電球形蛍光灯とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 照明 > 蛍光灯 > 電球形蛍光灯の意味・解説 

でんきゅうがた‐けいこうとう〔デンキウがたケイクワウトウ〕【電球型蛍光灯】


電球形蛍光灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 08:05 UTC 版)

電球形蛍光灯(でんきゅうがたけいこうとう、同音異字電球型蛍光灯)とは白熱電球ソケットに装着して使用できる蛍光灯である。




「電球形蛍光灯」の続きの解説一覧

電球形蛍光灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:52 UTC 版)

パルック」の記事における「電球形蛍光灯」の解説

パルックボール電球色・クール色) 低消費電力と約10,000時間定格寿命特徴とする電球型蛍光灯蛍光管露出型D60形D100形と、ボール電球型のG60形の3種類がある。また、D形には2本入(D100型及びD60形電球色は2本入のみの設定)も用意されているほか、D60形のみ、E26口金に加えてE17口金用意される。 元々は初代製品として発売していたが、2010年から「パルックボールシリーズにおけるエントリーモデルとして名称を復活。「LED電球プレミア2015年10月発売)」をはじめとするLED電球への移行に伴い2015年6月をもって「パルックボールプレミア」・「パルックボールスパイラル」及び「パルックボールA型生産終了となり、エントリーモデルパルックボール蛍光管露出型ボール型)」のみの展開となったこのため寸法外径長さ)が従来型パルックボールプレミアより大きく・かつ断熱材施工器具には非対応のため、白熱電球&電球型蛍光灯ダウンライト器具には取り付け不可100型電球相当「EFD25」は加えて密閉型器具にも取り付け不可ダウンライトには「LED電球プレミアT型」を、断熱材施工器具密閉型器具には「パルックLED電球プレミアX」をそれぞれ代替ランプとして紹介)。

※この「電球形蛍光灯」の解説は、「パルック」の解説の一部です。
「電球形蛍光灯」を含む「パルック」の記事については、「パルック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電球形蛍光灯」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電球形蛍光灯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電球形蛍光灯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電球形蛍光灯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電球形蛍光灯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電球形蛍光灯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパルック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS