の喩から。〔香〕 ④制服巡査旧制服色彩から。〔盗〕
  8. 一般的詐欺行為。②贓物牙保犯。〔京阪

分類 京阪犯罪犯罪者盗賊香具師不良、香/闇/香/盗/犯罪


烏(カラス)

読み方:からす

  1. (一)何烏といふは、其事に馴れ、其地に馴れたるものをいふ。旅烏芸烏阿波座烏などいふ類これなり(二)物忘れ早き人をいふ。

読み方:からす

  1. 炭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  2. 炭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福島県
  3. 炭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・鳥取県
  4. 炭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大分県
  5. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・茨城県
  6. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福島県
  7. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・宮城県
  8. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・石川県
  9. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・富山県
  10. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県
  11. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・山口県
  12. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・和歌山県
  13. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・徳島県
  14. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大分県
  15. 墨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・滋賀県
  16. 墨-炭。〔第七類 雑纂
  17. 的屋仲間にて墨を売る路店商人のことをいふ。墨は黒いから烏といつたのである。〔的屋
  18. 炭。炭は烏のやうに真黒いから。〔縁日商人
  19. 墨炭。
  20. 墨(すみ)。烏の連想語。
  21. 炭のことをいふ。
  22. 炭又は墨を云ふ。
  23. 墨、炭。中津 博徒不良虞犯仲間

分類 三重県博徒不良虞犯仲間和歌山県大分県宮城県富山県山口県岡山県徳島県滋賀県犯罪者露天商人的屋的屋縁日商人語、石川県福島県縁日商人茨城県露店商鳥取県


読み方:からす

  1. 払暁又ハ闇夜。〔第一類 天文事変
  2. 払暁又は闇夜のこと。烏は主に暁に鳴くから。又烏の羽の色が真黒なるため闇夜のことをいふのである。〔犯罪語〕
  3. 払暁又は闇夜のこと。烏は主に暁に鳴くから。又烏の羽の色が真黒なるため闇夜のことをいふ。
  4. 暗夜。〔掏摸

分類 掏摸犯罪


読み方:からす

  1. 冬服着用巡査。〔第二類 人物風俗
  2. 冬服着た巡査のことをいふ。白狐を参照せよ。〔犯罪語〕
  3. 〔犯〕冬服巡査のこと。黒色ことからいふ隠語
  4. 黒服警察官中津 不良博徒虞犯仲間

分類 不良博徒虞犯仲間、犯、犯罪


読み方:からす

  1. 一般詐欺的行為者。〔第二類 人物風俗
  2. 一般詐欺的行為。〔第三類 犯罪行為
  3. 詐欺をすること。烏がまねをするのは恰も詐欺的行為に似て居るから名づけたのであらう。風雅集に「大井川ゐぜきに来たる山烏うのまねすともはとらじな」とある。〔犯罪語〕
  4. 〔犯〕詐欺のこと。鳥の反対に云つたもの、又詐欺のことを「白鷺」ともいふ。
  5. 一般的詐欺行為を云ふ。
  6. 詐欺 不良仲間

分類 不良仲間、犯、犯罪


読み方:からす

  1. 靴。〔第二類 人物風俗
  2. 黒靴のことをいふ。赤靴のことを「赤烏」といふ。〔犯罪語〕
  3. 黒靴のこと。その形が一寸烏を連想さすところから起つた名。〔刑事
  4. 靴。
  5. 黒靴のことをいふ。
  6. 黒靴のこと。前橋

分類 ルンペン大阪刑事、犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

唐須

読み方
唐須からす

カラス

(からす から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 01:52 UTC 版)

カラス、鵶、雅)は、鳥類カラス科の1グループ。カラス属 Corvus[1][2]または近縁な数属[3]を含む。


  1. ^ カラスを「カラス属およびそれに近縁な属」としている『日本大百科全書』(浦本昌紀)は、カラス属に近縁な属としてベニハシガラス属・ホシガラス属、近縁な可能性がある属としてサバクガラス属・ヒメサバクガラス属を挙げている。ソデグロガラス属については言及がない。
  2. ^ テレビ番組等ではこれを「攻撃」と表現することがあるが、実際は威嚇の一種である。
  3. ^ 背後から頭上へ舞い降りる威嚇行動を抑止するには、50cm以上ほどの目立つ棒状等の物を頭部より高く上へ突き出すことで、接近接触の抑止効果があるとされる。
  4. ^ カラス以外では、北海道東部漁港に生息するオオセグロカモメにも、同様の方法で貝を割る行動が見られる。
  5. ^ Wild crows inhabiting the city use it to their advantage - David Attenborough YouTube - BBC Wildlife。日本の都市で車を利用してクルミを割る様子。急降下する際のハシボソガラスの羽の様子もよく分かる。
  1. ^ 安部直哉「カラス」 『世界大百科事典』(2009年改定新版)平凡社、2009年。 
  2. ^ 宇田川竜男「カラス」 『ブリタニカ国際大百科事典』(改定第2版)TBSブリタニカ、1993年。 
  3. ^ 浦本昌紀, “カラス”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, 小学館, http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%EF%BC%88%E9%B3%A5%EF%BC%89/ 
  4. ^ 浦本昌紀「カラス」 『万有百科大事典 20 動物』小学館、1974年、184-185頁。 
  5. ^ Bonaccorso, E.; Peterson, A.T. (2007), “A multilocus phylogeny of New World jay genera”, Mol. Phylogenet. Evol.journal=Mol. Phylogenet. Evol. 42: 467–476, http://specify5.specifysoftware.org/Informatics/bios/biostownpeterson/BP_MPE_2007.pdf?q=Informatics/bios/biostownpeterson/BP_MPE_2007.pdf 
  6. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “Vireos, crows, and allies”, IOC World Bird Names, version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-vireos.html 
  7. ^ 唐沢孝一 『カラスはどれほど賢いか ― 都市鳥の適応戦略』中央公論新社中公文庫〉、2003年、191-206頁。 
  8. ^ 「都心のカラス なぜ減るの/20年で7分の1 駆除進み生ごみも減り」朝日新聞』朝刊2022年4月12日(科学・環境面)2022年4月30日閲覧
  9. ^ 山岸哲監修山階鳥類研究所編著 『保全鳥類学』京都大学学術出版会、2007年3月25日。ISBN 978-4-87698-703-0 
  10. ^ a b 樋口広芳、森下英美子 『カラス、どこが悪い!?』小学館小学館文庫〉、2000年、35,45-56頁。 
  11. ^ “【動画】水でも飲むカァ~ 蛇口回し、器用にゴクゴク”. 神奈川新聞. (2018年3月14日). https://www.kanaloco.jp/news/life/entry-27277.html 2022年8月30日閲覧。 
  12. ^ グラスの中のものを曲がった針金で持ち上げるカレドニアガラス YouTube
  13. ^ 天才職人!道具を作るカラスNHK番組『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜
  14. ^ Ворона катается с горки Crowboarding (Crow Snowboarding Roof)”. YouTube (2012年1月9日). 2018年7月26日閲覧。
  15. ^ Anders (2017年4月14日). “「ハロー、帰ってきたよ!元気だった?」助けてくれた人間の家に毎年挨拶にやって来るカラスたち”. マランダー. http://marandr.com/15983011 2022年8月30日閲覧。 
  16. ^ カラス?わんわん鳴くカラス Amazing crow, YouTube, (2015-05-10), https://www.youtube.com/watch?v=fgjVJyqgaQQ 2018年7月26日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ “カラスが仲間の葬式をするって本当?”. ナショナルジオグラフィック. (2015年). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/100600040/ 2018年7月26日閲覧。 
  18. ^ a b “カラス:顔の輪郭基に、男女を識別 エチオピア人留学生、米科学雑誌に発表――世界初”. 毎日新聞』東京夕刊. (2010年11月11日) 
  19. ^ カラス、人の男女見分けます 宇都宮大が実験”. 日本経済新聞 (2010年10月30日). 2019年8月7日閲覧。
  20. ^ スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ 『人と動物の政治共同体』尚学社、2016年、245頁。 
  21. ^ 椎名堯慶 (2011-11). “カラスの勝手にはさせません”. 産学官連携ジャーナル. https://sangakukan.jst.go.jp/journal/journal_contents/2011/11/articles/1111-04/1111-04_article.html 2018年7月26日閲覧。. 
  22. ^ 和田幸一 (2017年10月30日). “迷惑カラスをカラス語でご案内”. NHK山形放送局. オリジナルの2018年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180918123551/https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1030.html 2022年8月30日閲覧。 
  23. ^ a b c 柴田佳秀 『カラスの常識』子どもの未来社〈寺子屋新書〉、2007年、27-28,88-91頁。 
  24. ^ 大田眞也 『カラスはホントに悪者か』弦書房、2007年、105-106,156-170頁。 
  25. ^ a b ジョン・マーズラフ、トニー・エンジェル 『世界一賢い鳥、カラスの科学』河出書房、2007年、210頁。 
  26. ^ 松田道生 『カラスはなぜ東京が好きなのか』平凡社、2006年、111-113頁。 
  27. ^ 「カラスの肉は栄養豊富? 帯畜大の食用化研究: 北海道」『読売新聞』2003年8月8日
  28. ^ a b c “カラス:フランス料理に登場 美味で役立つ?”. 毎日新聞. (2011年11月12日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111112k0000e040047000c.html 2011年11月12日閲覧。 
  29. ^ カラスの肉は美味しいのか? 実際に食べてみた。『日刊SPA』2013年12月17日
  30. ^ “カラス食べる文化守れ「軟らかく甘み」特産品に 茨城”朝日新聞デジタル(2014年4月5日)2015年1月21日閲覧
  31. ^ a b c 岩井宏實『日本の伝統を読み解く:暮らしの謎学』(青春出版社、2003年、ISBN 4413040686)63-64頁
  32. ^ 松井高志編「野球“きまり文句”小辞典ココログ(2005年12月8日)
  33. ^ 21世紀研究会『食の世界地図』(文藝春秋)226頁
  34. ^ 月夜烏”. デジタル大辞泉. コトバンク. 2015年10月4日閲覧。



からす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 02:44 UTC 版)

にゃんことカイザー」の記事における「からす」の解説

ブリードスクールの生徒カイザー呼称は「からすさん」。終始クールでカイザー下ネタの意味もりんごの恋心理解しているが、冷静なツッコミ主であるお金大好きで、りんごの資産狙ったり、医師時代カイザー結婚しよう目論む後に反故にしている。

※この「からす」の解説は、「にゃんことカイザー」の解説の一部です。
「からす」を含む「にゃんことカイザー」の記事については、「にゃんことカイザー」の概要を参照ください。


からす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:01 UTC 版)

伝染るんです。」の記事における「からす」の解説

すずめの変装思しきバリエーション。体が黒くなって「カァ」というだけの違い作中でも「お前らすずめだろう!」と言われている。

※この「からす」の解説は、「伝染るんです。」の解説の一部です。
「からす」を含む「伝染るんです。」の記事については、「伝染るんです。」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「からす」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

からす

出典:『Wiktionary』 (2021/10/27 17:20 UTC 版)

名詞

からす

  1. () (Corvus) カラス科カラス属鳥類総称大型で黒色の種が多い。雑食
  2. () フグ目フグ科トラフグ属属す一種学名:Takifugu chinensis。別名、からすふぐ、なめらふぐ。

発音

成句

翻訳

動詞:枯らす

からすらす】

  1. 枯れさせる。

活用

発音

動詞:涸らす

からす涸らす

  1. 汲みつくす。

活用

発音

動詞:嗄らす

からすらす】

  1. 声を出しすぎたり、のどを痛めたりして、声がしゃがれる

活用

発音




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「からす」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「からす」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

からすのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



からすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのにゃんことカイザー (改訂履歴)、伝染るんです。 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのからす (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS