CFLとは? わかりやすく解説

CFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/26 06:16 UTC 版)

CFL



CFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 06:14 UTC 版)

ダン・マタ」の記事における「CFL」の解説

2013年5月NFLシンシナティ・ベンガルズよりミニキャンプによるトライアウト招待される落第。しかし、このトライアウト参加した事によりCFLのモントリオール・アルエッツ興味示し勧誘を受けて2014年1月契約交わし入団。だが、シーズン中プレーしていく事を思い留まり契約棄却してアルエッツから退団した

※この「CFL」の解説は、「ダン・マタ」の解説の一部です。
「CFL」を含む「ダン・マタ」の記事については、「ダン・マタ」の概要を参照ください。


CFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 00:16 UTC 版)

ボビー・ワルデン」の記事における「CFL」の解説

1961年AFLヒューストン・オイラーズからドラフト4巡で指名されたがCFLのエドモントン・エスキモーズ入団1961年1962年パントランレシーブでチームトップの成績をあげた。1963年シーズン途中にエスキモーズからハミルトン・タイガーキャッツ移籍した

※この「CFL」の解説は、「ボビー・ワルデン」の解説の一部です。
「CFL」を含む「ボビー・ワルデン」の記事については、「ボビー・ワルデン」の概要を参照ください。


CFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 03:58 UTC 版)

トッド・マリノビッチ」の記事における「CFL」の解説

1994年5月28日、CFLのウィニペグ・ブルーボマーズへと入団した。しかしトレーニング中にひざを故障してしまう。その療養中高校の同級生ヘロインを持ってきた。その後すぐに薬物不法所持逮捕され、3か月刑務所過ごす。 1999年4月にはサンディエゴ・チャージャーズシカゴ・ベアーズ獲得する意思示していたが椎間板ヘルニアより身検査パスできず、NFLには戻ることかなわなかったそのためブリティッシュ・コロンビア・ライオンズ控えQBとして入団することになる。この頃からコカインヘロイン摂取量多くなってしまい、オフの日はほとんどを薬物摂取費やしていた。また試合ハーフタイムにはパイプクラック・コカイン摂取するまでになってしまい、粗悪なガラスパイプを使用して摂取していたため手を切るなどしてしまっていたが、ばれないようにと自分で絆創膏貼っていた。その後チームからは残るように言われていたが自らチームを去る。

※この「CFL」の解説は、「トッド・マリノビッチ」の解説の一部です。
「CFL」を含む「トッド・マリノビッチ」の記事については、「トッド・マリノビッチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CFL」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CFLのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CFLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCFL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダン・マタ (改訂履歴)、ボビー・ワルデン (改訂履歴)、トッド・マリノビッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS