ポピュラーソングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 歌謡 > ポピュラーソングの意味・解説 

ポピュラー‐ソング【popular song】


ポピュラー音楽

(ポピュラーソング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 01:19 UTC 版)

ポピュラー音楽ポピュラーおんがく: popular music、ポピュラー・ミュージック)は、広く人々の好みに訴えかける音楽のことである[1]


  1. ^ Oxford Dictionaries. "music appealing to the popular taste"
  2. ^ a b The New Grove Dictionary of Music and Musicians, volume 15, p.87 entry Popular music quotation:
    ...music of, and since, the 'TIn Pan alley' era, i.e. the 1880s onwards in the USA and the early years of the 20th century in Europe. [] the music that, with the growth of industrialization in the 19th century, began to develop distinctive characteristics in line with the tastes and interests of the expanding urban middle classes.
  3. ^ popular music. CollinsDictionary.com. Collins English Dictionary - Complete & Unabridged 11th Edition. Retrieved October 01, 2012
  4. ^ Allen, Robert. "Popular music". Pocket Fowler's Modern English Usage. 2004.
  5. ^ Oxford Dictionaries. " including rock and pop and also soul, reggae, rap, and dance music"
  6. ^ Definition of POPULAR MUSIC” (英語). www.merriam-webster.com. Merriam-Webster, Incorporated. 2020年7月28日閲覧。 “"popular music": music written and marketed with the intention of achieving mass distribution and sales now principally in the form of recordings Though many early pieces of popular music shared general features with classical music of the day, they were briefer and simpler, making fewer demands on both performer and listener. — Gregory D. Boothe et al., Musical Quarterly, Vol. 74 No. 3, 1990”
  7. ^ Arnold, Denis (1983). The New Oxford Companion Music, Volume 1: A-J. Oxford University Press. p. 111. ISBN 0-19-311316-3 
  8. ^ Arnold, Denis (1983). The New Oxford Companion to Music, Volume 2: K-Z. Oxford University Press. p. 1,467. ISBN 0-19-311316-3 
  9. ^ Tagg, Philip (1982), “Analysing Popular Music: Theory, Method and Practice”, Popular Music (2): 41 
  10. ^ a b c 世界大百科事典 第2版の解説 ポップス(ポップス)とは - コトバンク
  11. ^ http://camp.ff.tku.ac.jp/YAMADA-KEN/Y-KEN/fulltext/96pmk.html
  12. ^ 山田晴通は「特別講義『ポピュラー音楽史概説』の概説」の中で、「『ポピュラー音楽』とは、大量複製技術を前提とし、大量生産~流通~消費される商品として社会の中で機能する音楽であり、とりわけ、こうした大量複製技術の登場以降に確立された様式に則った音楽である」という定義を示している。ここで扱うのは、こうした定義が該当する音楽と、その前身となる音楽である。http://camp.ff.tku.ac.jp/YAMADA-KEN/Y-KEN/fulltext/96pmk.html
  13. ^ a b c d e f g 中村とうよう『ポピュラー音楽の世紀』岩波新書
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 平凡社『世界大百科事典』の「ポピュラー音楽」の項。
  15. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「社交ダンス」の項。
  16. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「オペレッタ」の項。
  17. ^ 平凡社『音楽大事典』より「ポピュラー音楽」の項。
  18. ^ a b 平凡社『世界大百科事典』の「ミュージック・ホール」の項。
  19. ^ Microsoft『Encarta2005』の「シャンソン」の項。
  20. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「アフリカ」の項。
  21. ^ Microsoft『Encarta2005』の「アフリカの音楽と舞踊」の項。
  22. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「カリブ海」の項。
  23. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「ラテン・アメリカ音楽」の項。
  24. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』の「ラテン・アメリカ音楽」の項。
  25. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ポピュラー音楽」の項、および中村とうよう『ポピュラー音楽の世紀』岩波新書。
  26. ^ Microsoft『Encarta2005』の「アメリカ音楽」の項。
  27. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「カントリー・ミュージック」の項、および中村とうよう『ポピュラー音楽の世紀』岩波新書。
  28. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「ミンストレル・ショー」の項。
  29. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「フォスター」の項。
  30. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ボードビル」の項。
  31. ^ 平凡社『音楽大事典』より「ポピュラー音楽」の項。
  32. ^ a b c Microsoft『Encarta2005』の「ポピュラー音楽」の項。
  33. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「黒人霊歌」の項。
  34. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ブルース」の項。
  35. ^ Microsoft『Encarta2005』の「吹奏楽」の項。
  36. ^ ウィキペディア各国語版「ドラムセット」の項など。
  37. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ミュージカル」の項。
  38. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「レビュー」の項。
  39. ^ 各種事典「ワルツ」の項。
  40. ^ Microsoft『Encarta2005』の「アメリカ合衆国の西部への領土拡大」の図版で、1790年のアメリカ建国時の人口が392万9214人、1880年の人口が5015万5783人と示されている。またNHK高校講座世界史第28回アメリカ合衆国の発展では「アメリカは独立から約100年で、領土は3.4倍に、人口は約14.3倍に増えたんです。」としている。https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/sekaishi/archive/resume028.html
  41. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「アメリカ合衆国」の項に、「移民はアメリカ社会に同化することを目的とした。しかし同化の速度は集団によってまちまちであった。〈新移民〉は〈旧移民〉ほど速く同化できなかったし,有色人種は白人のように簡単には同化できなかった。」とある。
  42. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「アメリカ合衆国」の項の「経済・産業」の部分に「南北戦争後30年を経た94年には,その工業生産額が一躍,イギリス,ドイツ,フランスの生産額合計を上回る世界最大の工業国となり,さらに20年後には世界における工業生産能力の約3分の1を占めるまでになった。」「第1次世界大戦以後1920年代にかけて,アメリカ経済は未曾有の繁栄期を迎えた。」とある。
  43. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ジャズ・エージ」の項。
  44. ^ a b 平凡社『大百科事典』より「ミュージカル」の項。
  45. ^ a b c d e f g Microsoft『Encarta2005』より「ジャズ」の項目、および平凡社『世界大百科事典』より「ジャズ」の項目。
  46. ^ Microsoft『Encarta2005』より「レコード」の項。
  47. ^ Microsoft『Encarta2005』より「レコード」「PA」の項。
  48. ^ a b Microsoft『Encarta2005』より「レコード」「ラジオ」の項。
  49. ^ Microsoft『Encarta2005』より「映画」「映画音楽」の項。
  50. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ボードビル」の項。
  51. ^ Microsoft『Encarta2005』より「チャップリン」「バスター・キートン」「マルクス兄弟」の項。
  52. ^ a b c 平凡社『世界大百科事典』より「ジャズ」の項。
  53. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「ビッグ・バンド」の項。
  54. ^ a b Microsoft『Encarta2005』より「ジャズ」の項。
  55. ^ 1930年代にクロスビーが最も人気のある男性歌手だったことについては複数の辞典が一致している。
  56. ^ a b 平凡社『大百科事典』より「カントリー・ミュージック」の項、Microsoft『Encarta2005』より「カントリー・アンド・ウエスタン」の項、音楽之友社『音楽中辞典』より「カントリー・ミュージック」の項。
  57. ^ 風船爆弾による6人の死者が、アメリカ本土における敵攻撃による唯一の死者であり、唯一の民間人死者である。https://www.findagrave.com/memorial/11426932
  58. ^ Microsoft『Encarta2005』の「第2次世界大戦」の項に「アメリカの死者:軍人40万」とあり、市民の死者は皆無である。
  59. ^ http://www.bea.gov/national/nipaweb/SelectTable.asp?Selected
  60. ^ D'Ann Campbell, Women at War with America (1985)
  61. ^ Schneider, Carl G and Schneider, Dorothy; World War II; p. 57 ISBN 1438108907
  62. ^ a b 平凡社『音楽大事典』より「ポピュラー音楽」の項。
  63. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「アメリカ合衆国」の項に「冷戦下,巨額の軍需生産が続き,またオートメーション制の導入など技術革新により,アメリカ社会は〈豊かな社会〉として繁栄を謳歌し,人々は郊外のこぎれいな家に住むことを求め,中産階級意識をもつにいたった。…ただ,冷戦下,マス・コミの発達の下で,反共思想が広まり,50年代前半マッカーシイズムに代表されるように〈自由〉の象徴をふりかざすことによって,言論などの自由そのものを拘束するという動きもみられた。」とある。
  64. ^ ニューヨーク・フィルの公式ページによれば、演奏会は全く変わらず行われており、当時の指揮者ロジンスキーの解説には大戦の記載が全くない。https://nyphil.org/
  65. ^ ライフ・ウィズ・ファーザーhttps://www.ibdb.com/Production/View/1720などを始めとし、戦時中をまたいだロングラン公演がいくつも存在する。
  66. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「クロスビー」の項。
  67. ^ Microsoft『Encarta2005』より「フランク・シナトラ」の項。
  68. ^ 平凡社『世界大百科事典』およびMicrosoft『Encarta2005』より「アメリカ映画」の項。
  69. ^ http://the-musicbox.net/single1banuretano.html
  70. ^ John Mueller (1986). Astaire Dancing - The Musical Films. London: Hamish Hamilton. pp. 204, 425. ISBN 0-241-11749-6.
  71. ^ Whitburn, Joel (1973). Top Pop Records 1940-1955. Record Research.
  72. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ウェスト・コースト・ジャズ」の項。
  73. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「レイス・ミュージック」の項。
  74. ^ ソウル&ファンク大辞典の「ジェリー・ウェクスラー」の項。http://www.mossfad.jp/soul/P_JerryWexler.html
  75. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「イージー・リスニング」の項。
  76. ^ 米国ビルボード年間ランク:1957年(65位)”. 2020年8月11日閲覧。
  77. ^ 1960-年間洋楽ランキング - ウェイバックマシン(2018年5月31日アーカイブ分).2020年8月11日閲覧。
  78. ^ 米国ビルボード年間ランク:1959年(52位)”. 2020年8月11日閲覧。
  79. ^ Microsoft『Encarta2005』より「アメリカ映画」の項。
  80. ^ 平凡社『世界大百科事典』およびMicrosoft『Encarta2005』より「レコード」の項。
  81. ^ Microsoft『Encarta2005』より「テレビ」の項。
  82. ^ http://www.edsullivan.com/about-ed-sullivan
  83. ^ a b c d e 平凡社『世界大百科事典』より「ロック」の項。
  84. ^ a b Microsoft『Encarta2005』より「ポピュラー音楽」の項。
  85. ^ a b Microsoft『Encarta2005』より「ロック」の項。
  86. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「公民権運動」の項。
  87. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ハード・バップ」の項。
  88. ^ Microsoft『Encarta2005』より「リズム・アンド・ブルース」の項。
  89. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「ソウル・ミュージック」の項。
  90. ^ Microsoft『Encarta2005』より「カントリー・アンド・ウエスタン」の項。
  91. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「ポピュラー・ソング」の項。
  92. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ミュージカル映画」の項。
  93. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「学生運動」の項。
  94. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「若者文化」「対抗文化」の項。
  95. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「フォーク・ソング」「プロテストソング」、Microsoft『Encarta2005』より「フォーク(音楽)」の項。
  96. ^ a b 音楽之友社『音楽中辞典』より「ロック」の項。
  97. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」の項に「1960年代を通じてロックは、アメリカのポピュラー音楽のメーンストリームに食いこむ一方、さまざまな新しいスタイルに多様化していった。」とある。
  98. ^ Microsoft『Encarta2005』より「サイケデリック・ミュージック」の項。
  99. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ロック」の項で「強烈なビート,最大限に音量を増幅したエレクトリック・ギター,金切り声のボーカルを特徴とする,最もロックらしいロック」とされている。
  100. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ハード・ロック」の項
  101. ^ Microsoft『Encarta2005』より「グラム・ロック」の項。
  102. ^ Microsoft『Encarta2005』より「エルトン・ジョン」の項。
  103. ^ Microsoft『Encarta2005』より「日本の流行歌」の項、VIIIニューミュージックの誕生(1970年代)1シンガーソングライターの台頭で紹介されている歌手のうち、項目間のリンクが存在する人を主要な人と見なして順に入れた。
  104. ^ a b c Microsoft『Encarta2005』より「ユーロ・ポップ」の項。
  105. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「ポップ」の項。
  106. ^ History of Rock Music in Russiahttp://www.russia-ic.com/culture_art/music/380/、Beat and Rock Music in Hungaryhttp://www.ce-review.org/00/12/bladerunner12.html など
  107. ^ Microsoft『Encarta2005』より「映画音楽」の項。
  108. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「イージー・リスニング」の項。
  109. ^ https://megalodon.jp/2013-0205-1102-03/www.oricon.co.jp/news/music/38699/
  110. ^ 1968-年間洋楽ランキング - ウェイバックマシン(2018年4月2日アーカイブ分).2020年8月11日閲覧。
  111. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ファンク」の項。
  112. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ジャズ」の項、Microsoft『Encarta2005』より「ジャズ」「フュージョン」の項、音楽之友社『音楽中辞典』より「フュージョン」の項。
  113. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「レゲエ」の項。
  114. ^ Microsoft『Encarta2005』より「FM放送」の項。
  115. ^ 高木利弘『スマートTVと動画ビジネス 次世代メディアをデザインするのは誰か? 』2012年、インプレスジャパン、206頁
  116. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「FM放送」の項。
  117. ^ Microsoft『Encarta2005』より「テープレコーダー」の項。
  118. ^ 島村楽器「今さら聞けないエフェクターの基礎知識編」https://info.shimamura.co.jp/guitar/feature/basic-knowledge-of-effector-hizumi/
  119. ^ 平凡社『世界大百科事典』、Microsoft『Encarta2005』、音楽之友社『音楽中辞典』、それぞれより「シンセサイザー」の項。
  120. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「学生運動」の項。
  121. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「石油危機」の項。
  122. ^ Microsoft『Encarta2005』より「冷戦」の項。
  123. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ソビエト連邦」の項。
  124. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ペレストロイカ」の項。
  125. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ディスコ」の項。
  126. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」「ポピュラー音楽」の項。
  127. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」の項。
  128. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ハウス・ミュージック」の項。
  129. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」「ポピュラー音楽」の項。
  130. ^ Microsoft『Encarta2005』より「パンク」の項。「爆発的な人気を博した」との表現がある。
  131. ^ Microsoft『Encarta2005』より「パンク」の項。
  132. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」「ポピュラー音楽」の項。
  133. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」「ポピュラー音楽」「ラップ」の項。
  134. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ロック」「ポピュラー音楽」「ワールド・ミュージック」の項。
  135. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ユーロ・ポップ」の項。
  136. ^ Всеволод Гаккель . Аквариум как способ ухода за теннисным кортом. M.: Amphora, 2007. - S. 322. - 416 p. - ISBN 978-5-367-00331-4
  137. ^ Microsoft『Encarta2005』より「映画音楽」の項。
  138. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ミュージカル」の項。
  139. ^ http://www.clayderman.co.uk/biography/
  140. ^ 平凡社『世界大百科事典』より「ポピュラー音楽」の項。
  141. ^ 平凡社『世界大百科事典』、Microsoft『Encarta2005』より「ポピュラー音楽」の項。
  142. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ヒップホップ」の項に「ニューヨークの局地的な文化として誕生した」とある
  143. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ポピュラー音楽」の項に「多国籍企業が資本力にものをいわせてプロモートするアメリカのポピュラー音楽は、ときには地域の伝統的な音楽を衰弱させることもあるが、もともと「文化の異種交配」によって豊かな実りをむすんできた長い歴史をもっている。」「世界各地の個性的なポピュラー音楽は、ロック一辺倒だった1980年代半ばまでのポピュラー音楽の流れをかえ、現在では多彩で新鮮なトレンドをつくりだしている。」とある
  144. ^ Microsoft『Encarta2005』より「テープレコーダー」の項。
  145. ^ Microsoft『Encarta2005』より「CD」「レコード」の項。
  146. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「シンセサイザー」の項。
  147. ^ http://www.y-history.net/appendix/wh1601-057.html
  148. ^ https://kotobank.jp/word/Windows%2095-1039
  149. ^ http://parstoday.com/ja/radio/programs-i1801
  150. ^ https://www.kobe-yamate.ac.jp/library/journal/pdf/univ/kiyo15/15nagai.pdf
  151. ^ 日本のレコード産業2013”. 2020年8月11日閲覧。
  152. ^ http://www.riaj.or.jp/g/data/annual/ms_n.htmlを見ると、日本国内のデータだが確かに98年が最高になっている。
  153. ^ a b c http://the-musicbox.net/single1banuretano.html
  154. ^ http://the-musicbox.net/best_selling_digital_singles.html
  155. ^ a b http://the-musicbox.net/best_selling_artists_1.html
  156. ^ http://www.cbc.ca/news/arts/music/story/2010/01/24/scorpions-final-album.html
  157. ^ 日本国内の洋楽シングル・ランキング!”. 2018年7月7日閲覧。
  158. ^ http://today.msnbc.msn.com/id/23059743
  159. ^ http://jam.canoe.ca/Music/Artists/A/Adams_Bryan/2004/12/01/753551.html
  160. ^ インドとパキスタンにまたがるパンジャブ地方の舞踊。
  161. ^ http://www.reuters.com/article/2010/09/29/us-glee-britney-idUSTRE68S4OX20100929
  162. ^ 伊藤なつみ(アルバム『4』付録ライナーノーツ
  163. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』より「グランジ」「オルターナティブ」、Microsoft『Encarta2005』より「オルタナティブ」の項。
  164. ^ 日本のレコード産業2014”. 2020年8月11日閲覧。
  165. ^ a b c d e 音楽の「CD離れ」がさらに加速、世界最大の家電量販店でもCDの販売が終了へ”. 2020年8月11日閲覧。
  166. ^ 全世界の音楽産業が、5年連続プラス成長。200億ドルを久々突破、日本市場の成長は?(ジェイ・コウガミ)”. Yahoo!ニュース. 2022年2月26日閲覧。
  167. ^ 2020年に激変した音楽ビジネス、絶対知っておくべき12の事柄”. Rolling Stone. 2022年2月26日閲覧。
  168. ^ Microsoft『Encarta2005』より「ポピュラー音楽」の項。


「ポピュラー音楽」の続きの解説一覧

ポピュラーソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:19 UTC 版)

亜波根綾乃:「砂の海作詞・作曲 伊藤実華:「Just!」作曲 IN-HI:「闘え!マングース」「君の為にできること編曲 宇都宮隆:「one&one/line」作曲 大島麻衣:「どーにもこーにも」作詞・作曲・編曲 大竹佑季:「ラストワルツ作曲,「tell me how 〜終わりのない旅へ〜」作詞・作曲 Odyssey组合:「啊嘻獭之歌(明日之歌)」作詞・作曲・編曲,「飘飘布」共同作詞・作曲・編曲 奇星記之鮮衣怒馬少年時:「追星」「说好到明天作曲編曲 キャンパスナイターズ:「ばいなら またね」作曲編曲 工藤静香:「us」作曲 CLUB PRINCE:「パーティー野郎!!作曲 K:「Let Me Go Now作曲 cosmic!!:「Please Please作曲編曲 小林太郎「鼓動」共同作詞,「太陽共同作詞共同作曲 kotoko:「蒼-iconoclast編曲,「PIGEON -the green-ey'd monster-」作曲編曲 猿岩石 with バーサス:「君の青空作曲共同編曲 椎名へきる:「Eternal Circle「HOWLING」Trust作詞・作曲,「Endless Dreamer」「Smash Up!!」「Short Girl」「クリスタルエイジ」作詞・作曲・編曲,「恋のリズム作曲 島谷ひとみ:「J.U.M.P」作曲編曲,「YUME日和作曲,「恋水 -tears of love-」共同作詞・作曲共同編曲 柴田あゆみ:「ヒマワリ」「BE THERE作詞・作曲・編曲,「believe」「想い出行方作曲編曲 JUJU「そばにいて」作曲 SHIN:「Tragedy作曲編曲,「Mirage共同作詞・作曲,「AZALEA」「センターオブトーキョー」共同作曲 鈴木雅之:「Mirage眩暈~」作曲 住吉珠貴:「Everyday Parade作曲編曲 タイナカサチ:「My Darling作曲,「disillusion-2010-」編曲 玉木宏:「パレット作詞・作曲・編曲 千秋 with KABA.ちゃん:「最近ハヤリメイク歌」「つらいね赤ちゃん!」作曲編曲 *ChocoLate Bomb!!:「君というキセキ作曲編曲 土屋アンナ「rose」「MY FATE」「knock down」「sweet sweet song」「Guys作曲編曲,「scream作詞共同作曲編曲,「cocoon共同作詞,「Shout in the rain作詞 Daisy×Daisy「i」作曲編曲,「BELIEVE共同作曲編曲 T-ARA:「バニスタ!編曲 DOGGY BAG:「キミじゃなきゃ」作曲 TWO-MIX:「BEFORE THE IGNITION」「DO THAT DANCE」「AT THE END OF JOURNEY共同編曲 トラフィックライト。「パーフェクトワールド」作曲編曲 中島美嘉:「FAKE共同作詞・作曲・編曲,「IT'S TOO LATE」「SPIRAL共同作詞,「CANDY GIRL作詞 根食真実:「証-akashi-」作詞・作曲・編曲 橋本さとし:「BARRICADE作曲 深田恭子:「黒い雨」「左手作曲 fumika:「愛されたくて作詞・作曲・編曲 PLIME:「フットサルサ」作曲 本多知恵子:「ひとり?」作詞 BOYSTYLE:「最低ブギ作曲 宮本佳林:「少女K」作曲編曲 三重野瞳:「12月アップルパイ作曲 Miz:「Give It All Away作曲 Mink:「アマチュアイズム」「ヒロイン作詞・作曲・編曲 MeseMoa.:「曖昧ジゴロ」「絶好調days」「エニグマ」「tap-tap!」作詞・作曲,「ヒトリヨガリヨ」作曲 和田アキ子:「すばらしき人よ」編曲 など

※この「ポピュラーソング」の解説は、「宮崎歩」の解説の一部です。» 「宮崎歩」の概要を見る


ポピュラーソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:52 UTC 版)

花火 (aikoの曲) - aiko楽曲花火 - 嵐の楽曲シングルYour Eyes」に収録花火 (奥華子の曲) - 奥華子楽曲花火 (capsuleの曲) - capsule楽曲、アルバムハイカラ・ガール』に収録花火 - 黒薔薇保存会楽曲花火 - 研ナオコ楽曲花火 - 三代目J Soul Brothers楽曲シングル0〜ZERO〜」に収録花火 - 下総皖一楽曲花火 - すいかずら楽曲。 -花火- - TUBE楽曲花火 - AAA楽曲シングル夏もの」に収録花火 - 浜田省吾楽曲アルバムMy First Love」に収録花火 - 藤田麻衣子楽曲両A面シングル泣いても 泣いても/花火」に収録花火 (山崎まさよしの曲) - 山崎まさよし楽曲花火 - LINDBERG楽曲アルバムLINDBERG VIII』に収録花火 - レミオロメン楽曲アルバム風のクロマ』に収録花火 - WANIMA楽曲アルバムEverybody!!』に収録HANABI (浜崎あゆみの曲) - 浜崎あゆみの曲。 HANABI 〜episode II〜 - 浜崎あゆみ楽曲アルバムMemorial address』に収録HANABI - MEG楽曲アルバムMAVERICK』に収録HANABI (いきものがかりの曲) - いきものがかり楽曲HANABI (Mr.Childrenの曲) - Mr.Children楽曲HANABI (愛内里菜の曲) - 愛内里菜楽曲HANABI (原由実の曲) - 原由実楽曲HANABI!! - LinQ楽曲HANABI - ClariS楽曲アルバムSECOND STORY』に収録Hanabi - ももいろクローバーZ楽曲シングルザ・ゴールデン・ヒストリー」に収録

※この「ポピュラーソング」の解説は、「花火 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。» 「花火 (曖昧さ回避)」の概要を見る


ポピュラーソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:19 UTC 版)

亜波根綾乃:「砂の海作詞・作曲 伊藤実華:「Just!」作曲 IN-HI:「闘え!マングース」「君の為にできること編曲 宇都宮隆:「one&one/line」作曲 大島麻衣:「どーにもこーにも」作詞・作曲・編曲 大竹佑季:「ラストワルツ作曲,「tell me how 〜終わりのない旅へ〜」作詞・作曲 Odyssey组合:「啊嘻獭之歌(明日之歌)」作詞・作曲・編曲,「飘飘布」共同作詞・作曲・編曲 奇星記之鮮衣怒馬少年時:「追星」「说好到明天作曲編曲 キャンパスナイターズ:「ばいなら またね」作曲編曲 工藤静香:「us」作曲 CLUB PRINCE:「パーティー野郎!!作曲 K:「Let Me Go Now作曲 cosmic!!:「Please Please作曲編曲 小林太郎「鼓動」共同作詞,「太陽共同作詞共同作曲 kotoko:「蒼-iconoclast編曲,「PIGEON -the green-ey'd monster-」作曲編曲 猿岩石 with バーサス:「君の青空作曲共同編曲 椎名へきる:「Eternal Circle「HOWLING」Trust作詞・作曲,「Endless Dreamer」「Smash Up!!」「Short Girl」「クリスタルエイジ」作詞・作曲・編曲,「恋のリズム作曲 島谷ひとみ:「J.U.M.P」作曲編曲,「YUME日和作曲,「恋水 -tears of love-」共同作詞・作曲共同編曲 柴田あゆみ:「ヒマワリ」「BE THERE作詞・作曲・編曲,「believe」「想い出行方作曲編曲 JUJU「そばにいて」作曲 SHIN:「Tragedy作曲編曲,「Mirage共同作詞・作曲,「AZALEA」「センターオブトーキョー」共同作曲 鈴木雅之:「Mirage眩暈~」作曲 住吉珠貴:「Everyday Parade作曲編曲 タイナカサチ:「My Darling作曲,「disillusion-2010-」編曲 玉木宏:「パレット作詞・作曲・編曲 千秋 with KABA.ちゃん:「最近ハヤリメイク歌」「つらいね赤ちゃん!」作曲編曲 *ChocoLate Bomb!!:「君というキセキ作曲編曲 土屋アンナ「rose」「MY FATE」「knock down」「sweet sweet song」「Guys作曲編曲,「scream作詞共同作曲編曲,「cocoon共同作詞,「Shout in the rain作詞 Daisy×Daisy「i」作曲編曲,「BELIEVE共同作曲編曲 T-ARA:「バニスタ!編曲 DOGGY BAG:「キミじゃなきゃ」作曲 TWO-MIX:「BEFORE THE IGNITION」「DO THAT DANCE」「AT THE END OF JOURNEY共同編曲 トラフィックライト。「パーフェクトワールド」作曲編曲 中島美嘉:「FAKE共同作詞・作曲・編曲,「IT'S TOO LATE」「SPIRAL共同作詞,「CANDY GIRL作詞 根食真実:「証-akashi-」作詞・作曲・編曲 橋本さとし:「BARRICADE作曲 深田恭子:「黒い雨」「左手作曲 fumika:「愛されたくて作詞・作曲・編曲 PLIME:「フットサルサ」作曲 本多知恵子:「ひとり?」作詞 BOYSTYLE:「最低ブギ作曲 宮本佳林:「少女K」作曲編曲 三重野瞳:「12月アップルパイ作曲 Miz:「Give It All Away作曲 Mink:「アマチュアイズム」「ヒロイン作詞・作曲・編曲 MeseMoa.:「曖昧ジゴロ」「絶好調days」「エニグマ」「tap-tap!」作詞・作曲,「ヒトリヨガリヨ」作曲 和田アキ子:「すばらしき人よ」編曲 など

※この「ポピュラーソング」の解説は、「宮崎歩」の解説の一部です。» 「宮崎歩」の概要を見る


ポピュラーソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 02:45 UTC 版)

火花 - FLOWアルバムTRIBALYTHM』の収録曲火花 - LACCO TOWERアルバム『遙』の収録曲火花 - 雨宮天アルバムPaint it, BLUE』の収録曲火花 - レルエアルバムALICE』の収録曲火花 - HemenwayアルバムThe Music』の収録曲火花 - HIGH and MIGHTY COLORアルバム『参』の収録曲火花 - リアクション ザ ブッタアルバムSingle Focus』の収録曲火花 - Rioアルバムガラクタ』の収録曲火花 - サキノハカアルバム紫陽花』の収録曲火花 - ザ・ラヂオカセッツアルバムさよなら街の灯り』の収録曲火花 - M.B.K.のアルバムTOKYO DAYS』の収録曲火花 - UryoDissonanceのアルバム黎明DUKE』の収録曲火花 - MEのアルバム『全第一、健康第一。』の収録曲火花 - C did it.の楽曲火花 - 今夜ゆうすけ楽曲火花 - チャン・ヘジン楽曲火花 - 上記リメイクしたチョア楽曲。 ひばな - YozhikのアルバムMagnet Walk with Me』の収録曲ヒバナ (DECO*27の曲) - DECO*27ボーカロイド曲ヒバナ - 浜崎貴司高木完による楽曲ヒバナ - UMM.comのアルバム『Over ≦ Start』の収録曲。 Hibana - THE SIXTH LIE楽曲。 HIBANA - 京都男子楽曲。 HIBANA - 遠藤周平アルバム爆音警報 僕たちゲリラファミリー!!』の収録曲火華~HIBANA~ - THE CHERRY COKE$アルバム『OLDFOX』の収録曲

※この「ポピュラーソング」の解説は、「火花 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。» 「火花 (曖昧さ回避)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ポピュラーソング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ポピュラーソングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ポピュラーソングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポピュラーソングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポピュラー音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宮崎歩 (改訂履歴)、花火 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、宮崎歩 (改訂履歴)、火花 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS