エゴノキとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エゴノキの意味・解説 

えご‐の‐き〔ゑご‐〕


エゴノキ


北海道渡島以南)、本州四国九州沖縄朝鮮などで、広く分布しており、小川のふちなどでよく見られます木材としての名前は産地外ではあまりよく知られていませんが、思ったより身の回り色々なものに利用されています。薪炭用に造林をしたところもありました

木材
心材と辺材の色の差はありませんどちらかというと白っぽい木材で、やや黄白色ないし淡黄褐色帯びてます。年輪はとくにはっきりとはしていません。肌目は精で、木理通直です。やや重硬な木材で、気乾比重は0.60~0.70です。加工容易です

用途
直径があまり大きくはなりませんが、加工がしやすく、しかも、われわれの生活に近い処によく見られることから伝統的な道具器具などによく使われています。和傘先端部、傘の柄、ろくろ細工玉突きスチック呑み口算盤だま、材の色が薄いので、色付けをするような用途将棋の駒、木などがあります最近はこけしがブームになっていますが、ミズキイタヤカエデなどにまじってエゴノキが材料として使われていることをご存じでしょうか。エゴノキの炭はガラス器や漆器研磨につかわれます


斎墩果

読み方:エゴノキ(egonoki)

エゴノキ科落葉小高木薬用植物

学名 Styrax japonica


斎墩樹

読み方:エゴノキ(egonoki)

エゴノキ科落葉小高木薬用植物

学名 Styrax japonica


野茉莉

読み方:エゴノキ(egonoki)

エゴノキ科落葉小高木薬用植物

学名 Styrax japonica


エゴノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 07:48 UTC 版)

エゴノキStyrax japonica)とはエゴノキ科の落葉小高木である。北海道-九州沖縄まで、日本全国の雑木林に多く見られる。


  1. ^ エドワード・ジョン・マイヤーズ (1851–1930) 動物学者 or ジョン・マイヤーズ (1789–1879) 植物学者
  2. ^ POWO (2019). Plants of the World Online. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:826818-1 Retrieved 9 May 2020.
  3. ^ a b 羽根田治『新装版・野外毒本:被害実例から知る日本の危険生物』山と渓谷社 2014年、ISBN 9784635500357 p.142.
  4. ^ a b c d e 仲野良典 (2013年7月29日). “用途の広いエゴの実”. 京都民報Web. 2020年5月8日閲覧。
  5. ^ a b 牧野, 富太郎牧野日本植物圖鑑』北隆館、1940年、223頁。
  6. ^ アレン・コーンビス 著、濱谷稔夫 翻訳・監修『木の写真図鑑 完璧版』日本ヴォーグ社、1994年、299頁。4-529-02356-7
  7. ^ みのひだ写真館:和傘の未来支えたい ロクロ職人に32歳が弟子入り /岐阜”. 毎日新聞. 2020年5月8日閲覧。
  8. ^ 添田隆典 (2020年5月2日). “<食卓ものがたり>蜂蜜(東京都あきる野市) 魅惑の甘み自然と共に”. 2020年5月8日閲覧。


「エゴノキ」の続きの解説一覧

エゴノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 23:56 UTC 版)

紗羅達がトレーラで店を開いた北崎兄妹が住むマンション近く空き地の崖際に生えている。崖へと滑り落ちそうになったさつきを弾力調整する事によって崖とは反対側落とし命を助ける達也と紗羅が出会い交流深めるきっかけとなった木。

※この「エゴノキ」の解説は、「こもれ陽の下で…」の解説の一部です。» 「こもれ陽の下で…」の概要を見る


エゴノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 23:56 UTC 版)

紗羅達がトレーラで店を開いた北崎兄妹が住むマンション近く空き地の崖際に生えている。崖へと滑り落ちそうになったさつきを弾力調整する事によって崖とは反対側落とし命を助ける達也と紗羅が出会い交流深めるきっかけとなった木。

※この「エゴノキ」の解説は、「こもれ陽の下で…」の解説の一部です。» 「こもれ陽の下で…」の概要を見る


エゴノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 23:56 UTC 版)

紗羅達がトレーラで店を開いた北崎兄妹が住むマンション近く空き地の崖際に生えている。崖へと滑り落ちそうになったさつきを弾力調整する事によって崖とは反対側落とし命を助ける達也と紗羅が出会い交流深めるきっかけとなった木。

※この「エゴノキ」の解説は、「こもれ陽の下で…」の解説の一部です。» 「こもれ陽の下で…」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エゴノキ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エゴノキのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エゴノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエゴノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのこもれ陽の下で… (改訂履歴)、こもれ陽の下で… (改訂履歴)、こもれ陽の下で… (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS