黎明とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > > 黎明の意味・解説 

黎明


黎明

作者ディーンR.クーンツ

収載図書ハードシェル
出版社早川書房
刊行年月1990.3
シリーズ名ハヤカワ文庫NV

収載図書嵐の夜―ストレンジ・ハイウェイズ 3
出版社扶桑社
刊行年月2001.5
シリーズ名扶桑社ミステリー


黎明

作者石薫

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集19391945 創作篇 3
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


黎明

作者島木健作

収載図書島木健作全集 第1巻 新装版
出版社国書刊行会
刊行年月2003.12


黎明

読み方:レイメイreimei

作者 秋田雨雀

初出 明治37年

ジャンル 詩集


黎明

読み方:レイメイreimei

作者 麻生久

初出 大正13年

ジャンル 小説


黎明

読み方:レイメイreimei

作者 佐佐木信綱

初出 昭和20年

ジャンル 歌集


黎明

読み方:レイメイreimei

作者 佐藤緑葉

初出 大正10年

ジャンル 小説


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/19 00:25 UTC 版)

黎明(れいめい)




「黎明」の続きの解説一覧

黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 23:34 UTC 版)

カリフォルニア大学バークレー校」の記事における「黎明」解説

ベンジャミン・ウィーラー (Benjamin Ide Wheeler) 学長就任期間:1899-1919)のもとで、著名な学者招致研究援助費、奨学金獲得成功しカリフォルニア大学大きな成長遂げる。 その後、第11代ロバート・スプロール (Robert Gordon Sproul) 学長就任期間:1930-1958)時代に、他の一流大学参考とした学内改革積極的な著名研究者招致行った結果世界的な評価を得るまでに成長する第二次世界大戦時世界恐慌際に資金難陥る独自の人脈資金調達行い可能な限り機関運営継続させた。 1934年には米国教育協議会による高等教育機関ランキングにおいて10位だったが、1942年にはハーバード大学次ぎ全米第2位躍進する

※この「黎明」の解説は、「カリフォルニア大学バークレー校」の解説の一部です。
「黎明」を含む「カリフォルニア大学バークレー校」の記事については、「カリフォルニア大学バークレー校」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:43 UTC 版)

山口組」の記事における「黎明」解説

山口春吉沖仲仕集めて神戸市内を本拠結成した。のちに“神戸ヤクザ頂点と言われるに至る「運河親分」こと大嶋秀吉率いた大嶋組」の傘下にあっての結成で、およそ50名の労務者抱える「山口組」として発足民家に“山口組”の看板を掲げ事務所兵庫区西出町内に置いた1915年大正4年)のことであった。 しばらくは大嶋組の傘下にあって活動したものの、いつしかその勢力本家大嶋組を凌ぐものとなり、1925年大正14年)における山口登二代目襲名経て神戸中央卸売市場開設に伴う利権巡り大嶋組と対立死者を伴う激し抗争末に卸売市場運搬作業独占権を得るに至り1932年昭和7年をもって大嶋組から独立した

※この「黎明」の解説は、「山口組」の解説の一部です。
「黎明」を含む「山口組」の記事については、「山口組」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 05:00 UTC 版)

焼酎バー」の記事における「黎明」解説

焼酎バー2000年6月東京都港区西麻布にシェーカーコーポレーションが開店したEN-ICHIがその走りとされているEN-ICHI本格焼酎中心としたダイニングバーで、全国各地から本格焼酎集め本格焼酎和食楽しむ店として開店した本格焼酎話題となる前で、九州および鹿児島郷土料理店以外で本格焼酎専門店がなかった時代ということもあり、グルメ雑誌話題となった。しかし、食事メインの店であったため、カウンタよりもテーブル席多く、またフードメニューが充実していることから居酒屋として扱っている書籍存在しているものの多くの書籍焼酎バー元祖として登場していた。このほかにもEN-ICHIのような食事の提供も行う座○楽やゆらり草庵眞平などの焼酎ダイニングバーが東京都内開店した

※この「黎明」の解説は、「焼酎バー」の解説の一部です。
「黎明」を含む「焼酎バー」の記事については、「焼酎バー」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 08:00 UTC 版)

メンフィス・モンロー」の記事における「黎明」解説

ルイジアナ州ニューオーリンズに生を享け15歳の時にケンタッキー州ルイビルへと引っ越し、それからそこで育った16歳の頃からウェイトレスとして働き始めた地元フーターズにあっては店舗用のカレンダーモデル務め、そこでパンスト強調するなどしていた。

※この「黎明」の解説は、「メンフィス・モンロー」の解説の一部です。
「黎明」を含む「メンフィス・モンロー」の記事については、「メンフィス・モンロー」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:59 UTC 版)

ニック・モンド」の記事における「黎明」解説

ミネソタ州ミネアポリスに生を享け10代半ばの頃にいわゆるバックヤードレスリングに身を投じた1998年高校を卒業すると、レスリングスクールに通うにあたって資金作りのために、それからしばらくの間コンクリートを扱う会社勤めて過ごしやがてはアル・スノーのもとを訪ねてオハイオ州クリーブランドへ。1999年幕開け間もない頃のことであったスノー率いるボディースラマーズ・ジムというレスリングスクール入門し、それからおおよそ2ヶ月間訓練期間経たうえで、1999年3月プロレスラーとしてデビュー果たす。 その才能本格的に開花したのは2000年コンバット・ゾーン・レスリング(CZW)のマット参戦し始めたのちの、ジョン・ザンディグによる指導経てからのことであった

※この「黎明」の解説は、「ニック・モンド」の解説の一部です。
「黎明」を含む「ニック・モンド」の記事については、「ニック・モンド」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 20:15 UTC 版)

ツェリェ伯」の記事における「黎明」解説

1278年マルヒフェルトの戦いで、ハプスブルク家出身神聖ローマ皇帝ルドルフ1世支持者としてレオポルド・フォン・ザンネクが登場した時代下って14世紀初頭レオポルドボヘミア王国周辺でのオーストリアルドルフ3世ハプスブルク家)とケルンテン公ハインリヒ6世対立際にハプスブルク家同盟を結び、1308年にはハプスブルク家家臣となったレオポルド兄弟フリデリクは、婚姻によって1322年にホインブルク伯家所領であったツェリェ市の半分と下シュタイアーマルク相続し1333年にはツェリェ全域獲得したが 、プファンベルク伯ウルリヒ5世他のいくつかの近隣貴族はこれを認めなかった。フリデリク最終的にオーストリア公でシュタイアーマルク公オットーによる支援を受けて正式にツェリェ勝ち取った。そしてツェリェに移ると、ツェリェ城(特に「上ツェリェ城」。スロベニア語: Gornje Celje)と呼ばれる城に居を構えた1341年4月16日オットーによる承認を受けて神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世によってフリデリクツェリェ城由来するCylieまたはCilliの称号を受けツェリェ伯となり、グルク司教区レンベルク領と呼ばれていた領域ツェリェ伯となったその後ツェリェ伯家は、婚姻を通して短期間で現代スロベニア全体に20以上の城を所有するまでになったシュタイアーマルク公国ケルンテン公国カルニオラ辺境伯領およびハンガリー王国領(クロアチアスラヴォニアを含む)に隣接する大規模な領土獲得したことでツェリェ伯家の影響力高まりこの地域で最も強力な貴族1つとなった傭兵率いていたツェリェ伯ウルリク1世は、ハンガリー王ラヨシュ1世による1354年ダルマチア遠征と、翌年神聖ローマ皇帝カール4世戴冠式参加したウルリヒ1世息子ヴィルヘルムポーランド王カジミェシュ3世の娘アンナ結婚しこの頃ツェリェ伯家はボスニア王家、ポーランド王家、ハンガリー王家と姻戚関係にあったまた、後にバルバラ・ツェリスカを通じてツェリェ伯家はボヘミア王家とも姻戚関係にあった

※この「黎明」の解説は、「ツェリェ伯」の解説の一部です。
「黎明」を含む「ツェリェ伯」の記事については、「ツェリェ伯」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:23 UTC 版)

神獄塔 メアリスケルター」の記事における「黎明」解説

自衛隊有志によって結成されジェイル調査隊前身とした人類の抵抗組織

※この「黎明」の解説は、「神獄塔 メアリスケルター」の解説の一部です。
「黎明」を含む「神獄塔 メアリスケルター」の記事については、「神獄塔 メアリスケルター」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:50 UTC 版)

歯学史」の記事における「黎明」解説

701年大宝律令耳目歯科置かれた平安時代末期1160年頃)に、耳目科と口歯科徐々に別れた安土桃山時代1580年頃)に、口歯科専門医口中医と呼ばれた1874年明治7年8月医制公布され医療制度西洋式整えられ歯科置かれるようになった米国人歯科医師セント・ジョージ・エリオットから歯科学学んだ小幡英之助が日最初の歯科医師となった江戸時代にはすでに木製全部床義歯作られていたが、歯学という学問教育)の体系形づくられたのは明治時代入ってからである。それらは専ら私学主導的役割為していた。1884年医術開業試験規則施行され外見上近代化され医術評価試験行っているように装われていたが、当時学問の殆どがそうであったように歯学教育に関する教育機関存在せず徒弟制度によって修学行っていた。

※この「黎明」の解説は、「歯学史」の解説の一部です。
「黎明」を含む「歯学史」の記事については、「歯学史」の概要を参照ください。


黎明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 06:13 UTC 版)

コンピュータゲームの歴史」の記事における「黎明」解説

1912年 スペイン技術者レオナルド・トーレス・ケベードが、歴史上最初のコンピュータゲームのひとつ呼ばれるチェス機械エル・アヘドレシスタ作成した。この機械チェス終盤のみを扱い白のキングルーク人間側の黒のキング詰まようとするもので、内部電気機械的な装置により盤面状況を判断駒の動き決めることができ、人間側キング最初の位置がどこであってもチェックメイトすることができた。 1946年 アメリカ発明家ラルフ・ベアが、この年にはオシロスコープ使い、ピンポンゲームの様なもので遊んでいたと語っている。 1947年 en:Thomas T. Goldsmith Jr.およびen:Estle Ray Mannによって、陰極線管娯楽装置アナログ回路用いて作成される。その名の通り陰極線管映像出力しインタラクティブ楽しめるコンピュータゲームとして世界初のものであり、翌1948年特許取得したが、この装置市販されることはなかった。 1950年代前半 Whirlwindで、「バウンシング・ボール(Bouncing Ball)」というゲーム動いていたとされ、何らかの形でコンピュータによるゲーム作られた最古の記録と言われる。ただし、ゲームではなくボールバウンドする様子再現した一種のデモプログラムだったとする説もある。 日本駐留するアメリカ軍娯楽需要目当てとして、日本アミューズメント機器輸入販売リースする会社設立されるこれらの会社にはセガ母体となった1951年設立のローゼン・エンタープライゼスやレメーヤー&スチュワート1953年設立の太貿易1955年設立中村製作所があり、のちに業務用コンピュータゲーム参入することになる。 1950年 カナダ開催されen:Canadian National Exhibitionにおいて、en:Josef Katesが『en:Bertie the Brain』というコンピュータゲーム展示した三目並べで、人間HUMAN BRAIN)が人工知能ELECTRONIC BRAIN)と対戦するものであり、また難易度調節機能搭載し好評博した1952年 ケンブリッジ大学EDSACで、同大学の大学院生であったアレキサンダー・ダグラス(英語版)は、ディスプレイ画面を介してコンピュータ対戦する三目並べの 『OXO』 というプログラム作成した(「Graphic Tic Tac Toe」とも呼ばれた)。EDSACシミュレータにより、現代でも動作可能であるゲーム画面記録残っている初のビデオゲームとされる1958年 アメリカ原爆開発協力機関一つブルックヘブン国立研究所ウィリアム・ヒギンボーサムアナログコンピュータオシロスコープ用いたTennis for Two」を製作。一般人プレイしたことがほぼ確実世界初コンピュータゲーム1962年 マサチューセッツ工科大学学生であったスティーブ・ラッセルが「PDP-1」で『スペースウォー!』を発表専用のコントロールボックスを備えた最初のコンピュータゲームとなった。このプログラムアメリカ中のPDP-1」に広がり多数派生版生み出した1963年 日本初ゲーム展示会アミューズメントマシンショー」を開催1966年 ラルフ・ベアそれまで特殊なディスプレイ装置にしか表示出来なかったゲーム映像を、家庭用テレビ受像機表示するアイデア思いつく彼は所属していたサンダース・アソシエイツ社に試作品作り始め数種類試作機完成させる数年後同社から世界初家庭用ゲーム機に関する特許申請が行われた。 1969年 ベア一般的なテレビ受像機接続して数種類ゲーム遊べる「ブラウンボックス」を完成させる製品化には至らなかった

※この「黎明」の解説は、「コンピュータゲームの歴史」の解説の一部です。
「黎明」を含む「コンピュータゲームの歴史」の記事については、「コンピュータゲームの歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「黎明」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

黎明

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 02:22 UTC 版)

名詞

 れいめい

  1. 夜明け
  2. 新しい時代文化始まろうとする時。

発音(?)

れ↗ーめー

関連語

複合語

「黎明」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



黎明と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黎明」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黎明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黎明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカリフォルニア大学バークレー校 (改訂履歴)、山口組 (改訂履歴)、焼酎バー (改訂履歴)、メンフィス・モンロー (改訂履歴)、ニック・モンド (改訂履歴)、ツェリェ伯 (改訂履歴)、神獄塔 メアリスケルター (改訂履歴)、歯学史 (改訂履歴)、コンピュータゲームの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの黎明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS