キルヒホッフとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > キルヒホッフの意味・解説 

キルヒホッフ (Kirchhoff, Gustav Robert)

キルヒホッフという人は

グスタフ・ロベルト・キルヒホッフ グスタフ・ローベルト・
キルヒホッフ

ロシアカリーニングラード生まれ、ケーニヒベルクのノイマンのもとで学ぶ。 1850年ブレスラウ大学教授就任し、ブンゼン出会う1854年ハイデルベルク大学物理学教授就任し、1875年ベルリン大学数理物理学教授となる。 ヘルツプランクらはキルヒホッフのベルリン時代生徒である。 キルヒホッフの講義長年にわたり手本とされる有名なものであったが、この二人には退屈なものであったようだ。

キルヒホッフの主な経歴

1849年キルヒホッフの法則電気)を発見する。このとき20歳であった。

1860年キルヒホッフの法則(熱)を発見する。 「物体放射エネルギー吸収能の比は物質かかわらず一定で、その値は完全黒体放射エネルギー等しく波長温度のみで決まる。 すなわちその物体吸収能をaλ放射エネルギーをeλ空洞輻射単色放射エネルギーをqλとすれば、 eλ / aλ = qλ = f(λ,T)となる」とした。


キルヒホッフ

名前 Kirchhoff

キルヒホフ

(キルヒホッフ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/22 05:50 UTC 版)

キルヒホフキルヒホッフ(Kirchhoff)は、ドイツの姓。




「キルヒホフ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キルヒホッフ」の関連用語

キルヒホッフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キルヒホッフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2020 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキルヒホフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS