カマドウマとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カマドウマの意味・解説 

かまど‐うま【×竈馬】

読み方:かまどうま

直翅(ちょくし)目カマドウマ科昆虫体長2〜2.5センチで、褐色。背は丸く盛り上がり触角細く長く、翅(はね)はない。後脚長大で、よく跳躍する台所縁の下などにすみ、夜行性。いとど。いいぎりえびこおろぎおかまこおろぎ。《 秋》


カマドウマ

徘徊する不快な(5) カマドウマ
この群に属す害虫
  • カマドウマ類 Stenopelmatidae
防除
 庭や床下にカマドウマが好む暗くじめじめした環境作らないようにする。家屋周辺落葉などが溜まっていたら清掃しの潜み場所を無くする排水溝なども清掃して水はけ良くする
カマドウマを庭でよく見かける場合には、家の外周に不快害虫用の粒剤帯状散布する侵入を防ぐことができる。また床下空間アリ用のエアゾール噴霧すると、殺虫または忌避させることができる。
 屋内に侵入したものは素手で触らず不快害虫用のエアゾール噴霧し、ほうきで掃き出す
 なおゴキブリ用の粘着トラップ設置しておくと比較的よく捕獲される


竈馬

読み方:カマドウマ(kamadouma)

カマドウマ科昆虫総称


カマドウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 09:15 UTC 版)

カマドウマDiestrammena apicalis、竈馬)はバッタ目・カマドウマ科に分類される昆虫の一種。


  1. ^ 大槻文彦 (1935). "おかまこおろぎ". 大言海 (88 ed.). 東京: 冨山房. p. 477. 不明な引数|month=は無視されます。 (説明); 不明な引数|coauthors=が空白で指定されています。 (説明); |access-date=を指定する場合、|url=も指定してください。 (説明)
  2. ^ 野沢登 (1983) in 石原保・監修『学研生物図鑑 昆虫III バッタ・ハチ・セミ・トンボほか』学研。ISBN 4-05-100392-2
  3. ^ 山野 勝次「<昆虫学講座(後編)>文化財の材質からみた主要害虫」『文化財の虫菌害67号(2014年6月)』、 18-25頁。
  4. ^ Sugimoto, M and Ichikawa, A., (2003). Review of Rhaphidophoridae (excluding Protrogrophilinae) (Orthoptera) of Japan. Tettigonia (5): 1-48.
  5. ^ 日本直翅類学会・編 (2006) 『バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑』 北海道大学出版会。ISBN 4-8329-8161-7


「カマドウマ」の続きの解説一覧

カマドウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 20:41 UTC 版)

ゴキちゃん」の記事における「カマドウマ」の解説

ゴキちゃん害虫仲間ゴキちゃんと共に家に住み付くようになる

※この「カマドウマ」の解説は、「ゴキちゃん」の解説の一部です。
「カマドウマ」を含む「ゴキちゃん」の記事については、「ゴキちゃん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カマドウマ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カマドウマ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カマドウマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カマドウマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2022 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカマドウマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴキちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS