構成主義とは?

こう せいしゅぎ [5] 【構成主義】 〔constructivism〕

〘心〙 真理とされているものが、人間が頭の中でつくりあげたものであるとする認識論家族療法基本的認識論
〘哲〙
数学の哲学において、数学的対象はわれわれの思考活動から独立存在するものではなく一定の証明手続きによって構成されたものである考え立場

構成主義

読み】:コウセイシュギ
【英】:KONSTRUKTIVISM

ロシア革命前から1920年代にかけてソ連で展開された芸術運動ウラジーミル・タトリン1913年始め鉄板木片によるレリーフを「構成」と呼んだのを発端とする。現実素材による非再現構成という造形理念は、ロドチェンコなど多く共鳴者を得て、構成主義という運動発展し、モスクワ前衛美術界を、マレーヴィチ提唱したシュプレマティズム絶対主義)と二分した。革命後は、革命政府美術政策推進勢力となり、絵画彫刻ブルジョワ芸術として否定するとともにガラスなどの工業生産物使用社会的効用性を主張し、建築デザイン舞台美術などの分野にも拡がり、1920年には造形芸術の各分野をほとんど支配した。運動としては1919年頃から効用派と純粋造形派とに分裂し、純粋造形派のペヴスナーガボらは運動離れ効用派もその後産業との一体化推進したが1930年代政府より批判され終結したが、国外抽象芸術運動与え影響大きい。タトリンの「第3インターナショナル記念塔(模型)」はその代表的作品

構成主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/18 12:04 UTC 版)

構成主義(こうせいしゅぎ、: Constructivism)は、様々な領域や学問分野で使われる。




「構成主義」の続きの解説一覧



構成主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「構成主義」の関連用語

構成主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



構成主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの構成主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS