安息香とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 高木 > 安息香の意味・解説 

あん そくこう -かう [0] 【安息香】

東南アジア原産エゴノキ科常緑高木。高さ20メートルにも達する。楕円形。夏,香気の高い白色の花をつける。
樹液固め樹脂薫香原料防腐とする。

あんそっ こう あんそくかう [0] 【安息香】

あんそくこう(安息香)

安息香

読み方:アンソッコウノキ(ansokkounoki)

エゴノキ科の常録高木薬用植物


安息香(アンソクコウ)

安息香
原産地インドネシア・他
タイ・インドネシアに産するエゴノキ科の安息香樹脂最上品がアーモンド・グレードで、このサンプルがそれである。下級品は『飛行機印』『タンク印』『オークツリー印』等のプライベートグレードに分けて輸入されている。甘い香り香料の他、呼吸器系薬効がある。

安息香

読み方:アンソッコウノキ(ansokkounoki)

エゴノキ科の常録高木薬用植物

学名 Styrax benzoin


安息香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/18 02:36 UTC 版)

安息香(あんそくこう、あんそっこう)はツツジ目エゴノキ科エゴノキ属のアンソクコウノキ (Styrax benzoin)、またはその他同属植物が産出する樹脂のことである。アンソクコウノキなどの樹木に傷をつけてそこからにじみ出て固化した樹脂を採集する。主要な成分は安息香酸である[1][2]


  1. ^ Pastrorova I, de Koster CG, Boom JJ (1997). “Analytic Study of Free and Ester Bound Benzoic and Cinnamic Acids of Gum Benzoin Resins by GC-MS HPLC-frit FAB-MS”. Phytochem. Anal. 8 (8): 63–73. doi:10.1002/(SICI)1099-1565(199703)8:2<63::AID-PCA337>3.0.CO;2-Y.
  2. ^ (1977) in Arcigola Slow Food Editore: Ricette di Osterie dell'Emilia, p. 150. ISBN 88-86283-29-6. 


「安息香」の続きの解説一覧





安息香と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「安息香」の関連用語

1
50% |||||

2
38% |||||

3
38% |||||

4
38% |||||

5
4‐アニリノ安息香酸 化学物質辞書
38% |||||

6
4‐ニトロ過安息香酸 化学物質辞書
38% |||||

7
38% |||||

8
38% |||||

9
安息香酸カドミウム 化学物質辞書
38% |||||

安息香のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大茴香

蘇合香

貝甲香

鬱金

麝香

没薬

甘松

龍涎香





安息香のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
香雅堂香雅堂
Copyright (c) 2017Kogado lnc All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安息香 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS