神奈川ネットワーク運動とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 生活協同組合 > 神奈川ネットワーク運動の意味・解説 

神奈川ネットワーク運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 23:30 UTC 版)

神奈川ネットワーク運動(かながわネットワークうんどう)(略称:NET)は、神奈川県地域政党である。




  1. ^ a b 神奈川ネットワーク運動 議員・地域ネット、2011年7月3日閲覧。2015年統一地方選後は20人が紹介されていた。
  2. ^ 2013年12月31日現在で、都道府県議における女性率は全国で8.8%、神奈川県は13.5%(47都道府県中8位)。市区議会議員では全国で13.6%、神奈川県内の各自治体では20.2%(同3位)。出典:内閣府男女共同参画局、「都道府県別全国女性の参画マップ」、2015年4月14日閲覧。
  3. ^ 同運動と共に全国市民政治ネットワークに参加し、政策面での共通性も高い東京・生活者ネットワーク市民ネットワーク千葉県は3期までの再選を認めている。
  4. ^ また、猪股美恵[1]のように、最初はネット所属議員として当選した後、ネットを離脱し、長く自治体議員を務めた例もある。猪股は1991年に高津区から川崎市議に当選した後、1997年、2期目の途中で無所属となり、その後も2015年まで24年間、6期連続で同区から川崎市議に当選した。最後の任期になった6期目の途中、2012年には緑の党の結成に参加した。
  5. ^ 既に掛金を払っていた現職議員に対する年金支給は今後も実施される。
  6. ^ 携帯電話の普及と共に増加した基地局の設置については、景観保全の他、基地局周辺での電磁波公害を理由にした周辺住民の反対運動がしばしば発生している。
  7. ^ a b 神奈川ネットワーク運動、2014年12月2日発表、「問われるべきは社会保障制度改革の到達点とビジョン
  8. ^ 2014年の県予算案でも県議会で若林が賛成討論を行った。出典:同運動内の若林のページ、2014年3月28日付活動報告、「県議会第1回定例会が閉会しました」、2015年3月14日閲覧。
  9. ^ 市民社会チャレンジ基金 神奈川ネットワーク運動公式サイト2011年8月14日閲覧
  10. ^ 阿部知子公式サイト「対談集」内、第40回「植木ゆう子さんと語る~地方分権時代の県政~」、2014年5月2日閲覧。ネット所属で藤沢市議だった植木との対談。
  11. ^ 例外的に民主党とその候補を支持した団体もあった。出典:神奈川ネットワーク運動2012年12月3日付、「2012年衆議院議員選挙、各地域ネットで候補者の推薦・支持を決定」、2014年5月2日閲覧。
  12. ^ 日本共産党神奈川県委員会、2014年10月1日発表、「県知事・県議会議員選挙にむけた日本共産党の訴えと基本政策」、2015年4月14日閲覧。
  13. ^ 第48回衆議院選挙 推薦候補選挙結果
  14. ^ 立民、参院選比例に若林元県議を擁立 元神奈川ネット代表神奈川新聞2018年12月16日付
  15. ^ 参議院選全国比例  若林ともこさん 推薦決定神奈川ネットワーク運動公式サイト
  16. ^ 参議院選挙を終えて神奈川ネットワーク運動2019年7月22日付
  17. ^ 当時は合成洗剤に含まれるリン酸塩が水質悪化の原因という理由で、強い反対運動が起こっていた。
  18. ^ 横浜市緑区で渡辺光子が当選し、1議席を獲得。同選挙では寺田も川崎市宮前区から立候補したが、落選した。
  19. ^ その後は各区や個人レベルでの活動を続けたが、2015年統一地方選でも旧ネットワーク横浜系は神奈川県議選や横浜市議選で当選者を出せなかった。
  20. ^ 若林は1961年10月27日、広島県広島市生まれ。同市の広島市立舟入高等学校比治山女子短期大学卒業後、1982年ヤマハ株式会社入社。1986年から横浜市に在住。2002年から神奈川ネットワーク運動・青葉代表、2003年から横浜市会議員。政治活動では「若林ともこ」と自ら表記。出典:同運動内の若林の個人ページ[2]内「プロフィール」、2019年参院選立候補時のサイト内「プロフィール」、2019年参院選立候補時のサイト内「プロフィール」、立憲民主党サイト内「議員情報」「総支部長」「若林智子」。
  21. ^ 政治活動では「丸岡いつこ」と自ら表記。
  22. ^ 神奈川県知事選 露木順一さんの推薦を決定。2011年3月23日
  23. ^ 知事選:黒岩氏、「知名度」戦略が奏功し大勝/神奈川 2011年4月11日 カナロコ 神奈川新聞社 2011年8月14日閲覧
  24. ^ 神奈川ネット情報紙 No.308 2011.5.15号2011年8月14日閲覧
  25. ^ 結果は現職で自民・民主・公明・元気の4党から推薦を受けた現職の黒岩と共産党推薦候補となった岡本一の一騎討ちとなり、黒岩が岡本に3倍以上の大差を付けて圧勝した。
  26. ^ 大和市で2人、横須賀市・綾瀬市伊勢原市で各1人。
  27. ^ 同運動公式サイト、「2015年統一地方選挙 神奈川ネット公認候補予定者」、2015年4月14日閲覧。
  28. ^ 若林が立候補した青葉区は定数が4から3に削減され、「4人の現職のうち1人は必ず落ちる」状況で、他の3人の現職に次ぐ4位となった。
  29. ^ なお、若林は落選後も代表を辞任せず、元海老名市議会議員の三宅良子との共同代表制へ移行した。三宅は1957年山口県岩国市(旧由宇町)生まれ。武庫川女子短期大学(現武庫川女子大学)卒業後、結婚により横浜市に転居し、1987年に生活クラブ生協参加。1995年に海老名市へ転居し、2001年に神奈川ネットワーク運動・海老名代表。2003年から2011年まで、海老名市議会議員を2期8年務めた。政治活動では「三宅なが子」と自ら表記。出典:「えびなネット」(神奈川ネットワーク運動・海老名サイト)内、「三宅なが子」。
  30. ^ 1967年、東京都立川市出身。森谷学園トラベルジャーナル旅行専門学校(現在の学校法人トラベルジャーナル学園ホスピタリティツーリズム専門学校)卒業後、1995年、出産を機に宮前区に移住。生活クラブ宮前理事を経て、2003年から同区選出の川崎市議を2期務め、2011年からはNPO法人川崎市民石けんプラントで活動。政治活動では「佐々木ゆみこ」と自ら表記。出典:同運動内の佐々木の個人ページ[3]、「プロフィール」。
  31. ^ 政治活動では「青木マキ」と自ら表記。
  32. ^ 渡辺自身は1999年から同区選出の川崎市議を1期務めた後は佐々木に引き継ぎ、この選挙が12年ぶりの立候補だった。
  33. ^ 内訳は上記参照。他に藤沢市で現職が2期目出馬を断念したことにより推薦した男性の無所属候補1人(阿部知子の元秘書)が当選。出典:三宅まり(鎌倉市議、神奈川ネットワーク運動・鎌倉所属)ブログ、2015年5月1日付、「神奈川ネット元気に選挙報告集会開催」、神奈川ネットワーク運動・藤沢、2015年5月2日付、「推薦した さかい信孝さんが当選
  34. ^ 神奈川ネットワーク運動 役員・収支報告。2016年9月1日閲覧
  35. ^ 神奈川県選挙管理委員会 政治団体名簿(政党以外の政治団体) 平成29年12月31日現在


「神奈川ネットワーク運動」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神奈川ネットワーク運動」の関連用語

神奈川ネットワーク運動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神奈川ネットワーク運動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神奈川ネットワーク運動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS