イタヤガイ科とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 軟体動物・節足動物 > 二枚貝 > イタヤガイ科の意味・解説 

イタヤガイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/19 10:17 UTC 版)

イタヤガイ科
さまざまなイタヤガイ科
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteromorphia
階級なし : Eupteriomorphia
: イタヤガイ目 Pectinoida
上科 : イタヤガイ上科 Pectinoidea
: イタヤガイ科 Pectinidae
学名
Pectinidae Rafinesque1815
英名
scallops
亜科
  • Camptonectina
  • Chlamudina
  • Pectininae

イタヤガイ科(イタヤガイか、Pectinidae)は、二枚貝の1科である。イタヤガイホタテガイなどが属する。

特徴

平らで円形を持つ。

高い遊泳能力を持つ種がいるが、底生や固着性のものもいる。

種類

伝統的に亜科と族に分けられてきたが、それらの大半は単系統ではないことが指摘されている[1]

NCBI Taxonomy browser は次の38種に分類している[2]

  • Adamussium
  • Aequipecten
  • Amusium - ツキヒガイ(月日貝)など
  • Anguipecten
  • Annachlamys
  • Argopecten
  • Azumapecten - アカザラガイ(赤皿貝)、ニシキガイ(錦貝)、アズマニシキなど
  • Chlamys - ナデシコガイ(撫子貝)など
  • Comtopallium
  • Coralichlamys
  • Crassadoma
  • Cryptopecten - ヒヨクガイ(比翼貝)など
  • Cyclopecten
  • Decatopecten - キンチャクガイ(巾着貝)など
  • Delectopecten
  • Euvola
  • Excellichlamys - チヒロガイ(千尋貝)など
  • Flexopecten
  • Gloripallium
  • Laevichlamys
  • Leptopecten
  • Lyropecten
  • Mimachlamys - ヒオウギガイ(檜扇貝)など
  • Minnivolva
  • Mirapecten
  • Mizuhopecten - ホタテガイ(帆立貝)など
  • Nodipecten
  • Patinopecten
  • Pectenイタヤガイ属) - イタヤガイ(板屋貝) など
  • Pedum - ウミギクモドキ など
  • Placopecten
  • Pseudamussium
  • Semipallium
  • Swiftopecten
  • Swiftopecten swiftii - エゾキンチャクガイ(蝦夷巾着貝、通称:ババノテ)
  • Talochlamys
  • Veprichlamys
  • Volachlamys
  • Zygochlamys

目分類

イタヤガイが属する目については、翼形亜綱全体の分類が不安定だったせいで、ウグイスガイ目、カキ目イタヤガイ目といったさまざまな説が生まれた。しかし系統学からは、イタヤガイ目(以前のイタヤガイ目と中身はやや異なる)とする分類が提案されている[3]

出典

  1. ^ Puslednik, L.; Jeanne, M. (2008), “Molecular phylogenetics of the Pectinidae (Mollusca: Bivalvia) and effect of increased taxon sampling and outgroup selection on tree topology”, Molecular Phylogenetics and Evolution 48 (3): 1178–1188 
  2. ^ Taxonomy Browser (Pectinidae) - NCBI
  3. ^ Matsumoto, M. (2003), “Phylogenetic analysis of the subclass Pteriomorphia (Bivalvia) from mtDNA COI sequences”, Molecular Phylogenetics and Evolution 27 (3): 429–440 

「イタヤガイ科」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イタヤガイ科」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

イタヤガイ科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イタヤガイ科のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイタヤガイ科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS