キング・コブラとは? わかりやすく解説

キング‐コブラ【king cobra】

読み方:きんぐこぶら

コブラ科爬虫(はちゅう)類。毒蛇最大種で、全長5メートルを超すものもあり、毒性も強い。体は茶褐色で、頸部(けいぶ)のふくらみ他のコブラより幅広くないインド・東南アジアなどに分布


キング・コブラ

作者香山滋

収載図書香山滋全集 7 怪獣ゴジラ
出版社三一書房
刊行年月1994.3


キングコブラ

キングコブラ
キングコブラ
キングコブラ
キングコブラ
名称
キングコブラ
飼育園館
上野動物園
生息地
東南アジアインド熱帯雨林水田などの水辺あらわれこともあります。
体の大きさ
世界最大毒ヘビで、全長4mくらい、最大で5.5mになります
えさ
主にトカゲヘビ食べます動物園では、日本のアオダイショウあたえてます。冬季は、夏に冷凍保存しておいたものをあたえる工夫しています
特徴
怒って立ち上がり首を広げる姿が有名で、これは「フード」とよばれます。ふだんの首を閉じたうすから毒ヘビ見えません。メス枯れ葉小枝で巣を作りその中産卵し、卵を守ること知られています。毒は主に神経毒で、体が大きいぶん毒の量も多く、噛(か)まれると非常に危険です
 
“キングコブラ”に関連するニュース・催し物はこちら(1件)

キング・コブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/03 02:09 UTC 版)

キング・コブラ (King Kobra)は1984年に結成されたグラム・メタルバンド。ドラマー、カーマイン・アピスオジー・オズボーンのバンドから離れ、結成した。1stアルバムと2ndアルバムの間、バンドは比較的無名のミュージシャンによって構成されていた。このキャピトル・レコードから出した2枚のアルバムの後、カーマイン・アピスは解散を決断し、ジョン・サイクス率いる、ブルー・マーダーに参加した。




「キング・コブラ」の続きの解説一覧

キングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 08:43 UTC 版)

キングコブラ学名Ophiophagus hannah)は、コブラ科に分類されるヘビ。本種のみでキングコブラ属を形成する。




「キングコブラ」の続きの解説一覧

キングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 08:32 UTC 版)

THE超人様」の記事における「キングコブラ」の解説

体がロウでできているロウソク超人一家そろってファミレス来店したところ、空調不具合により店内気温上昇したため体が溶け始める。それを見かねたサンシャインムスコ2人カナディアンマンスペシャルマンジャイアントスイングをかけ、その風圧店内涼しくなったことで事なきを得る

※この「キングコブラ」の解説は、「THE超人様」の解説の一部です。
「キングコブラ」を含む「THE超人様」の記事については、「THE超人様」の概要を参照ください。


キングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 16:03 UTC 版)

銀河任侠伝」の記事における「キングコブラ」の解説

クリス誘拐したコブラ軍団総帥ステージ7ボスだが、浮遊する足場に乗って各ステージボス戦にもクリスと共に登場しやっちゃんボスを倒すと逃げ去っていく。

※この「キングコブラ」の解説は、「銀河任侠伝」の解説の一部です。
「キングコブラ」を含む「銀河任侠伝」の記事については、「銀河任侠伝」の概要を参照ください。


キングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 16:03 UTC 版)

銀河任侠伝」の記事における「キングコブラ」の解説

ステージ7ボスアクションパートで倒すと変身しシューティングパートへと移行する

※この「キングコブラ」の解説は、「銀河任侠伝」の解説の一部です。
「キングコブラ」を含む「銀河任侠伝」の記事については、「銀河任侠伝」の概要を参照ください。


キングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 03:52 UTC 版)

ドラゴン (ドラゴンクエスト)」の記事における「キングコブラ」の解説

キバによる攻撃得意なコブラの姿をした魔物毒蛇属。

※この「キングコブラ」の解説は、「ドラゴン (ドラゴンクエスト)」の解説の一部です。
「キングコブラ」を含む「ドラゴン (ドラゴンクエスト)」の記事については、「ドラゴン (ドラゴンクエスト)」の概要を参照ください。


キングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 08:09 UTC 版)

グッピー」の記事における「キングコブラ」の解説

原型アメリカで作出された。基調色は黄色で体にコブラのような模様が入る。

※この「キングコブラ」の解説は、「グッピー」の解説の一部です。
「キングコブラ」を含む「グッピー」の記事については、「グッピー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キング・コブラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キングコブラ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 13:03 UTC 版)

語源

英語 king cobra (キングコブラ) からの借用語

名詞

  1. 有鱗目コブラ科キングコブラ属属すコブラ一種学名:Ophiophagus hannah

翻訳


「キングコブラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キング・コブラと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

キング・コブラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キング・コブラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2022 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2022 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキング・コブラ (改訂履歴)、キングコブラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTHE超人様 (改訂履歴)、銀河任侠伝 (改訂履歴)、ドラゴン (ドラゴンクエスト) (改訂履歴)、グッピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキングコブラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS