ミレニアル世代とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ミレニアル世代の意味・解説 

ミレニアル世代

読み方:ミレニアルせだい
別表記:M世代ミレニアルズ
英語:millennial

米国で、1980年代半ばから2003年の間に生まれ世代を指す語。いわゆるデジタルネイティブであり、社会あり方変容させる世代として注目されている

M世代」や「ミレニアルズ」という名称でも知られる。西暦1000年単位で区切った「millennial」が由来アメリカピュー・リサーチ・センターによると、1981~1996年生まれた人を指すと定義されているが、1980年代以降生まれた人や2000年代成人した人を指すこともある。

ミレニアル世代の大きな特徴としては、物心がついた頃にはパソコン携帯電話普及していたため、デジタル機器慣れ親しんでいたことが挙げられる。そのためSNSインターネットでの発信抵抗がなく、情報リテラシーが高いという傾向がある。買い物を行うときの傾向としては、幼少期よりインターネット近くにあった影響で、オンラインショップ利用することも多いとされるまた、リーマン・ショックによる景気低迷時に10代を過ごしたため上昇志向を持つ人が少なく会社への帰属意識が低い人が多いという見方もある。一方で身体に安全な食品求める、健康促進商品購入するなど、健康志向が強い傾向もある。

また、アメリカ中国アジア新興国では最も人口の多い世代となるため、購買力政治の面で強い影響力を持つ。アメリカでは、ミレニアム世代女性向けニュースサイト「theSkimm」が立ち上げられた。

1980年代から2000年代初頭までに生まれた「Y世代」、ベビーブーマー世代を親に持つ「エコブーマー」、幼少期からデジタル機器親しんだ世代の「デジタルネイティブ」と重なる。

ミレニアル世代

「ミレニアル世代」とは、2000年以降成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。ミレニアルMillennial)は、英語で「千年紀の」という意味。おもに米国19802000年頃に生まれ若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前世代とは異な特性を持つと注目されています。デジタル機器インターネット普及した環境生まれ育った最初世代で、“デジタルネイティブ”と呼ばれることも。SNSなどを利用した情報収集発信を得意とする一方共同体コミュニティ)への帰属意識強く仲間とのつながり大切にする傾向があるといわれます。

ジェネレーションY

(ミレニアル世代 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/01 19:55 UTC 版)

ジェネレーションY: Generation Y)、Y世代(ワイせだい)とは、アメリカ合衆国などにおいて1980年代序盤から1990年代中盤(または2000年代序盤)までに生まれた世代のことである[1][2][3]インターネット普及前の時代に生まれた最後の世代で、幼少期から青年期IT革命を経験したデジタルネイティブの最初の世代でもある。


  1. ^ Generations Defined. Mark McCrindle
  2. ^ Carlson, Elwood (2008). The Lucky Few: Between the Greatest Generation and the Baby Boom. Springer. p. 29. ISBN 978-1402085406. https://books.google.com/?id=zUJgaHde6YUC&lpg=PP1&pg=PT45#v=onepage&q=1983 
  3. ^ millennial”. OxfordDictionaries.com. 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ 若者--新時代の到来を告げる「ミレニアルズ」(CNET Japan, 2006年1月12日)
  5. ^ a b 米国版さとり世代「ミレニアルズ」の破壊力(東洋経済オンライン, 2015年10月19日)


「ジェネレーションY」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミレニアル世代」の関連用語

ミレニアル世代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミレニアル世代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェネレーションY (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS