ライフワークとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > ワーク > ライフワークの意味・解説 

ライフワーク


ライフワーク【lifework】

読み方:らいふわーく

一生をかけてする仕事畢生(ひっせい)の事業また、個人記念碑的な業績みなされるような作品研究


ライフ・ワーク

作者阿刀田高

収載図書食べられた男 新装版
出版社講談社
刊行年月2008.2
シリーズ名講談社文庫


ライフワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/04 13:43 UTC 版)

ライフワーク: lifework)または天職(てんしょく)は、人が生涯の仕事として人生を捧げたテーマのことである。


  1. ^ 本田健『ライフワークを豊かに生きる』(サンマーク文庫)
  2. ^ 外山滋比古『ライフワークの思想』(ちくま文庫


「ライフワーク」の続きの解説一覧

ライフワーク (曖昧さ回避)

(ライフワーク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 07:51 UTC 版)

ライフワーク: Lifework




「ライフワーク (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

ライフワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 04:15 UTC 版)

橘淳一」の記事における「ライフワーク」の解説

自身のホームページ橘淳一オフィシャルサイト」に登録され女性会員からの、電話メールによる相談事回答するカウンセリング」をほぼ毎日継続しているまた、女性会員求め場合レッスン」にも応じている。「プレイではなくレッスン」である。緊縛ヒーリングであるという真実のもとに、女性縛り見守り心を抱きしめる一時間から始まる。性的な接触一切ない。その一時間で、縛られるだけで絶頂迎え女性少なくない。その映像これまでに五巻発行されている編著書「『最愛のM女性とめぐり逢うために』(三和出版付属DVDにて目撃出来る。 東京では毎月名古屋大阪では季節毎に最愛のM女性にめぐり逢うための真実のSM術』と名付けた研究会開催している。

※この「ライフワーク」の解説は、「橘淳一」の解説の一部です。
「ライフワーク」を含む「橘淳一」の記事については、「橘淳一」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ライフワーク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ライフワーク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ライフワークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ライフワーク」の関連用語

ライフワークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ライフワークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライフワーク (改訂履歴)、ライフワーク (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの橘淳一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS