押し付け憲法論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 押し付け憲法論の意味・解説 

押し付け憲法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 09:24 UTC 版)

押し付け憲法論(おしつけけんぽうろん)とは、政治学者西川敏之の研究論文によれば、1945年(昭和20年)に日本ポツダム宣言受諾後、講和条約を締結する以前の占領統治期に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)が日本に対して日本国憲法を押し付けてきたという理論である[1]。憲法学における論題の一つであり京都帝国大学教授であった佐々木惣一や、京都大学教授であった大石義雄らがこの説の主な論客である[要出典]


  1. ^ 西川敏之「日本国憲法」(比較法文化:駿河台大学比較法研究所紀要 2009年)[1] P.208、PDF-P.2
  2. ^ 高柳・大友・田中編著『日本国憲法制定の過程』II(有斐閣)1972年、58頁
  3. ^ 高柳・大友・田中編著『日本国憲法制定の過程』II(有斐閣)1972年、58頁
  4. ^ 高柳・大友・田中編著『日本国憲法制定の過程』I、「序にかえて」ⅹ頁
  5. ^ a b c (岩本勲 2007, pp. 86-87, p. 92)
  6. ^ a b (森下敏男 2015, pp. 249-250)
  7. ^ 平成19年(ワ)第5951号損害賠償等請求事件等。詳しくはハーグ陸戦条約#注記
  8. ^ このほか横浜事件における失効説などがある。大石眞・京大教授の説。
  9. ^ 昭和29年4月13日内閣委員会公聴会における公述人としての野村の発言。「この憲法がマッカーサーから強要されたときには枢密院におりまして、審査委員の一員でありました。この憲法は至るところに無理があるとは思いましたが、なかんずく第九条は後来非常にやつかいな問題になるんじやないかということを痛感したのであります。審査奮会でもしばく意見を述べ、政府の御意見も聞きました。しかし当時は無条件降服というような状況であつて、彼らの言うがままになるほかないというような空気でありまして、形の上においては枢密院もこれで通つたのであります」
  10. ^ バイデン副大統領「日本国憲法、米が書いた」毎日新聞 2016年8月17日
  11. ^ a b c d 芦部、28頁。
  12. ^ a b 第147回衆議院憲法調査会 平成12年04月06日 進藤榮一参考人(筑波大学社会科学系教授)
  13. ^ 芦部、27頁同旨。
  14. ^ 第147回衆議院憲法調査会 平成12年02月24日 青山武憲参考人(日本大学法学部教授)
  15. ^ 芦部、26頁。
  16. ^ 芦部、28頁同旨。芦部は「日本国憲法の制定は、不十分ながらも自律性の原則に反しない」とする
  17. ^ 芦部、29頁同旨。
  18. ^ 第147回国会憲法調査会第5号 平田米男委員
  19. ^ 第147回国会憲法調査会第5号 石破茂委員


「押し付け憲法論」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「押し付け憲法論」の関連用語

押し付け憲法論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



押し付け憲法論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの押し付け憲法論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS