イタヤカエデとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > > イタヤカエデの意味・解説 

いたや‐かえで〔‐かへで〕【板屋×楓】


板谷槭

読み方:イタヤカエデ(itayakaede)

カエデ科落葉高木高山植物


イタヤカエデ

別名:イタヤ
【英】:Acer mono
(カエデ科)


北海道本州四国九州分布しており、サハリン千島朝鮮中国東北部北部にも知られています。日本には20数種あります。さらに、公園庭園鑑賞用として植えられることがおおいので、園芸品種数多くありますまた、おなじ目的で、外国産カエデ類が導入されています。木材として考えると、このイタヤカエデが代表的なもので、その外はあまり目立ちません。

木材
カエデ木材大きく、軽軟な木材と重硬な木材二つグループ分けることが出来ますが、イタヤカエデは後者に含まれています。辺材心材の色の差はほとんどありません。木材の色はやや紅色帯び白色淡紅褐色です。年輪どちらかというとやや見にくいといえます。肌目は精ですが、木理は不規則なことが多く、そのために、美し縮れ、波鳥眼杢などがあります)をもつことが多いといえます。また、そのこと切削などの加工難しくしています。気乾比重は0.58-0.65(平均値)-0.77でやや重硬な木材といえます。曲木のできる樹種です。加工仕上がりのよい木材です。

用途
家具器具運動用具建築楽器などに用いられます。また、コケシ材料としてもよく知られています。


板屋楓

読み方:イタヤカエデ(itayakaede)

カエデ科落葉高木高山植物

学名 Acer mono var.marmoratum


板谷槭

読み方:イタヤカエデ(itayakaede)

カエデ科落葉高木高山植物

学名 Acer mono var.marmoratum


板屋かえで

読み方:イタヤカエデ(itayakaede)

一種

季節

分類 植物


イタヤカエデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 00:46 UTC 版)

イタヤカエデ(板屋楓、学名: Acer pictum Thunb. subsp. mono (Maxim.) H. Ohashi, 1993)は、ムクロジ科カエデ属の各地の山地に生える落葉高木である。日本では北海道秋田、他に朝鮮サハリンアムール地方に自生。北海道産のものはエゾイタヤ(蝦夷板屋)とも。他に別名としてイタギ、ツタモミジ[要出典]、トキワカエデ(常磐楓)。


  1. ^ 『新版 北海道の樹』辻井達一, 梅沢俊, 佐藤孝夫 (1992年、北海道大学出版会) ISBN 4832910329
  2. ^ 小野寺賢介. “日本生態学会全国大会 ESJ55 講演要旨「樹種と胸高直径構成からの樹洞密度推定」”. 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ イタヤカエデ”. アイヌと自然デジタル図鑑. アイヌ民族博物館. 2020年12月26日閲覧。
  4. ^ 橋本仁高田明和(編)『砂糖の科学』朝倉書店、2006年11月20日、21頁。ISBN 978-4254430738
  5. ^ 樹液せっけん出来ました 占冠 メープルシロップ原料使用” (日本語). 北海道新聞 どうしん電子版. 2020年12月26日閲覧。
  6. ^ 霧降高原の恵み 日光メープル販売:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年12月26日閲覧。
  7. ^ 宇目産メープルシロップ誕生 自生するカエデ利用、商品化目指す - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate” (日本語). www.oita-press.co.jp. 2020年12月26日閲覧。
  8. ^ ブルータス, カーサ (2015年11月24日). “裂く、編む、作る。小京都・角館のイタヤ細工。|行くぜ、東北。” (日本語). カーサ ブルータス Casa BRUTUS. 2020年12月26日閲覧。
  9. ^ イタヤ細工(秋田県指定伝統的工芸品) 観光情報” (日本語). 仙北市. 2020年12月26日閲覧。


「イタヤカエデ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イタヤカエデ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

イタヤカエデのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イタヤカエデのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイタヤカエデ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS