ちゃいろとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 色彩 > 茶色 > ちゃいろの意味・解説 

ちゃ‐いろ【茶色】

黒み帯び赤黄色

茶色の画像
#965042/R:150 G:80 B:66/C:0 M:55 Y:70 K:55

ちゃ‐いろ【茶色】

〔名〕

① (形動黒み帯び赤黄色。うす茶色、赤茶色、こげ茶色などの総称また、そういう色であるさま。ちゃ。

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)下「名にし負はばちゃいろこそあれ赤裏頭巾肩衣著るを云ふなり」

洒落本辰巳之園(1770)「浅黄(あさぎ)むくの下着、茶色(チャイロ)の帯」

色茶屋につとめる女性茶屋色女

浮世草子商人職人懐日記(1713)四「音に聞し新町を見しに、さりとは茶色とは増りの、ゆかりの末の局迄も


茶色

読み方:ちゃいろ

  1. 不安、疑問の意味を表す。〔色言葉

分類 色言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



ちゃいろと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ちゃいろ」の関連用語

ちゃいろのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ちゃいろのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2021 colordic.org All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS